なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あかいら!

男性 - 東京都

東京都城南エリアのレポート! ラーメンデータベースを中心に、オールラウンドで活動中。最近は、「うどんデータベース」「そばデータベース」にもボチボチレポートを上げております。もっぱら立喰専門ですが...(汗) Profile Image: Copyright (c) 2015 d'Holbachie-Yoko All rights reserved.

平均点 75.004点
最終レビュー日 2019年10月18日
4,044 3,429 0 6,844
レビュー 店舗 スキ いいね

「海老むじゃきそば(¥780)」@麺屋 むじゃきの写真海老の無邪気感満載!

世の中ゴールデンウィークですから遠出しましょう!ってことで水戸にぶぃーんっと。一時はコチラ「麺屋 むじゃき」へ伺い「海老むじゃきそば」を頂いて参りました。茨城県でもランキング上位のお店ですからさぞかし混んでいるんだろうと思いきや、外待ち3人と割と穏やか。まぁ、GWにラーメン食べるために遠出する人は違うところに行きますよねw

さて「海老むじゃきそば」。海老のフレーバーがかなり満載ですねぇ~ ザラザラと舌にも感じる甲殻類感がイイ感じです。ベースの濃厚鶏白湯に煮干系のフレーバーも感じます。2重3重と重なるフレーバーが複雑に絡み合ってます。

トッピング具材は、極太メンマ、チャーシュー2種。青ネギ、刻み玉葱。極太メンマのコリコリ感がイイ塩梅。チャーシューは鶏チャーと豚チャー。鶏チャーはあっさり、豚チャーはこってり楽しめます。麺は中太ストレート、コシもあってイイ塩梅です。完食、完飲、ご馳走様でした!

水戸ナンバーワン、とったどー!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件
80

「喜元門(¥760)」@喜元門の写真ご機嫌モノ!

近くて遠い茨城。 如何せんチャリっとイケないところは、自分にとっては異国ですw と言うことで、遠出の時に常磐道を途中下車、コチラ「喜元門」へ伺って参りました。

ちょっと早めのランチタイムは丁度満席。 故に店内の待席でしばし待ちます。 って言うか、コチラのお店、厨房が滅茶苦茶広いですねぇ。 なのに席は18席しかありません。 テーブル12席(4人席x3)は、4人席を2人で座るので、なかなか回転悪いですよね... まぁ、イイんですけど。 更には1人のお客さんの場合は、カウンターが空くまで待ちとなるので、テーブルが空いていても、誰も案内されないという状況... うーむっ... 本日は券売機のポールポジション。 店名を拝する「喜元門」を頂くことにしました。

待席で食券を回収する際に、5種類のチャーシューから1つをチョイスします。 直火焼き、炭焼きと、どれも魅力的ですが、本日は低温調理チャーシューを頂くことにしました。

さて「喜元門」。 ナカナカステキなファーストインプレッションじゃないですか! 低温調理チャーシューがステキです。 先ずはスープを頂くと、鶏ガラ豚骨魚介のスープは、非またおま系な味わい。 チョイ粘度もあるスープは麺にもしっかり絡みます。 麺は中細ストレート。 プリっとプツッとした食感がイイ塩梅。 トッピング具材は、海苔に魚粉。 メンマ、ネギ。 そして何より低温調理チャーシュー。 これが柔らかくて旨いですねぇ~ しっかり完食、スープも完飲で、ご馳走様でした!

流石、茨城で5本の指に入るお店、ナカナカ旨いじゃないですか! 恐るべしつくばw また、ブイーンと来たいと思います。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「小ラーメン(¥700)」@ラーメン二郎 茨城守谷店の写真初茨城上陸!

