なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あかいら!

男性 - 東京都

東京都城南エリアのレポート! ラーメンデータベースを中心に、オールラウンドで活動中。最近は、「うどんデータベース」「そばデータベース」にもボチボチレポートを上げております。もっぱら立喰専門ですが...(汗) Profile Image: Copyright (c) 2015 d'Holbachie-Yoko All rights reserved.

平均点 75.004点
最終レビュー日 2019年10月18日
4,044 3,429 0 6,844
レビュー 店舗 スキ いいね

「ラーメン(¥650)」@ばかうまの写真「やせうま」じゃなくて「ばかうま」!

大分で、城下カレイの刺身、地鶏焼きに舌鼓をポン!っと打った後、コチラ「ばかうま」で大分ラーメンを... と思ったら、コチラのお店は博多ラーメンのお店でしたw 如何せん、たらふく食べて、飲んでの後だったので、ちょっと記憶が曖昧であること、はじめにお断り致します(爆)

博多ラーメンと言う謳い文句ながら、ちょっと濃い目の豚骨スープに感じたのは、もしかしたら自分のキャパがいっぱいいっぱいだったからかも知れません。 濃ゆい豚骨スープに、極細ストレート麺。 麺が少し軟らかめだった様な気もしますが、如何せん、酔っぱらいですから、記憶はあいまいです。

トッピングの紅生姜はセルフトッピングしたものなので、デフォで載っておりません。デフォでは、ノリ2枚、チャーシュー2枚、青ネギ、キクラゲと言った布陣です。 豚骨ラーメンの割りには、しっかりとした歯応えのある分厚いチャーシューであったことと、やけにノリがチープであったこと、それと青ネギがあまりフレッシュじゃなかった事と、思いの外記憶に残っているので、自分にビックリですw 白ごまがノリの辺りにパラリと掛けられているのが妙に違和感を覚えたのを、何気に覚えていますw

博多ラーメンなのに、微妙に東のフレーバーが入っている様な、それはやはり博多より東よりの大分が故でしょうか?! 大量に入れた紅生姜がやけに辛かったのですが、ハイテンションの酔っぱらいは、それも良かれと、ズババババっと食べた記憶があります。 〆ラーは、やっぱり旨いですね! ご馳走様です!

そして食後、お店を出ると、雨がざんざか振っておりましたが、酔っぱらいはホテルまでずぶ濡れになりながらも気持ちよく帰りました。その時、熊本、大分に大雨洪水警報が出ていたのに... ちゃんと無事に帰れました(汗)

酔っぱらいでしたが、「いいちこ」の故郷で飲んだ大分麦焼酎は悪酔いしないみたいですね。 翌日スッキリさっぱり目が覚めて、起きた瞬間空腹でした(爆)

ちなみに「やせうま」は大分の伝統的なお菓子です。 コチラばかうまとは、全く関係ありませんw
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%84%E3%81%9B%E3%81%86%E3%81%BE

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「小ラーメン豚増し(¥700)」@ラーメン 金二郎の写真オリンピックイヤーに、ゴールド二郎!

大分にやって参りました! と言うことで、早速RDBを検索すると、大分駅から商店街を通ったところになんと二郎系を売りにしている、その名も「ラーメン 金二郎」と言うお店があるのを発見!早速伺って参りました!

商店街を歩いていると「爆盛宣言の店!」と黄色に黒の文字で書かれた立看板を発見! その看板と共に丸に「金二郎」と書かれた本家二郎っぽいステッカーを発見!間違いなくコチラが目的のお店ですw

お店に入ると、嬉しいことにエアコンが効いておりますw これで心おきなくラーメンが頂けます!と言うことで、本日は「小ラーメン豚増し」の食券を購入し、カウンターに着席します。

食券をカウンターに提示すると、「麺の茹で加減は?!」と丁寧に確認が入ります。 因みにこちらのお店は店主一人で切り盛り。 でも掃除が行き渡っており、清潔な感じです。

店主はドンブリをカウンターの客の目の前にセット。そこにカエシや背脂を投入して行く、まさに「のス」たチックなラーメン製作ショーを始めます。 色々なところにインスパイアされているみたいですw

程なくして、湯切りした麺を平ザルでスルリと流し入れ、その後野菜をトッピングして行きますが、コールは「野菜は普通でイイですか?!」と丁寧な確認が入りますので、二つ返事でw その後、「ニンニク入れますか?」とお決まりのコールが入りますので、「お願いします!」とだけ答えました。

さて「小ラーメン豚増し」。 野菜が色付いて見えるのは、スープで野菜を煮ているからです。 この辺りは本家以上のオリジナリティ。 豚の小振りなものが幾つか入っております。 ニンニクが少量なのは残念です。

先ずはスープを頂くと、ベースはしっかりとした豚骨ですが、カエシのしっかりとした醤油フレーバーなスープと言う感じで、Jインスパイアな雰囲気とはちょっと異なります。 背脂をもチャッチャと入れられておりましたが、液体油となって層を成しておりました。

麺は中太ストレートのエッジの効いた長方形の断面をしたもの。茹で加減普通ですが、麺はカタメの仕様です。 しっかりとした歯応えはイイ感じです。

野菜はモヤ率70%で、スープで煮られて、少しクタ感がある感じ。 でもしっかりと味付けされているのでイイ感じです。

豚はトロトロ脂身とホロホロ赤身の両方が味わえます。 これはなかなかイイ感じです! カエシの効き具合もジャストミートです。

いかんせんスープがあっさり目なのでスルスルと頂けます。この1杯なら「大ラーメン豚増し」で、「全増し増し」でも行けそうです? まぁ、マシマシと言うキーワードで店主が豹変しなければですがw ご馳走様でした!

大分のJインスパイア、しかもゴールデンなJインスパイア! ゲットです。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件