なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あかいら!

男性 - 東京都

東京都城南エリアのレポート! ラーメンデータベースを中心に、オールラウンドで活動中。最近は、「うどんデータベース」「そばデータベース」にもボチボチレポートを上げております。もっぱら立喰専門ですが...(汗) Profile Image: Copyright (c) 2015 d'Holbachie-Yoko All rights reserved.

平均点 75.004点
最終レビュー日 2019年10月18日
4,044 3,429 0 6,844
レビュー 店舗 スキ いいね

「らーめん(¥680)」@山の田ラーメンの写真三代目豚骨醤油ブラザーズ

Dr.KOTOさん、わたさん等が高評価のコチラ「山の田ラーメン」。山口行きが決定してからというもの完全にロックオン!そして本日伺い「らーめん」を頂いて参りました。

場所は下関郊外。新たに切り開かれた街にお店はあります。故にナビでは住所が出てきませんでした。自動車じゃないと行けないところですね。まぁ、この界隈の皆様は自動車社会でしょうから問題ないと思われますが。

密かに土曜日は通し営業してるかも!と15時位に訪れたのですが、しっかり中休みされていてあえなく玉砕したことは内緒です(汗)何事もなかった様に普通に夜の部に舞い戻って参りましたw

お店は店主、大女将と男性店員さん3人で切り盛りですかね。男性店員さんの接客がウザいくらいにハキハキと... 気持ちのいい接客というよりは体育会系的、応援団的なのりって感じですかね。まぁ、悪くはないのですが(汗)「おすすめは、わかめらーめんとチャーシューメンです!」「一緒にギョーザやおにぎりは如何ですか?」とハンを押した接客はちょっとなぁ~って感じは否めません(汗)まぁ、今考えると、おすすめにしておけば良かったと思う次第ですが...(汗)

さて「らーめん」。豚骨醤油なフレーバーですが、結構スープに液体脂が浮いております。それも表層を覆っている訳ではなく、スープにしっかりと溶け込んでいるアブラと言う感じです。先ずはスープを頂くと、その脂の熱々感で、豚骨の獣臭を感じることが出来ます。ただ獣臭。狙い通りな感じです。

家系の様にワイルドな豚骨臭でもなければ、二郎系の様にシャープな豚骨醤油フレーバーという訳ではありません。豚骨醤油サードウェーブ。計算し尽くされた様に感じる豚骨醤油スープは、旨いじゃないですか!優しく温和な感じの店主ですが、内に秘めたるものを持っている感があります。ウマシカテ!

麺は極細ストレート。博多ラーメンよりはちょい太め、ちょい加水高めな感じの麺は、歯応えもしっかりとしておりイイ塩梅です。トッピング具材は、青ネギ、茹でモヤシ、支那竹、チャーシュー。支那竹は細めで柔らかめのもの。個人的にはちょっと物足りない感。ただチャーシューが旨いです。ちょっと亜流かも知れませんが、肉質感じるチャーシューは、柔らかくて、歯応えも歯切れも良く、カエシ加減もイイ塩梅です。

それにしましてもスープ!に戻ります。洗練された豚骨醤油は旨いです。替え玉要らないから替えスープが欲しいと思うほどにグビグビと飲んだしまいました。完食完飲。ご馳走様でした。

おすすめ通り、チャーシューメンにしておけば良かったと、ちょっと悔やまれた次第です。それにしましても、山口のラーメンも奥深いですね。今回は食べられなかった宇部ラーメンや、牛骨ベースのご当地ラーメンなんかもありますので、また来なければ!と思う次第です!再び、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「二郎系野菜ラーメン(小)(¥700)」@ラーメン利の写真山口初二郎系ゲット!

山口県にも二郎系があることをわたさんのレポートで知り、コチラ「ラーメン利」へ訪問して参りました。お店は国道2号沿いですが、駐車場の入口がトリッキーです。通過しそうになってしまいました(汗)

お店にはキッチリ「山口初!二郎系野菜ラーメン」と掲げられております。メガ盛りとかマシマシとか、バズワードが散りばめられております。お店に入ると、女将さんが一人で切り盛り。殺伐感はありません。

カウンターに着席しようとすると、「空いているからテーブル席へどうぞ!」と女将さんよりオファー。お言葉に甘えてテーブルに着席「二郎系野菜ラーメン(小)」とコールすると、「野菜とニンニクは?」と追加コールがありますので、「野菜は普通で、ニンニク入れて下さい!」とお願いしました。

さて「二郎系野菜ラーメン(小)」。背脂というか、ひき肉がタップリと野菜の上に盛られております。スープは微乳化の豚骨醤油。味わい的にはかなりライトJと言う感じで、カエシ加減もマイルドです。可能であればカラカラコールも欲しいところです。J系か?と問われると疑問符も浮いてきますが、まぁ、そんなお店は少なくないですからねw

野菜はモヤ率60%とザク切りキャベツもタップリと入っております。茹で加減は結構シャキ目なので、ボリュームはそれほどでもありません。マシマシでも行けそうですが、本日は連食予定故に普通でお願いした次第です。刻みニンニクとひき肉と一緒に頂くといい塩梅ですね。旨いです。

麺は中太うねり麺。ツルッとしたつやつやの麺肌。茹で時間が掛かるしっかりとしたガチムチ麺です。ちょっとJ系の小麦感には欠けますが、これはこれでナカナカ旨いじゃないですか!ブタバラロールチャーシューは、これまたしっかりとした食感ながら、カエシ加減はライト。スープに浸してムニムニと頂けばイイ塩梅です。完食。ご馳走様でした!

「小」が一番コストパフォーマンスイイですかね。麺量と満足度が反比例していく様な...メガ盛り¥1,500はちょっとあこぎな感が否めません。山口県に間違った二郎の印象が流布されてしまいそうな...(汗) 何れにしましても、ちょっとJ系なフレーバーは弱いですが、山口県のJインスパイアとったど~

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば(元祖)(¥600)」@今里の写真初上陸、山口県!

と言うことで、RDBを物色して色々行きたいお店はありますが、旅程を見ながら吟味に吟味を重ねてコチラ「今里」を山口県初上陸1軒目として訪問。「中華そば(元祖)」を頂いて参りました。

お店に到着すると店舗前駐車場も店舗裏駐車場も満車の状態。故にちょっと停車して待っていると、2台の車がご帰還。店頭ポールポジションに車を停車させ、お店に入ります。

お客さんが丁度帰ったところだったので、そのまま着席することが出来ました。その後お客さんが続き、店内待ちが発生するほどの人気ぶりです。お店は家族連れが多いですね。お子ちゃまもお母さんと一緒に中華そばススっておられます。

お店は大将と女将さん、そして女性店員さん1人。大将が小気味よいオペレーションで、一定のクロック数でキッチリと仕事を熟されている感じです。程なくして女将さんにより配膳されたのが写真の1杯です。

さて「中華そば」。結構タップリと背脂が浮いております。これがムニムニとした食感でイイ塩梅です。スープは醤油味。あっさりな味わいながらもクリアに豚骨フレーバーが効いており、そして背脂でしっかりとコクも出ており、なんともバランスの良いスープです。旨いです!

麺は中細弱縮れ。細いながらもしっかりとしたコシが旨いです。メンマはコリコリ。白髪ネギと三つ葉がいい香りのアクセントとなっております。そしてチャーシューこれがスープのベースとなっているであろう。カエシの味わいもいいバランスながら、しっかり肉感が楽しめてイイ塩梅です。完食完飲。ウマシカテ!ご馳走様でした。

山口ラーメンの元祖、頂きました!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件