なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あかいら!

男性 - 東京都

東京都城南エリアのレポート! ラーメンデータベースを中心に、オールラウンドで活動中。最近は、「うどんデータベース」「そばデータベース」にもボチボチレポートを上げております。もっぱら立喰専門ですが...(汗) Profile Image: Copyright (c) 2015 d'Holbachie-Yoko All rights reserved.

平均点 75.004点
最終レビュー日 2019年10月18日
4,044 3,429 0 6,844
レビュー 店舗 スキ いいね

「中華そば小(¥700)+生卵(¥50)」@西町大喜 西町本店の写真記憶に残る黒い衝撃!

ご当地で、富山ブラックは何度か頂いておりますが、コチラ「西町大喜 西町本店」には行ったことありませんでした。 と言うことで富山に来たなら行っとかなければ!と言うことで本日伺って参りました。

お店に入るとムセ返る様な醤油の香り! 入った瞬間から自分も富山ブラックのスープに入った様ですw お店はウナギの寝床の様な細長い作り、その両側にカウンターが並び、片側にはこれまで来店した芸能人の色紙が飾られております。 比較的、芸人さんが多いと思われますが、チャンカワイ、響長友、サンドイッチマン伊達が1枚の色紙に載っている暑苦しいのもあったりしますw

女将さんがお冷持って、「メニューはコチラです!」と壁をゆび指します。 メニューは中華そばのみ、コチラのお店にはライスはありません。 普通、大喜と言えば「小ライス(中華そば小とライス)と言うのが定番ですが、こちらではその定番が許されませんw と言うことで、わずかばかりの抵抗として、「中華そば(小)と生卵」でお願い致しました。 その1杯がコレです。

さて「中華そば(小)+生卵」。正に漆黒の夜にお月様。 その上の黒い雲(チャーシュー)の間をうさぎ(ネギ)が飛び跳ねている様な風情です。 うーむっ、そう言うなら、お月様を上にして写真を撮れば良かったですw 上手いこと言ってる様ですが、そんなこともありません(瀑)

先ずはスープを頂くと、極辛です! 勝手知ったる大喜の富山ブラックですけど、やっぱりこの衝撃はスバラシス! ちなみに冒頭の「記憶に残る黒い衝撃!」は、プレジデントのレポートのオマージュですw 醤油の原液でもこのスープよりはショッパくないかと思われます。

チャーシューは、その漆黒のスープの中にゴロゴロと入っております。 でもスープで中は見えませんから、どれだけチャーシューが入っているか判りません。 それ故に、出てくる出てくる!と言う感じですw チャーシューももちろん漆黒で、スープがしっかりと染みこんでおります。 ショッパいです。

そして麺は中太ストレート。 生卵を絡めて頂きますが、全く無駄な抵抗ですw そもそもスープをまとい、ジワジワと染み込んでいるであろう麺は箸休めにもなりません。 ショッパいですw そして何よりショッパいのはメンマ。 黒胡椒をまとったメンマはザリザリとカライです。 ショッパいです。 それを回避しようとスープでメンマを洗うと、スープが更にショッパくなります。 まぁ、もはやマキシマムレベルは超えてますから、もはや何が何だか...w

最後には勢いでスープをグビッと飲んでしまいましたが、お冷は2回お替りしたことは言うまでもありません。 もちろん汁完なんて出来ません! ご馳走様でした!

でも、また来てしまうんだろうなぁ~と思いつつ、次回はライスがある駅前店かなぁ~ そもそもこのラーメンっておかずラーメンが起源のはずですから、やはりライスといただかないと!と、思う次第です。 再びご馳走様でした!

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシューワンタンメン(¥1,030)」@末弘軒の写真創業昭和6年、変わらぬ旨さが売りだと思うのですが...

数日前、大雪サンダーバードが停まっておりましたが、富山市内はそれほどの積雪ではありませんでした。 まぁ、街中はキレイに除雪されているって言うのもありますが、普通の革靴でも何不自由なく暮らせます。

余談ですが、富山市内の交差点には、セルフで雪かきするためのスコップが常設されております。 「己の道は己で切り開け!」ってことですね。 流石日本一社長の多い富山県です。 あっ!違った、それは福井県か...(汗)

余談はさておきまして、ランチタイムに伺ったコチラ「末弘軒」。 近所の商店街は閑散としているのに、コチラのお店だけは熱気ムンムンです。 ピーク時には待っている人まで出る有様ですが、それもそのはず、ラーメン世代と言うよりも、赤いちゃんこちゃんこを着た世代が、お店に結構訪れております。 これが変わらぬ歴史の素晴らしさだと思われますが、回転が良くない理由の一つでもあります...

