なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あかいら!

男性 - 東京都

東京都城南エリアのレポート! ラーメンデータベースを中心に、オールラウンドで活動中。最近は、「うどんデータベース」「そばデータベース」にもボチボチレポートを上げております。もっぱら立喰専門ですが...(汗) Profile Image: Copyright (c) 2015 d'Holbachie-Yoko All rights reserved.

平均点 75.004点
最終レビュー日 2019年10月18日
4,044 3,429 0 6,844
レビュー 店舗 スキ いいね

「味噌らーめん(¥750)」@味噌専門 麺屋大河の写真金沢RDBナンバーワンゲット!(2018年10月現在)

久々の金沢遠征。もちろんラーメンも頂きましょう!とRDB検索すると、金沢RDBナンバーワンはコチラ「味噌専門 麺屋大河」となっておりました。以前、金沢に足繁く通っていた頃にはなかったお店です。という事で伺って参りました。

場所は金沢駅のほど近く金沢駅から鼓門を出て左手に向かうとお店は見えます。店頭に行列が出てきておりますので、ある種それが目印ですかね。自分も5番目に接続。その後、列は更に伸びていきました。

程なくすると店員さんが現れメニューを渡してくれて、事前にオーダーする仕組みです。本日は看板メニューの「味噌らーめん」を頂くことにしました。

そして程なくして店内へ案内。女将さんが元気で愛想よくイイですね。お店はカウンター一線。一番奥に厨房と言う作り。本日は一番入口に近い席だったので、厨房の様子を窺い知ることは出来ませんでした。残念!最初「野菜ジュース」が配膳。これは血糖値を急激に上げないためだとか。ステキな配慮です。まぁ、お店で倒れられても困りますしねw

さて「味噌らーめん」。生姜がタップリと載せられております。先ずはスープを頂くと、白味噌であっさりかと思いきやコクのある味噌は、色々なフレーバーが折り重なり旨いですねぇ~ 柑橘系の皮も載せられ、香りも色々複雑に絡み合っております。トッピング具材は、レアチャーシューにメンマにネギ。青のりは余計かなぁ~(汗)

麺は中太ちぢれ麺。味噌らーめんにはやっぱりコレですよね。しっかりとした歯応えがイイ塩梅です。極太メンマはゴリゴリの歯応え、レアチャーシューはあっさりとカエシ加減もマイルドでイイ塩梅。カウンターに置かれた十味唐辛子。七味にプラス三味は何だか分かりませんが、ピリッとシビっと旨いですね、完食完飲。ご馳走様でした!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(¥400)」@魚処 厚生食堂の写真魚処で、ラーメン食べる愚か者...(汗)

金沢いきいき魚市にあるコチラ「魚処 厚生食堂」は、その名の通り船員さんの福利厚生施設的なお食事処が所以かも知れませんが、普通のお客さんも普通に頂くことが出来ます。

金沢いきいき魚市は、観光市場の近江町市場とは異なり、正に市民向けの市場なので、近江町市場の半分くらいの値段で新鮮な魚介類を購入することが出来ます。自分は金沢行くと必ずこちらの市場でお買物します。

で、そんな市場にある食堂ですからメインは魚介類。皆様、海鮮丼や刺身定食、焼魚定食を嬉しそうに食べておられます。そりゃそうでしょう魚処ですから。そんな中、自分はラーメンにキスフライ(¥500)を頂くことにしました。

女将さんにオーダーを告げると、「ラーメン~!」と、女将さんが厨房にオーダーを告げます。するとお客さんが一斉に振り向き自分を見ます。「ラーメン? ンナアホガオルンカイ?」とばかりにw 居るんです、そんなアホが(爆)

さて「ラーメン」。予想通りのビジュアル。プラスチックのレンげは想定外ですがw トッピング具材は嬉しいことにトリプルカマボコ。これは厨房の大将の愛ですかね。それとも適当に取って適当にトッピングしているが故かw 何れにしてもイイ感じです。その他のトッピングはワカメ、チャーシュー、メンマです。

先ずはスープを頂くと、ワカメの効果でほんのり魚介感じる醤油フレーバーのスープは、ライトでイイ感じですねぇ。化調が入れられていないのか、素材の旨味をストレートに感じる味わい。シンプルに言うとカエシストレートなスープの味わいです。油っ気ゼロなのでヘルシーなスープとなっております。

麺は中細ストレート。アルデンテな感じで硬めの茹で加減。ネライではなくブレかとw チャーシューは小振りながらもしっかり肉、メンマについては、ちょっと塩抜き過ぎで、固めのコリコリ歯触り。カマボコは金沢ラーメンの象徴、グルグル赤のの字。これです。コレコレ!完食。ご馳走様でした!

