なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あかいら!

男性 - 東京都

東京都城南エリアのレポート! ラーメンデータベースを中心に、オールラウンドで活動中。最近は、「うどんデータベース」「そばデータベース」にもボチボチレポートを上げております。もっぱら立喰専門ですが...(汗) Profile Image: Copyright (c) 2015 d'Holbachie-Yoko All rights reserved.

平均点 74.983点
最終レビュー日 2019年9月19日
4,027 3,413 0 6,744
レビュー 店舗 スキ いいね

「ラーメン(¥500)」@来々軒の写真上野原ブラック!

山梨で林道三昧した帰りコチラ「来々軒」へ伺い「ラーメン」を頂いて来た次第です。って、コチラのお店もまだ山梨でした(汗)来々軒と言う素敵な屋号と赤い看板に、旨いこと間違いないであろう!と根拠の無い自身で訪問も、なかなか見る目があったみたいです!

お店はちょっと大きめの街中華。家族連れがメインですが、ガテン系のおじさんたちも嬉しそうに食事をされております。スタミナライスが売りなんですかね?自分の後に来たガテン系のおじさんも、サラリーマン風のおじさんも皆さん4連続スタミナライス!山梨の漢は皆パワフルですね!

さて、そんな横でピヨッコの自分は「ラーメン」。配膳された1杯を見てクリビツテンギョー!上野原ブラックですか!真っ黒なスープがナカナカのインパクト!先ずはスープを頂くと、これが思いのほかあっさり、鶏ガラメインのスープはコクもありつつも、あっさりした味わいで、驚くほどにカエシがマイルドです。それでもしっかりした味わいで、グビグビと頂けるスープです。

自家製麺の麺は極細ストレート。細麺ながらもしっかりとしたコシで、これも旨いじゃないですか!トッピング具材は、コリコリメンマとチャーシューに海苔。そしてタップリのネギがシャリシャリと旨味と甘味を補完してくれます。なんとも山梨ラーメンレベルが高いじゃないですか!途中、黒胡椒を足して、ちょっとスパイキーに、最後はお酢で〆て完食。スープも半分ほど頂いて、ご馳走様でした!

ご当地ラーメンは有名なものはないものの、実は山梨ラーメンのレベルかなり高いのでは?!と思わせてくれる1杯が、ふらりと入った街中華で味わえるんですから驚くべき!再び、ご馳走様でした!

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「もやし中華(¥650)」@喜楽の写真ノーチャーシュー...orz

本日はRDB、山梨県ナンバーワン(2015/7月現在)のコチラ「喜楽」へ伺い「もやし中華」を頂いて参りました。場所は大月市。甲州街道からちょっと入ったところにお店はあります。普通に甲州街道を走っている限りは全体に気が付かない場所にお店はあるのにRDBって便利です!

チャーシューが有名とのことですが、妙な使命感に駆られてレポートの少ない「もやし中華」をセレクトしましたが、配膳された1杯を見てちょっと落胆。チャーシュー入っていないんですね...うーむっ、ミスチョイス... まぁ、このレビューを読んだ方が同じ轍を踏まないことを切に願うばかりです。

さて「もやし中華」。先ずはスープを頂くと、これが驚きです!こんな山の中で(失礼)、鶏ガラに魚介も効いた醤油スープはナカナカ素敵なフレーバーです。野菜の炒め油の甘みも相まって、非常に優しい味わいとなっております。旨いです。スープのダシは深みがあり、頂くほどにその深みにハマっていきますw カエシはそれほど強くないので、グビグビと頂ける感じです。

野菜はシャキシャキの炒め具合、モヤシにピーマンにニンジン、それに豚肉も入れられており、しっかりとしたコクになっております。これがチャーシューだったらどんだけ嬉しかったことか... いつまでも後悔しててはイケませんね。前向きに行きましょう!