メニューも、豊富で、ラーメン以外にご飯物までありますが、一品料理はありませんので、街の中華屋さんと言う風情ではありません。 本日はもちろん、コチラのお店の名物である、自家製麺、自家製雲呑の「チャーシューワンタンメン」を頂くことにしました。 はじめに言いますと、「名物に旨い物なし」...(汗)

配膳されてきた「チャーシューワンタンメン」。 随分とツユダクで配膳されてきたので、スープを随分と頂いてから写真撮影です。 水深?1センチ分くらいのスープを頂いたでしょうか? ドンブリの大きさも普通なので、麺がかなり少なめであることが、この時点で分かります。

スープは、鶏ガラメインで、昆布の香りも織り交ざった和風醤油スープ。 あっさりスッキリ。 最期にお酢で〆ると、キリッと旨い感じのスープです。 マイルドな味わいは、やはり富山ブラックを卒業した、ベテランの皆様が頂く一杯と言う感じでしょうか?w

麺は中細弱ちぢれ麺。 なかなかイイ弾力ではありますが、やはりこれもシニアな仕様。 ちょっと柔らかめの茹で加減が、このお店のマジョリティであるお客様向けです。 同様に自家製雲呑もかなり柔らかめ... と言うかグズグズと言ってもイイほど... 柔らか雲呑は、箸で救うのは難しく、具だけがスープの中に落ちてしまいます。 しかも、小さめな具は、あまり味のハッキリしないお肉です...

チャーシューはヘルシーで脂身のないもの。 これまた歯応えだけで、あまり下味は感じられません。 メンマについてもやはり、あまり味付けはなく、随分と柔らかめな印象です。 ある種、富山ブラックとは対極を行く一杯と言う感じです。

長い歴史の中で培われてきた一杯は、やはり古くからの常連さんの声に合わせて少しずつ変化して行くんだと思われます。 それ故に代々守られている暖簾だと思われますから。 そういう視点で考えると、いつかコチラのお店の味わいが、歯応えが、心地良い時が来るんだと思われます。 ご馳走様でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば小(¥700)+生玉子(¥50)」@大喜 駅前店の写真元祖富山ブラック!

と言えば、西町大喜 西町本店と言うことらしいのですが(多分異論反論もあるかと思われますがw)、残念ながら本日は定休日... と言うことでコチラ「大喜 駅前店」へ伺って参りました。

本日は、「中華そば」と「生玉子」をお願いしました。 本来であれば、一緒に「ライス」をお願いしなければならないところですが、その後の展開も考慮しライスは頼みませんでした。

さて「中華そば小」。 黒いです! 真っ黒くろのスープは、正にブラック! 一口飲めば、目が覚めます。 しょっぱ~です。 黒過ぎる以上に、しょっぱ過ぎます。 「このショッパイ原因は、スープでは無く、塩漬けのメンマなんっすよ~!」って、隣のお客さんの元ホスト君が教えてくれましたが、正にその通りです!w ジャリジャリとしたメンマが、塩っ辛いです。

麺は中太ストレート麺。 カタメのコシがイイ塩梅です。 でも麺の間にはタップリのチャーシューがあるので、麺だけ頂くのは至難の業ですw これまた塩味のしっかりしたチャーシューは、カラカラです。

そして、一番旨いのは、塩っ辛さで調度良い塩梅に染みた小口切りのネギ! これが、シャキシャキとした歯触りもイイですし、箸休めな感じもイイ塩梅です。

そう言えば、生玉子を落としておりましたが、その存在を忘れるほどに辛いです。 それでも、食後は妙にスッキリとし、また食べに来てしまう当たり、この黒さには、黒い以上に見えない魅力がある様ですw お後がよろしい様で。 ご馳走様でした!

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 2件

「中華そば大(¥900)」@大喜 中島店の写真久々の富山上陸! であればやっぱり大喜 根塚店で元祖富山ブラックを頂こうかと思ったのですが、本日は定休日... じゃあ、まぁ折角ですから元祖じゃないけど、と言う事で、まだ行った事の無いコチラ大喜 中島店に伺って参りました。当然頂くは、小ライス(中華そば、小+ライス、大喜の定番)と言いたい所ですが、久々だったので、がっぷり四つで行こうと思い、中華そば大を頂いて参りました。

西町大喜 西町本店の流れを汲むコチラ。スープは真っ黒です。なんでも醤油に更に塩を入れるとか...なのでまともな人(富山県民の皆様申し訳ありません)は食える代物ではありません。基本はおかず中華そばですから。おかずとして、メンマ、チャーシュー、麺を頂く為のつけダレ的な扱いのスープです。でも、近所のおっちゃんっぽいお客さんは、ほぼスープを飲み干してました...恐るべし。