キスフライは肉厚で美味かったですね。これでワンコインはお値打ちものです。念の為に言い訳すると、魚処 厚生食堂に来るのは既に何度めかで、これまでは海鮮丼や焼魚定食等を何度か頂いており、今回初めてラーメンを頂きました。お値打ち価格で新鮮な海鮮料理が楽しめるのでオススメです!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(¥490)」@亀次郎の写真金沢朝ラープレース!

と言えばコチラ「亀次郎」。久々の金沢旅行故にしっかり伺って参りました!移転先は金沢中央卸売市場の近所だったんですね。これなら朝ラー客も多いですよね。

お店に入ると先客3。カレーの匂いが漂っているのは、先客がカレーラーメンを頂いているためです。ついついその香りにカレーラーメンにイってしまいそうになりましたが、初志貫徹で「ラーメン」を頂くことにしました。

以前の亀次郎のレビューを見ると、なんと11年前2007年! その時は¥390だったラーメンが現在は¥490と。当然値上げはされておりますが、今でもワンコイン以下をキープされているのは脱帽です。

お店は大将一人の切り盛り。以前の大将から変わっているんですかね?ちょっと覚えておりませんが、ゴルフが好きそうな色黒の大将です。強面ですが非常に優しい雰囲気を醸し出しております。接客もイイ塩梅です。

さて「ラーメン」。これは変わらぬビジュアルですねぇ~。先ずはスープを頂くと魚介も感じるフレーバーのスープは優しい醤油味。間違いなしのウマシカテ!トッピング具材は、チャーシュー1枚、カマボコ1枚、メンマにハードボイルドエッグ1/2。この赤いカマボコが金沢に着たことを実感させてくれます。

麺は中細ストレートながらも、しっかりとコシあるパツシコ麺。これも旨いですねぇ~ メンマは硬さも塩加減も丁度良い塩梅。そしてカエシ加減の強すぎないチャーシューは肉の旨味を楽しみながら、しっかりスープとの相性もイイ感じ。もちろん完食。スープも完飲で、ご馳走様でした!

自分にとって金沢ラーメンのベースラインがこの1杯。このベースラインにブレが無いことは嬉しいですねぇ~ まぁ、自分の味覚は季節と場所と体調と気分と前日のお酒の量で全然ブレブレなので、この様なベースラインが大事です!w 再び、ご馳走様でした!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「【年内限定】特濃にぼし中華そば(¥800)」@冨單の写真北陸の六厘舎インスパイア、ゲット!

二郎インスパイアの次は六厘舎インスパイアである。 本家だったら何とも豪華なリレーとなりますが、インスパイアだからなせる技! しかも金沢だからなせる技って感じもします。 マキシマムザラーメン 初代 極でラーメン(小)を頂いたあと、コチラ「冨單」へ伺って参りました。

2010年12月現在、石川県第1位となっている冨單。 以前は真打が不動の1位だったのですが、やはり時代は変わっております。 石川県にも豚骨魚介の波は押し寄せて来ております!w って今々って訳ではなく、もう少し前からだとは思うんですがw 少なくとも、自分がちょこちょこと金沢に来ていた3年前とは随分とラーメン事情も移り変わってきている様です。 それに石川県のRDBユーザさんも増えたみたいで、以前よりは随分と活況です。

お店は、店頭に細長い雪囲い?もあるので、冬でも温かく待つことが出来そうです。 まぁ、それを超えて並ぶような場合には、時間と寒さの2重の戦いと言う試練となってしまいますがw 流石に平日のランチタイムは、行列が出来ていることはなく、食券を購入後、直ぐに席に案内されました。 ちなみに本日は年内限定の「特濃にぼし中華そば」を頂くことにしました。

