なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あかいら!

男性 - 東京都

東京都城南エリアのレポート! ラーメンデータベースを中心に、オールラウンドで活動中。最近は、「うどんデータベース」「そばデータベース」にもボチボチレポートを上げております。もっぱら立喰専門ですが...(汗) Profile Image: Copyright (c) 2015 d'Holbachie-Yoko All rights reserved.

平均点 75.004点
最終レビュー日 2019年10月18日
4,044 3,429 0 6,844
レビュー 店舗 スキ いいね

「みそバターチャーシューワンタンメン(¥945)」@大廣の写真椿井市場内にあるコチラ大廣。そもそも椿井市場自体、8割のお店がシャッターを閉めている状態のゴーストタウン。1つの時代が終わったと言う感じの市場です。そんな中で気を吐いて営業している1軒としてコチラ大廣はあります。が、活気があるとは言えません... ランチタイムなのに、ズーっと貸切でした...

せめてもの応援と言う事で麺類で2番目に高いメニューである「みそバターチャーシューワンタンメン」と言うコチラのお店の三冠王みたいなメニューを頂きました。ちなみ1番高いメニューは「スタミナチャーシューメン(¥1050)」です。

お店はカウンターのみだと思ったのですが、通路をはさんで反対側にも暖簾が掛かっております。そちらにお座敷がある様です。きっと、この市場が活況だった頃は多分、そのお座敷もいっぱいだったんだろうなぁ、なんて考えると、ちょっとノスタルジックな感じになります(想像ですが)。

さて、「みそバターチャーシューワンタンメン」。ツユダクで全ての具材はスープの中に沈んでいる感じです。チェーシューを引っ張り出すと、このチャーシュー、まるで燻製の様に硬く、味はしっかりとついております。言うなれば茶色い金華ハムって感じでしょうか。噛めば噛むほど味が出てくる感じですが、硬すぎます... しかもチャーシューメンですから、これがいっぱい入っている。こりゃ大変だぁ〜って感じです。

そして、もう1つの目玉具材であるワンタンは、お肉のしっかりとした具タップリのワンタンです。旨いですが、これと言って特筆する事はない感じでしょうか。その他のトッピングは固ゆで玉子とメンマ。玉子が以上にデカかったのが印象的です。

で、すっかり忘れていたスープのコメントですが、これが甘辛味噌スープ。ダシの旨味をあまり感じる事が出来ない平坦な味噌味のスープです。コクもあまり感じられません。うーむっ...

お勘定をすると、「ごめんねバター入れるの忘れたから¥850ね。」言われましたが、みそチャーシューワンタンメンは¥892なだけどなぁ...と思いましたが、まぁ、その辺のアバウトさがお店を続けていける秘訣だと思われます。ご馳走様でした。

メニューを見ると「アイスラーメン」なるメニューが... ちょっと気になるので、また行くかも知れません。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「大仏らーめん(¥720)、醤油味」@あおによしの写真奈良と言えば大仏さん?イヤイヤ今なら「鹿男あをによし」? と、言うことでコチラあおによしに伺い「大仏らーめん」を頂いて参りました。何ゆえ大仏らーめんと言うネーミングなのか?は野暮なので特に伺いませんでした。だって東大寺から程近いここら辺は、「大仏なにがし〜」と言うものが沢山ありますから...

大仏らーめんのトッピングは結構豪華です。芝海老天ぷら5ヶ、揚げもち2ヶ、かまぼこ2枚、チャーシュー1枚、しいたけ、メンマと具沢山。スープは醤油味、味噌味、とんこつ味から選べます。本日はトッピングが結構コッテリしたものの様なので、あっさり目の醤油味で頂くこととしました。

大仏らーめん、結構大きなどんぶりで提供されます。が割と浅いどんぶりなので、スープは少なめです。先ずトッピングの芝海老の天ぷらを頂くと熱々です。揚げたてを入れたのが判ります。熱々でプリプリの芝海老は美味しいです。まぁ、「ラーメンに入れて食べなくても...」と言う根本的なことはこの際問わないで下さい。大仏らーめんの存在も否定することになりますから。揚げもちももちろん熱々ですので、よく伸びます。

トッピングのかまぼこがキレイな色合いで、この大仏らーめんのキレイな彩りとなっております。これは視覚的に楽しむものであり、味わうものではありません。まぁ味についてはほぼ無味って感じです。メンマも月並みです。しいたけは甘めに炊いたものなので、スープも多少甘ったるくなります。

そのスープですが、そのシイタケや天ぷらの影響で第一印象は甘めな感じなのですが、ベースとなるスープは結構カラメです。塩味は結構効いてます。なので、調子にのって飲んでいると結構舌がビリビリします。関西は色は薄めですが塩味は濃い目ですよね。なんだかんだ言っても。

麺はストレートの細麺。比較的柔らかく茹でられているのは、やはりターゲットとなる客層をキチンと店側が把握しているためだと思われます。おじいさんになっても美味しく頂ける「大仏らーめん」。さすが平城遷都1300年の歴史です(ちょっとフライング気味、しかも意味不明)。ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カレーラーメン(¥680)」@老麺茶屋 豚竹林の写真奈良初上陸です。あれっ?修学旅行で来たっけ?うーむっ、覚えてないなぁ...JR奈良駅に降り立ったのですが...寂しすぎます。何もないじゃん!西口なんか立派な日航奈良ホテルがあるだけで、その反対側更地じゃん! まぁ再開発中なんだと思われますが、こんだけ寂しい県庁所在地のJR駅前も珍しいです。近鉄奈良駅界隈の方が開けてるとか...遠いじゃん! と言う訳で寂しい駅前でコチラ老麺茶屋 豚竹林に伺い、「カレーらーめん」を頂いて参りました。

こちらのとんこつスープは「国産豚骨をじっくり15時間煮込んだスープ」と言うことです。これにカレーですからかなり期待は高まります。ところが出てきたカレーらーめんは、最初見た瞬間は、「何だコレ?!」って感じです。

トッピングはあまり馴染みのないものが載ってます。白菜、玉ねぎ、人参、キャベツ、キクラゲ、ネギ、そしてすじ肉の様なものが載っております。んー...なんかラーメンっぽくないトッピングだなぁ...失敗したかぁ?! まぁ気を取り直して頂きます。

トッピングの野菜類は下味は付けられていない感じです。なので、スープと絡めます。スープはかなりコッテリです。ドロドロカレースープは、濃厚な豚骨フレーバーがしっかりと裏方に鎮座したカレースープ。ドロカレースープとでも言えば良いでしょうか。ジャンキーな感じがタップリです。

トッピングもヤサイもこのドロコテスープに絡めて食べれば箸休め兼々美味しく頂けます。麺は細めのストレート麺。ちょっとやわらかめな茹で加減ですが、このドロコテスープには良く合う感じです。すじ肉っぽい安っぽい肉も、そのジャンキー感に拍車を掛ける感じです。このチープさ加減は、ダメな人はダメ。はまる人ははまる感じですかねぇ。ご馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件