メンマは塩でジャリジャリし、チャーシューも醤油で煮込んだ様にカライ。これ、ライスと食べたら、かえって塩分も取りすぎて不健康なんじゃないの?と思ってしまいます。麺も当然、塩っ辛いです。スープが麺に染み込むからと言うレベルではなく。このスープに浸かった瞬間に黒くなるって感じがします。

ネギも結構太めの輪切りのものが入っており、普通ならネギのカラサが舌に残るところですが、ネギ本来のカラサなんか全く問題にならないほど凶暴です。それでも何だかクセになるこの味はいったいなんでしょう?でもやっぱりコチラ西町系は、ストレートにカライですね。大喜 根塚店はまだ味わいがありますから... ご馳走様でした!

そう言えば、レジのところに値上げの予告が、6月1日から中華そば小と大が¥100UP。特大に至っては¥200UPと言う事です。うーむっ...まぁこのご時世で致し方無い事ですが...

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「とんかつラーメン(¥700)」@味処 北路の写真「とんこつ」ラーメンではありません。「とんかつ」ラーメンです。北陸自動車道下り、呉羽サービスエリアにあるコチラ味処 北路で、ふと目に留まったキワモノ・メニューの「とんかつラーメン」を頂いて参りました。

とんかつラーメン。見た目は普通のラーメンにとんかつを載せただけのラーメンですが、出てきた時点でとんかつ全体にスープが掛けられている様で、とんかつの衣は全体がしっとりしている感じです。味的には... スープ漬けのとんかつはカツ丼のとんかつと同じ様な感じです。もっちりした衣と柔らかいお肉。これとんかつ好きには許し難いメニューでしょう。きっと...

スープは、とんかつの衣から味が出ているので、なんとなく甘い香りがします。カレーパンのカレーなしの衣の香りと味と言う感じでしょうか?故にスープを飲み続けるのは結構試練です。他のトッピングはメンマと絹サヤですが、その存在は全く気になりません。と言うか、とんかつにその存在を抹殺されている感じです。麺も同様。どんな麺だったか記憶が抹殺されております。

何より驚いたのは、とんかつの衣が最後まで肉と離れる事がなく付いていたことです。これは何か特殊な加工が施されているのでしょうか?!不思議です。なんて考えながらスープ漬けのとんかつを食べながらふと思ったのですが、残っちゃった冷えた「とんかつ」のアレンジとして、このとんかつラーメンは... やっぱり「無し」ですね。

衣が肉からはがれず、スープの中でバラバラに崩れていくこともないので、少なくとも「コロッケそば」よりは許せると思います。そう言えば、「コロッケ・ラーメン」って言うものも見たこと無いですねぇ... あったら、きっと興味本位で食べて後悔するんだろうなぁ... このとんかつラーメンと同様に... なんか食べ終えた途端に胸焼け気味のような...

でも、コチラ呉羽サービス・エリアから見える雄大な立山連峰の景色で、少しはスッキリした?!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「激うまらーめん(¥850)」@小矢部川SA(上り)レストラン小矢部の写真北陸自動車道小矢部川サービスエリア内のスナックコーナーで頂きました。黙っていても客は入ってきてある程度の収入が見込めるサービスエリアのレストランって、ある種得な商売ですよね。だからこんな大胆なネーミングも出来ます。「激うまラーメン」って... 普通に自分で作って提供する立場だったら、こんなネーミング出来ないですよね...

その「激うまラーメン」は、基本味噌ベースのスープに、結構大量なラー油が投入されており、味的にはピリカラ味噌って感じです。うむっ、これなら味覚が麻痺しますから「激うま」でも有り?になるわけですね... 敵ながら天晴れです。

で、トッピングは揚げられたネギ。提供された瞬間のパリパリの時は、一瞬不覚にも「おっ?!」とか思ってしまったのですが。これが後にスープでヒタヒタになると。揚げたネギがスープまで吸って、ずっしりと重くべちょべちょとなります... うーむっ、いけてない。

麺は...既に記憶にない...激うまラーメンに完敗です。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌ラーメン(¥730)+大盛り(¥150)+メンマ増し(¥10」@麺屋つくしの写真富山に行くと、ついつい大喜 根塚店に足が向かってしまうのですが、本日は意を決してコチラ麺屋つくしに伺ってきました。 醤油ラーメン、しかも富山ブラックが幅をきかせている土地柄で、なかなか味噌ラーメンのお店も少ないと思うのですが、こちらのお店は非常に評価も高く前々から気になっておりました。 本日は味噌ラーメンを大盛りで、更についででメンマ増しで頂いて参りました。