お店は店主と思しき男性と、もう一人助手の男性。 それに3人の女性と言う、何とも手厚い体制です。 センターで仕切っているのが、店主でしょうか。 キビキビと動き回りながらも、提供する全てのつけ麺、ラーメンの味をチェックしております。 逆に言うと、全く他の店員さんを信頼していないとも言えますが...(爆)

さて、「特濃にぼし中華そば」。 見た目からして、超濃厚です。 配膳してくれた店員さんが、「濃かったらスープ割りします。」と、ことわりを入れる理由が、一目で判るくらい濃厚な感じです。 先ずはスープを一口頂くと、正に魚介と動物の四つ相撲、ガップリと組んで両者譲るところがありません。 その両者に割って入ろうと、胡椒がピリっと効いております。「特濃」と言うだけあって、粘度以上に濃度がスゴイです!

それに反して、麺はあっさり中細丸ストレート面。 あっさりとしておりますが、スープとの絡みはしっかりとしております。 そしてそれ以上にスゴイのが麺のモチモチ感。 お餅のように弾力のある麺をススるとスープと一緒に勢いをつけて口の中に飛び込んでくるような、ゴムを咥える罰ゲームの様に思いっきり旨みが飛び込んできます。

トッピング具材で特筆すべきは、大きなチャーシュー2枚。 炙りチャーシューは、香ばしい香りと共に、肉の旨味をしっかりと感じます。 魚介香るスープの中で、動物の存在を改めてガツンと感じさせてくれるチャーシューです。 お陰でメンマの存在感が随分と薄くなってしまいました。

最後の最後まで濃厚で重厚なスープは、飲み干すにはちょっと塩気が強すぎますし、飲み干したら、間違いなく血圧が30は上がるかと思われるほど濃ゆいです。 スープ割りを頂いて完飲したいところでしたが、流石に2杯目だったので、そこまでは行けませんでした。

つけ麺のうまい店でも、あえてラーメンを食べる! その方が、本当にスープは旨み、ダシは旨みが確認出来ると思われますが、こちらのお店の濃厚は更に別物なので、つけ麺のつけダレの味の参考になるかは判りませんw

何れにしましても年内限定と言うことですから、これは頂いておきたいところだと思われます! > ペカっ!!さん!w ご馳走様でした! 旨いっす!

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(小)(¥700)」@マキシマムザラーメン 初代 極の写真北陸の二郎インスパイア、ゲット♪

北陸にもいつしか二郎インスパイアの風が吹き込む様になっておりました。 3年ほど前、ちょこちょこと金沢に訪れていた時は、二郎と言えば、「亀次郎?」と言うのが、金沢のラーメン事情だったと思われますw(多分)。 

ですが、今では二郎インスパイアらしき一杯を提供するお店は、コチラ「マキシマムザラーメン 初代 極」を筆頭に麺屋 神やぐら傾奇家本舗 前田慶次朗など、何店かあるみたいです。 という訳で、久々の金沢! ガッツリ二郎インスパイア頂いて参りました!

お店は金沢工業大学の目の前。 ラーメン二郎 三田本店が慶応大学の学生さんをターゲットとしている様に、マキシマムザラーメン 初代 極は金沢工業大学の学生さんを完全にロックオン! 平日のランチタイムは、100%金工大の学生さんです。 ただひとり自分を除いてはw

お店に入ると券売機が右手にあり、食券を買うと同時に、そのお隣に置かれている、お冷とレンゲを持ってカウンターに座ります。 関西の二郎インスパイア、ラーメン荘と同じ様なスタイルですかね。 お店は随分と広々としております。 カウンターの後ろには、店内待ち席まで用意されております。

コールは、配膳前に聞かれます。「ニンニク入れますか?」 本日は、「ちょことだけ!」と、 特にマシにすること無く、ラーメン(小)を頂きました。 で、配膳されたのが、この一杯です。 デフォの野菜の盛りはなかなか、イイ塩梅です。

モヤシとキャベツは7:3と言った割合でしょうか。 モヤシが細めの関西風のものなので、見た目以上にボリュームはあります。 でも盛りは割と軽く盛られているので、スープを掛け回すと、割とヘナっと少なくなりました。

先ずはスープを頂くと、しっかりと乳化されたスープは、これまた西の二郎インスパイア、ラーメン荘の雰囲気に至極似ております。 そしてしっかりとカエシが効いているところは、東の二郎インスパイアって感じの雰囲気です。 カラメですが、乳化スープで、和らげられております。 また砂糖が入れられていない点も、東のフレーバーです。 東と西の融合の二郎インスパイア! なかなかイイではないですか!