麺は中細弱ちぢれのエンジェルヘアー。黄色みが強く、なかなかシコシコとした歯触りで、これまた懐かしみを覚えるような味わい。イエ、山梨県民だったことはありませんが、いつかどこかで食べたノスタルジックなラーメンフレーバーという感じです。完食!スープは半分ほど頂いて、ご馳走様でした!

後から考えたら、チャーシューテイクアウトすれば良かったと... 今日どんだけ旨いビールが飲めたことかと... どこまで3連休ボケな自分です。まぁ、今日は関東甲信越地方で梅雨も開けて、大月は35度もありましたから致し方なしということで...(熱)

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシューワンタンメン(¥950)」@支那ラーメン 桂山の写真山梨初上陸!

山梨にプチ遠征。コチラ「支那ラーメン 桂山」へ伺って参りました。それにしてもコチラのお店、ナカナカトリッキーな場所にありますよねぇ~ RDBとGPSが無ければ決して辿りつけない場所。住宅街の中にお店はあります。それなのに山梨県第2位ですから、かなり期待マシマシです。

お店に入るとL字のカウンター、厨房には店主と奥様の夫婦舟。メニューは、ラーメン、ワンタンメン、チャーシューメン、チャーシューワンタンメンのみと言う質実剛健さ。もちろんスープも醤油のみです。カウンターには「店内での撮影はご遠慮ください。」とキッチリお断り。これはお客さんに質実剛健を求めるのか?と一瞬ひるみます。本日は「チャーシューワンタンメン」を頂くことにしました。

厨房にはスープが入れられた大きな寸胴と、麺を茹でるための大きなボールが大きな五徳の上に鎮座。店主がボールに麺をほぐし入れ、奥様が冷蔵からワンタンを取り出しボールに丁寧に入れる流石の夫婦な連携プレーです。そして、カエシ、スープ投入後、キッチリ1杯1杯、店主は味を確認させれております。やはり質実剛健!仕事に抜かりはないですね。

つゆだくのスープを店主はいともたやすくカウンターに置かれますが、これをカウンター下に下ろすのも結構大変。如何せんドンブリが熱々で、猫手な自分にはかなりの苦行でした(汗)ドンブリを下ろしながら、店主に写真撮影について願い出ると、優しい笑顔で「どうぞ~!」と快諾頂きました。店主ステキです!!ありがとうございます!そしてステキな盛りにも感謝です!

先ずはスープを頂くと、真っ黒いスープはしっかりとしたカエシですが、ショッパい訳ではありません。豚骨ベースのケモノ系フレーバーに野菜系の香りも感じられます。表面にはたっぷり油も層を成しておりますが、全然油っぽさの無いスッキリした飲みくち。これは旨いです!スープだけで何度も何度もレンゲを運んでしまいました。

続いてチャーシューを。これまた脂身もしっかりしたものながら、決してカエシが効きすぎておらず、赤身はしっかりと肉を味わえるチャーシュー。しっかりとした歯応えだけれども固くはない。イイ塩梅の歯応えのチャーシューです。これが5枚も入っております。ワンタンもしっかりとした肉質感。香辛料の香りも効いたさっぱりとした味わいで随分と大振りです。これが5つも入っているんですから、何とも大盤振る舞いです。皮もプルプル旨いです!

麺は中太平打強ちぢれウェーブ麺。これもイイ小麦の香りがして旨いですねぇ~。ちょい柔らかめの茹で加減がコチラのデフォだと思われますが、しっかりした質感でこれまた旨いです、言うことなしです。その他の具材は茹でモヤシと刻みネギと海苔。これからは旨い麺と旨いスープをきっちりとサポートしており、いい仕事されております。

しっかり完食、スープももちろん完飲で、ご馳走様でした!こんな山中に(失礼!)こんな旨いラーメンがあるなんて、山梨県ステキです!「ご馳走様でした!」と伝えると、店主も女将さんもステキな笑顔でお見送り!やはりキッチリ仕事されているが故に出てくる自信と喜びが笑顔に表れているんだと思われます。いや~美味しいもの頂きました!再び、ご馳走様でした!

投稿 | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件