味噌ラーメン、純連系との事なので、味の予想はついていたのですが、純連ほどコッテリとしていない、丁度良い感じのスープの濃さです。と言ってもしっかりと味噌のいい香りがします。更にチャーシューの上におろし生姜がトッピングされているので、これからの寒い季節には、尚恋しくなるスープになる思われます。

そのチャーシューも普通のスライスされたブタバラチャーシューと、軽く炙られたブタバラブロックのチャーシューが入っており、2倍楽しめます。ブタバラブロックチェーシューと一緒に焦げ目のついたモヤシも香ばしさを引き立てます。

そして麺は多加水のコシのある中太のちぢれ麺。スープとよく絡んで非常にうまいです。これは大盛りにして正解です。

今回はオーダーしませんでしたが、この味噌スープにサッパリとした鱒寿司は合うかもしれませんねぇ。 富山ならではの楽しみ方だと思うのですが、次回は是非、その組み合わせで行きたいと思います。 ご馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシューラーメン(小)+ライス」@大喜 根塚店の写真大喜のラーメンはラーメン&ライスで頂くのが王道。と言うことで、本日はチャーシューラーメン&ライスを頂いてきました。初めてライスと頂いたのですが、確かにその通りって感じです。チャーシュー&ライス、メンマ&ライス、スープ&ライス、そして麺&ライス。全てにおいてライスがベストマッチです。もしかしたら半チャーシューラーメン&ライス大盛くらいが一番いいかもしれません。そうすれば、きっとスープも全て完食出来ると思われます。

本日訪れた際、夏休みなので、お店にはお子様連れの家族連れが多くいらっしゃいました。きっと富山の子供達は、こうやってDNAに大喜根塚店が刷り込まれ、ソウルフードと化していくんだろうなぁ...と言うのが良くわかりました。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件
60

「ラーメン」@はじめ家の写真富山で美味しい家系ラーメンと言う事で、コチラはじめ家に伺ってきました。お店の周りには色々なのぼりがハタめいています。「家系総本山吉村屋直系」、「家系四天王」、「御三家免許皆伝の店」とか書いてある内容も色もカラフルです。

普通にラーメン頂きましたが、先ずスープ。んっ?、甘い?!。飲み進めている内になれてくる感じですが、最初の何口かは甘みを感じるスープです。ケモノ臭はあまり感じませんでした。チャーシューは燻製されたもの、スープの甘みは、このチャーシューから移って出たものの様です。麺は酒井製麺の中太麺。間違いありません。 ところで、これってやっぱり東京から空輸するんですかね?(トラックかな?)いづれにしても、東京近郊の家系ラーメン店と比べるとコスト高になりそうです(余計な心配ですが、美味いからOK)。それにしても、コチラのお店のニンニクへのこだわり?は凄いです。無臭ニンニク、行者ニンニク、揚げニンニク、ガーリック・パウダー、そしてニンニク入りラーメン酢と色々あります。

こちらのお店のラーメンがカップラーメンになって販売されている様で、カップラーメンの上ブタを持っていくとトッピングが一品無料との事です。カップラーメンと実際のお店ではしごをするといい訳ですね...

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシューラーメン(小)」@大喜 根塚店の写真大喜の中でも何故か際立っているコチラ大喜 根塚店。その理由を確かめに本日伺って参りましたが、 なーるほど。他の大喜とは全然違う事が分かりました。まずお店の外観が違います。高級感タップリです。そしてお店の中も。 調味料が一つも置かれていないそのテーブルに、味の自信、味へのこだわりが伺えます(勝手な事を行っておりますが)。

そしてラーメン。ん?!先日、大喜 駅前店で頂いたので、それと比較しますと... スープの色が違います。富山ブラックと言うほど黒くありません(黒いけど)。多少薄めな色のスープは味も濃くありません(しょっぱいけど)。トゲトゲした醤油のしょっぱさが多少マイルドになってます。チャーシューも同様、多少マイルドなしょっぱさの中に、甘みも感じます。薄めだけれどいい弾力です。メンマもジャリジャリとしたカラサはありません。 そう全体的にやさしさを感じる事が出来る(と言うか、他の大喜がシャープ過ぎか...)と言う感じがします。同じ大喜でも違うもんなんだなぁと頂きました(基本的に高血圧の方が食べる事はオススメ出来ないと言う点では一緒ですが...)

と、お店を出る時に1枚のメモを発見! そこにはコチラ大喜 根塚店とその他の大喜の生い立ちが書いてるではないですか! なーんだ、そう言うことなのね。道理で味が違う訳だぁ、納得しました。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件