野菜を頂きながらスープに浸していくと、手のひら大の大きなブタが出現しました。 しかもこれがまたゆうに1センチは超えている分厚い物。 随分とタップリなボリュームです。 嬉しくなって、写真を撮ってしまいましたw かぶりつく感じで頂くと、ちょい辛めですが、肉質しっかり、正に肉なブタです。 旨いです!

麺は中太平打ストレート麺。 多少ゴワゴワ感のある茹で加減の麺は、しっかりとオーションが効いている感じでしょうか。 自家製麺か否かは判りませんが、お店の裏に、オーションの袋が見えたので、多分自家製麺かと思うのですが、なかなか素晴らしい、麺でもしっかりと二郎インスパイアしております! 金沢でここまでものが頂けるとは驚きです(失礼)。

ただ、やはりスープがカラメなので、完飲するのは、ちょいキツイです。 これならヤサイマシマシでも、しっかり最後まで美味しく頂けそうです。 ただブタもブタダブルも必要なさそうなボリュームのブタなので、自分には普通にラーメンでイイかな。 スープの下にも、ブタの端っこの小さいのが、幾つか入っておりましたから。 ご馳走様でした!

いやー、北陸、金沢の地で、これほどの正統派な二郎インスパイアが頂けるようになるとは、金沢のラーメン事情も変わりましあなぁ~ いやー、参りました!

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「中華麺(¥500)」@8番らーめん 金沢駅店の写真久々の金沢、でも団体行動なので好き勝手あっちこっち行けません。 と言う事で本日は金沢駅隣接の駅ビルにあるコチラ8番らーめん 金沢駅店へ伺い、基本メニューであろう「中華麺」を頂いて参りました。

先ず、「8番ラーメン」と比較して明らかに異なるのは「8番」のカマボコが載っておりません。 「じっくり煮込んだ特製スープが決めて」との謳い文句。 確かにスープの色もインスタントっぽい感じではありません。 一口頂くと、なかなかマイルドでストレートな仕上がりですが、確かに一ひねりある感が。 まぁ、言われなければ何も気が付かないかもしれませんが。

麺は中細の弱ちぢれ麺。 これはそこそこのコシで可も無く不可も無く。 でもこれも「8番ラーメン」とは一線を隔す感じですかね。 それにしましてもトッピングがちょっと寂しいです。メンマとチャーシューだけって、色味が良くないですねぇ。 ちょっと葉物が載れば嬉しいんですが... ご馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「中華そば、こってり(¥390)」@らーめん屋 元八 金沢駅前店の写真金沢駅前ポルテ金沢にあるコチラらーめん屋 元八 金沢駅前店へ伺って参りました。後から調べて判ったのですが、ここもハチバングループなんですね... まるでお釈迦様の手の中に居る孫悟空の様。金沢においてはハチバングループから逃れることは出来ない様です。

実際に食事をした時はそこまで判っていなかったのですが、なんとなく勘が働き、リスクヘッジのための一番安い「中華そば」を頂きました。ちなみに中華そばは、同じ値段で、醤油、塩、味噌、そしてこってりから味を選ぶことが出来ます。なので本日は「こってり」で頂いてみました。

中華そば、こってり。こってりはスープ表面に浮いている背脂からきているのか?!基本的には醤油スープですが、今ひとつはっきりしない味です。 トッピングはネギとメンマと薄っぺらい2センチ角のチャーシュー2枚。そしてそこにボソボソのストレート麺が入ります。「¥390と言う値段なんだから、しょうがないじゃん!」と言うのが前面に出ているラーメンです。高校生が部活の帰りに食べるラーメンって感じでしょうか...ご馳走様でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「蕪村そば(¥700)」@麺屋 蕪村の写真長野の有名店麺屋蕪村が金沢に進出。本日はコチラ麺屋 蕪村で「蕪村そば」を頂いて参りました。金沢の夜の繁華街、片町のちょっと裏手。香林坊からも近いので、昼の客も夜の客も見込める、非常に良い場所にお店を出されているなぁと言う感じ。でも、基本的には裏通りなので、口コミで広がっていくか、ラヲタしか行かないであろうと言う感じでもある。まぁ、近江町市場で長野名物のラーメンを出しても売れんでしょうから、良い選択です。

