なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あかいら!

男性 - 東京都

東京都城南エリアのレポート! ラーメンデータベースを中心に、オールラウンドで活動中。最近は、「うどんデータベース」「そばデータベース」にもボチボチレポートを上げております。もっぱら立喰専門ですが...(汗) Profile Image: Copyright (c) 2015 d'Holbachie-Yoko All rights reserved.

平均点 74.983点
最終レビュー日 2019年9月19日
4,027 3,413 0 6,745
レビュー 店舗 スキ いいね

「ラーメン小(¥700)」@ラーメン二郎 新潟店の写真二郎フルコンプ再び!

新潟ラーメン遠征。4杯目にして本命の「ラーメン二郎 新潟店」へ。お店に近づくと、なんと店舗外には行列なしで静かな雰囲気。臨休か?!(瀧汗)と一瞬焦りましたが、ちゃんとお店の外まで、豚骨臭が流れてきます。一安心(ホッ)

お店に入ると、右手に券売機。カウンター席とテーブル席の間に店内用待ち椅子が置かれております。「ラーメン小」の食券を購入すると、そのままタイミングよくテーブルに誘導され着席。キュートな女性店員さんに食券を提示すると即コール「ニンニク入れますか?」本日は素直に「お願いします♪」

厨房が結構広めですね。厨房内には店主と男性店員さん1人。店主は松戸に居た、ちょっと影ある店主。変わらず黙々と仕事をされております。カウンター席の場合も食券提示、即コールなので、他店のオペレーションとはちょっと異なりますので注意が必要ですね。程なくして我一杯が、女性店員さんにより配膳されます。

さて「小ラーメン」。ニンニク結構タップリ入れられておりますが、これがコチラのスタンダードな1杯な訳ですね。給水器の横に置かれてるレンゲを取ってきて、先ずはスープを頂きます。乳化スープはコクもありナカナカイイ塩梅。カエシ加減もマイルドで、豚骨フレーバーを楽しめるスープとなっております。しかしながら、ちょっと違和感を感じたのは、コチラのお店、魔法の粉は少なめかも知れませんね。総本山で味わうようなビリビリ感はありません。

ヤサイはモヤ率90%。モヤシはややシャキ目な茹で加減。スープに埋めつつ、シャキシャキパリパリ頂きます。麺は中太ストレート。これはオーション香るモチモチ麺で旨いですね。カエシがマイルドなので、ちょっと味わい弱く感じてしまうのは、総本山の功罪かも知れませんが(爆)麺はコシもあり、ボリューム感もありますので、満腹中枢をガッツリ刺激してくれます。

ブタはスライス状のもの。大きさは手のひらくらいありますので、食べ応えがあります。そして、ブタのカエシ加減もマイルドなので、肉の旨味が味わえます。柔らかさも丁度イイ塩梅です。ヤサイ、麺、スープ、ブタと交互に頂きつつ、ニンニクを随所に絡めて完食。スープも8割ほど頂いて、ご馳走様でした。

ラーメン二郎 新潟店制覇で、再び二郎フルコンプ!さてさて、次はどちらにオープンされるか?!楽しみな次第です。北海道、東北、関東、中部と制覇!そろそろ西にも進出して頂きたいですねぇ~w

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば(¥470)」@中華のカトウの写真新潟朝ラープレース!

ラーメンデータベースで「朝ラー」で検索すると新潟のトップに出てくるコチラ「中華のカトウ」。新潟遠征ですから基本3食ラー食です。って美味しいもの色々あるのにオロカモノです...(爆)

お店はナカナカ渋いですね。引き戸を開けると、厨房に大将と女将さん。そしてホールには若女将と、家族経営なフォーメーション。雰囲気もよく、古き良き時代のラーメン店と言う感じで昭和のフレーバーが残っております。

お店に入るとメニューではなく麺量が確認されるあたりは二郎みたいですね。「普通?大?」と聞かれますので、普通コールをし、中華そばで!とお願いしました。程なくして若女将により配膳されたのが写真の1杯です。

さて「中華そば」。オイルフリーな感じのあっさりしたスープは、魚介感じる和風なおダシと言う感じ。カエシ加減もあっさりで、朝からグビグビ頂けるスープです。浮いたタマネギと相まってシャリシャリグビグビ旨いです。

トッピング具材は、チャーシュー、メンマ、ナルト、絹さや。メンマはちょい柔らかめなコリコリ感。絹さやのパリパリ感もイイ感じです。でも何より特筆すべきは麺。中細平打ストレート麺は、温麺のように柔らかくあっさりした味わい。ツルツルっと入っていくと言う感じながら、結構ボリュームはあります。それでもスープは油っ気ないので、あっさり完食。スープも半分ほど頂いて、ご馳走様でした。

