なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あかいら!

男性 - 東京都

東京都城南エリアのレポート! ラーメンデータベースを中心に、オールラウンドで活動中。最近は、「うどんデータベース」「そばデータベース」にもボチボチレポートを上げております。もっぱら立喰専門ですが...(汗) Profile Image: Copyright (c) 2015 d'Holbachie-Yoko All rights reserved.

平均点 74.983点
最終レビュー日 2019年9月19日
4,027 3,413 0 6,745
レビュー 店舗 スキ いいね

「ラーメン(¥650)」@ラーメン荘 これが好きだからの写真ラーメン荘制覇、三度!

西宮にオープンされた「ラーメン荘 これが好きだから」。とうとうラーメン荘は兵庫にも進出です!と言うことで、本日早速伺って参りました。如何せん、目の毒レポートを待っている方が居らっしゃいますでの、電車代使ってわざわざ、頑張ってジャンキーな一杯をレポートです!w

店頭まで来ると、お隣の居酒屋さんに配慮して、妙なとぐろを巻いて行列が出来ております。その他のラーメン荘同様、手作り感たっぷりのお店と言う感じですが、こちらのお店は何処よりも手作り感たっぷりと言う感じです。壁に思いっきりマジックで営業時間が書かれていたりしますw

券売機を見ると、基本メニューは、ラーメン、豚、豚ダブル。ちなみに並(300g)と大(400g)は同一料金と言う素晴らしいサービス精神。もちろん本日は「並」でお願いしました。大は、目の前に並んでいる大学生軍団(女性2名も含む)に任せることしますw 団体客が多かったので、割とサクサク、前に進ませて頂き、あっという間に店内となりました。

店内は、カウンター席とテーブル席。もと居酒屋と言うだけに、ラーメン屋としては非常に使いづらい作りとなっております。本日は手前のテーブル席に着席しました。ちなみに、レンゲ、箸、おしぼりは入り口ではなく、カウンターとテーブルの間、お店の丁度真ん中あたりに配置されております。これもどうもイマイチ使いにくい配置です。

コールは配膳の直前。厨房内で調理している店員さより掛かります。本日は「ヤサイ、ニンニク」でお願いしました。その一杯が写真のブツです。

ヤサイのボリュームはそれほどでも無いように見えますが、コチラの一杯は、デフォで背脂がトッピングされ、カエシが掛けられるので、多少ヤサイは、スープの中に圧縮されている感じです。先ずはスープを頂くと、微乳化のスープは、ちょっとカエシが強め、更には西のJらしい、ちょっと甘めのスープなので、濃ゆい感じではあります。でも味わい的には、ちょっと平坦な感じであります。

ヤサイは、モヤシが7割、キャベツが3割。キャベツは随分と大きくザク切りされた大きなもので、モヤシとキャベツは別々に茹でられてトッピングされているのかも知れません(未確認です)。シャキシャキの茹で加減はイイ塩梅です。豚は大きめな塊のものが1つと、小さめの塊が幾つも入っております。随分とボリュームたっぷりです。味わい的には随分としっかりとカエシに浸けられている様で、ちょとカラメな豚です。

麺はラーメン荘らしい、中太平打ちビラビラ麺。波打っている麺のエッジが、イイ塩梅にスープを絡めてくれまず。ちょっとボソった食感もラーメン荘デフォと言う感じでしょうか。そしてやはり麺量300gはボリュームタップリですね。おなかいっぱいです。ご馳走様でした。

これで、再度、いや三度のラーメン荘制覇です!!

投稿 | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば(¥550)」@光明軒の写真西宮市民のソウルフード?!

兵庫県初上陸は、創業昭和20年と言う老舗中華そばのお店「光明軒」へ伺って参りました。 老舗中華そばのお店なんて言うと、随分と由緒正しき歴史ある燻銀のお店を想像してしまいますが、コチラのお店は、そんなことは全くおくびに出さない。 至って普通の街の中華屋さんと言った風情です。

ただ普通の中華屋さんと異なるのは、そのメニューの少なさ。 メニューは「中華そば」と「ご飯」のみ! トッピングなんてものはありません。 まぁ、プラス¥50で、固ゆで玉子を追加してくれるという噂は聞きましたが。 基本的には質実剛健なラーメン屋さんです。 本日は「中華そば」を頂きました。

もともと先代は、屋台の中華そばからスタートしたと言うだけあって「中華そば」は、至ってシンプル。 ドンブリにカエシを投入して、その後に大さじ一杯山盛りの化調をど~ん!w そしてスープが注がれます。 そこに麺が入れられ、手際よくトッピングされて完成です。 小さめのドンブリの一杯が、女将さんの手によって配膳されます。

先ずはスープを一口。 スープは西のフレーバーの豚骨スープがベースの醤油味。 砂糖が入っていないので、カエシの効いたスープは、なかなかイイ塩梅です。 西のフレーバーは、この場合、ちょっと砂糖を効かせる事が多いのですが、効いているのはタップリの化調なので、自分好みです(爆)

トッピングは、1/4固ゆで玉子に、タップリの青ネギ、それに薄手のチャーシューが何枚も(4~5枚)入っております。 更には茹でられた細もやしなんかも入っており、この価格にしては十二分のトッピングです。

麺は細ストレート麺。 ちょっと柔らかめの茹で加減は、先代から受け継がれた茹で加減だと思われますので、ここはありがたく頂きます。

一子相伝のこの味わい、間違いなく西宮市民のソウルフードフードであると思われます。 そして、食後、間違いなく、喉がカラッカラになりましたw ご馳走様でした!

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件