「蕪村ソバ」は魚介鶏白湯スープ。なので、一先ずスープのカテゴリーは「その他」とさせて頂きました。味わい的には「豚骨魚介」の様な感じです。スープはザラザラとした魚粉のざらつきが残りつつ、鶏白湯の濃厚な粘度がこれまたコッテリと絡みつくスープ。味わい的には魚介を強く感じつつも、鶏白湯も来る... コントラストがはっきりしない。逆を言えば、2つの旨みが渾然一体となった感じです。

麺は中太ストレート麺で、透明感のあるモチモチ麺は、氷見うどんの様な感じがします。それがこの濃厚スープにサッパリとした食感と味わいを演出する様な感じか。なかなかいけます。トッピングのネギが水にさらされていたので、辛味はなくて良いのですが、ちょっと水っぽかったのが残念。チャーシューとメンマについては、このスープの中では随分と存在感が薄く感じる。

コチラ麺屋 蕪村は、何も言わずともこのスープのインパクトが大きい。こんな味わいのスープは初めてです。旨かった〜。ご馳走様でした!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「つけめん(¥700)」@咲くら屋の写真午前中は大阪、金龍ラーメン 難波千日前店でラーメン。午後のおやつは京都、宝屋 京都拉麺小路店でラーメン。そして夜はコチラ金沢で咲くら屋でつけめんを頂きました。そして実は、ランチは奈良でパスタを食べているので、本日4食麺類です。1日4麺。1日1麺さんの4倍です...

金沢へは久々の上陸です。気が付けばペカっ!!さんが随分魅力的なお店を登録しているではありませんか!これは行かない訳には行きません。ラーメンを頂くつもりだったのですが、本日既に2食ラーメンを頂いているので、本日はつけめんを頂くことにしました。

つけめんのつけダレは普通のラーメンドンブリに入れられます。なので、妙に持て余した感じです。コチラ真打の流れを汲んでいると言うことですが、つけダレは随分と色が濃い感じです。先ずはつけダレをそのまま頂いていみると、かなりカエシが強めです。豚骨もスープを投入する瞬間は豚骨の良い香したのですが、随分と平坦な感じでは有ります。つけめんのつけダレとしては、ちょっと合っていない感じはあります。写真を見て頂いても判るかと思いますが、あんまり美味しい感じの色味ではありません...

麺は中太のストレート麺。これもコシがあると言うよりかなり硬め。スープにトロミもないので、麺の絡みもあまりよくないので、スープと麺を交互に頂く感じでしょうか。でもつけダレもカラメなので、ちょっと頂きづらい感じです。やはりココはラーメンを頂けば良かったかなぁって感じです。ご馳走様でした。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「野菜味噌らーめん(¥840)」@らぁめん麦の家 みそ膳 金沢店の写真石川県庁の程近くコチラらぁめん麦の家 みそ膳 金沢店に伺い「野菜味噌らーめん」を頂いて参りました。コチラのお店「ご当地味噌巡り」と題して各地の味噌のらーめん(ちょっと怪しいのもありますが)が用意されております。毎回違う味が楽しめる(全11種)ので、なかなか面白いかも知れません。なのに本日は「野菜味噌らーめん」。野菜てんこ盛りの写真に釣られて、ついコレをオーダーしてしまいました...

写真ではよく判らないかも知れませんが、ドンブリはすり鉢なので結構大きめです。なので野菜の盛りもかなりのもんです。熱々に炒められた野菜に熱々スープが入れられているので、かなり食べるのは手強いです。もちろん舌は火傷しましたが... お店の暖房が効いているので食べている内に汗が噴出してきます...

野菜炒めの油もあるせいかスープ表面には結構油が浮いております。スープは割りと甘めの味噌味。ただコクがある感じではないので、ニンニクを追加すればいい感じだと思われます(今日は投入しませんでしたが)。太麺もなかなか美味いのですが、熱々なので、なかなか食べられなかったので、多少延び気味でしたが... ご馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件