古の朝ラープレースは、若女将が引き継いで行かれるんでしょうか?!今今は、大将と女将さんが元気な間、頑張って頂きたいものです。朝から気持ちのよい1杯を頂くことが出来ました。再びご馳走様でした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「老麺(¥750)」@安福亭 柏町本店の写真豪雪地帯のホワイトアウト

本日はコチラ「安福亭 柏町本店」へ伺い「老麺」を「大油」で頂いて参りました。場所は長岡。お店は随分ときれいです。どうやらお店を新しくされた様ですね。旧店舗のところも駐車場として利用でき、余裕の駐車スペースです。お店も広く全50席と大店です。

お店に入るとチャイナな若い男性店員さんと女性店員さんご兄弟ですかね?ということは厨房にいる女将さんがお母さんですかね?家族経営と言う感じです。オーダー後しばらくすると、ステンレスの容器に入れられたネギが登場。1つは刻みネギ、1つは白髪ネギと、コチラのお店はネギ放題なシステムの様です。

さて「老麺」。大油は流石にやってもうた~感ありますね。ドンブリと下皿にもこぼれた油でヌラヌラです。そしてカメラを向けても白飛びしそうな勢いです。その白さを記録するためにネギは入れずに写真撮影。その後刻みネギを3トング投入して頂きます!それでも白飛びしそうですがw

先ずはスープを頂くと、ニボフレーバーな醤油のカエシのスープは、見た目以上にあっさりとしており、ナカナカイイ塩梅です。もちろん油と相まって頂けば、濃厚感はありますが、こってりコテコテと言う感じではありません。サラッとスキッと頂けるスープです。旨いです。

麺は中太平打麺。しっかりと油をまとい、これが唇にヌラヌラと絡みついて来ます。ツルツルヌラヌラとエロい食感です。トッピング具材はチャーシューにメンマ。チャーシューはシコシコヌラヌラ。メンマはコリコリヌラヌラ。基本オイリーな食感です。途中でおろしニンニクも投入して、更にパワーアップです。ウマシカテ!

ネギダク!油ダク!それでもしつこく無いんですからスバラシス!もちろん完食。スープも大油にしたんだから油は頂かないと!と、8割ほどしっかり頂いて、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば(¥800)」@杭州飯店の写真新潟初上陸油地獄!

新潟に来ました!しかも態々「杭州飯店」の「中華そば(大油)」を食べるためだけに!なんてストイックなんでしょう。しかも、お店の周りは何も無いじゃないですか!正に「中華そば」を食べるだけですね。まぁ、餃子も食べましたけど...

ランチタイムには遅め、ディナータイムには早すぎの時間。故にお店は混んでおらず、待つこと無く入れました。しかもお一人さまですから、丁稚席、または賄い席の様なお一人様のテーブルを独占です。メニューを見ると、休日ランチタイム仕様か、麺類は醤油味の中華そばのみで、その他メニューは雲隠れしております。本当はタンメンなんかもあるみたいなので是非是非平日に来たいところです。

店員さんに油の量を確認すると、少なめ→普通→大油→超大油とあるとのことでしたが、初訪なのでおとなしく「大油」にしておきました。そしてもちろん、「餃子(2ケ)」も一緒に。2ケと言う個数がオーダーしやすい感じですが、1ケがデカイことは他のお客さんが頂いているのを見ればわかります。しかも1ケ¥200って、幸楽苑の餃子1人前と同じ値段ですw

さて「中華そば(大油)」。来ましたねぇ~ 越後三山は雪解けが始まり、頂き近くでも大分地面が見えているところがありましたが、この山は、まだ完全真冬。真っ白に雪化粧(油化粧?)されており、スープも麺も見えません。それどころかチャーシューと玉葱は背脂の上で浮遊しているじゃないですか!それでようやく中華そばであることが認識できる感じです。

先ずはスープを頂こうとレンゲで救うと、白い背脂の間から黒い醤油スープが表れます。煮干し感感じるスープは大油と相まって、まったりとしつつ、しっかりとカエシのエッヂは効かせてくれます。背脂の甘味で、カエシのエッヂは多少丸めてくれますが、それでも切れ味バツグンのスープは、しっかりと旨味を届けてくれます。

麺は中太平打強うねり麺。これがワシワシモハモハ麺で旨いですねぇ~ 静かに食べないと背脂を飛ばしてしまいそうなので、シャツを汚さないように丁寧にススります。トッピング具材は、刻みタマネギ、チャーシュー、メンマ。刻みタマネギのシャリシャリ食感が、ヌメヌメ大油とのコンビネーションがイイ感じです。完食、しかも大油も完飲で、ご馳走様でした!

これで新潟にも足あとを残すことが出来ました。日本地図が全部赤くなるまではまだまだ遠い。

餃子のレビューはコチラ
http://gyouzadb.supleks.jp/review/911542.html

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件