二郎全店制覇を目論んでいるのですが、札幌とかいつになったら行けるんでしょう?(涙)更には会津若松にまでオープンされると言う... いつまでたってもイタチごっこですw そう言えば茨城にもあったよねと、本日はコチラ「ラーメン二郎 茨城守谷店」へ伺って参りました!実は茨城初上陸!そして「いばらぎ」と打つと変換されないこと、今日知りました...(汗)流石にチャリっと行ける距離ではないので、常磐道をぶいーんと車で伺って参りました。

お店に着くと店頭に5人ほど行列。「楽勝じゃん!」って思ったら店内にも10余席の待ち席があります。まぁ、それでも土曜日の総本山や神保町の行列に比べれば全然ノープロブレムです。お店に入ると右手に券売機。豚、豚ダブルは売り切れランプ点灯中。そして豚は仕入価格高騰により+¥150とか... まぁ、お目当ては「小ラーメン」ですのでこれまたノープロブレムです。お店にはテーブル席が1卓だけあり、なんと茨城英才教育ちびっ子ジロリアンも居るじゃないですか!幼少からこの味に慣れてしまったら、どうなってしまうんでしょう?!スエオソロシス!正にサラブレットなマイルドヤンキー&ハードジャンキーです!w

程なくしてカウンターに案内。厨房を仕切っている店主は以前三田でお見かけしたことがあるような... そして殺伐感はないものの、店員さんはそれなりの緊張感を持って仕事されているのが伝わってきます。実は店主、ナカナカ厳しいんでしょうね。それでもお客さんには優しい言葉で接客されております。カウンターの布巾もマメに洗われて交換されているので、ナカナカ衛生的にもイイ感じです。ただ、エアコンの効きがイマイチなのは、致し方なしですかね。しっかり店主が麺上げもされております。コールは「小ラーメン、ニンニクは?」本日は「ニンニクヤサイアブラ」でお願い致しました。それが写真の1杯です。なかなかでろ~んと背脂がトッピングされております。

レンゲは給水器のところにありますので、お冷を取ってきたタイミングでゲット。先ずはスープを頂くと、微乳化のスープは、アブラの層もプリタツでなかなかオイリー。まぁ、アブラコールしているのもあるかと思われますが。そのアブラの層の下のスープは豚骨醤油で、カネシがシャープに効いております。三田のフレーバーに至極似ている感じです。スープにニンニクをパラリと投入するのは、ジュニアの伝導でしょうか。そういう意味では、親子二代の三田の伝承と言う感じです。

ヤサイは調度良い茹で加減、品川以上三田未満で、シナとは行かないがシャキ過ぎない絶妙な茹で加減です。アブラと一緒に頂くと旨いじゃないですか!モヤ率は7割。異常気象で野菜高騰の折りですが、キャベツもたっぷりで嬉しいです。芯までしっかり茹でられているのが、とても好印象です。

麺はオーション香るJフレーバー。中太平打ストレート麺が、これまた丁度イイ塩梅の茹で上がり、硬すぎない麺が、しっかりと小麦の味わいを楽しませてくれます。量的にはそれほど多く感じなかったのは、やはりモノホンカネシを暫く頂いていなかったが故だと思われます。気がついたら麺はほとんど無くなっておりました。

豚はしっかり厚みもありながら、それでも食べやすい厚みにカットされているところに店主の気配りが感じられます。やっぱり豚はアームっすよねぇ~ 硬すぎず、柔らかすぎず、アブラ加減も丁度いい塩梅で、申し分なしです!しっかり完食。最後は背脂追いかけてスープもグビグビ頂いてしまいましたが、このカネシ完飲したら、夜のビールが止まらなくなりそうなので、半分ほど残してご馳走様でした!

食後、「ご馳走様でした~」と告げると、店主も気持ちよく「ありがとうございました~」と送り出してくれます。殺伐二郎もJらしくて好きですが、こういう比較的アットホームなJもイイですね~ そう言う意味では、三田や目黒ではお見かけしない家族連れも多く来店されてましたから。再びご馳走様でした!

よっしゃ~、これで関東圏のJ全制覇~!!と思ったら、イケね松戸忘れてました...(瀧汗)その軌跡は密かにコチラに...w
http://supleks.jp/community/view/3/thread/2

投稿 | コメント (20) | このお店へのレビュー: 1件