なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あかいら!

男性 - 東京都

東京都城南エリアのレポート! ラーメンデータベースを中心に、オールラウンドで活動中。最近は、「うどんデータベース」「そばデータベース」にもボチボチレポートを上げております。もっぱら立喰専門ですが...(汗) Profile Image: Copyright (c) 2015 d'Holbachie-Yoko All rights reserved.

平均点 75.004点
最終レビュー日 2019年10月18日
4,044 3,429 0 6,844
レビュー 店舗 スキ いいね

「煮干しそば(¥750)」@麺処 いち林の写真群馬県のエクスペリエンスアップ!

本日は群馬県渋川市で断とつナンバーワンであるコチラ「麺処 いち林」へ伺い、「煮干し」を頂いて参りました。場所は渋川伊香保インターからほど近い場所。関越道からのアクセスはイイですね。戸建てのお店は最近改装されたんですかね?真新しさを感じます。

お店に入ると右手に券売機。醤油、塩、煮干し、担々麺と、なかなかカラフルなバリエーションですが、本日は煮干しをセレクト。少々待ち席で待機の後、店内へ。お店は夫婦舟でのオペレーションですかね。黒のお揃いのTシャツ。JazzyなBGMとオシャレ感満載です。食券をキュートな女将さんに提示すると、中細麺・手もみ麺の別がコールされるので、もちろん手もみでお願いした次第です。

さて「煮干し」。ふんわりと香り立つ煮干しはいい感じですね。カエシもマイルドでニボフレーバーを邪魔しておりません。トッピングは、海苔、刻み青ネギ、刻み紫タマネギ、1本もの穂先メンマと豚チャーシュー2種。低温調理のものとトラディッショナルなもの。穂先メンマは柔らかく旨いですし、チャーシューは、どちらもその特徴がイイ感じに効いております。

そして手もみ麺。これもモチモチとした食感で旨いです。小麦の香りも爽やかに感じます。臭みを消すために青ネギ、紫タマネギが加えられているかと思われますが、エグみも魚臭さもなくスッキリとまとまっております。スープも完飲で、完食。ご馳走様でした!群馬も奥が深いですねぇ~

ちなみにこの後、伊香保温泉に向かいましたが、麺処 いち林以上の待ち行列、大渋滞にめげて、引き返してしまいました...(涙) 石段駆け上がりたかった... 足湯でバシャバシャしたかった...

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「豚骨魚介つけ麺(¥730)」@自家製ラーメン 大者の写真Cyborg II coming soon?!

突然決まった大蛇ツアー。以前はこのツアーを指折り数えて心待ちにしていたのですが、今回は前日の夕方に突如決定!指折り数える暇がありません!と言うことで、心の準備もないままにwコチラ「自家製ラーメン 大者」へ伺って参りました。自分にとっては2回目の訪問です。

開店時間の11時チョイ過ぎに店頭に到着。多分シャッター待ちをされていたお客さんが丁度入られたところで、店頭、店内ともに行列はなし。さらにはカウンターも50%の客の入りと言う感じです。それ故「豚骨魚介つけ麺」の食券購入後直ぐ席に着くことが出来ました。ファーストロットのお客さん達が、キッチリ1番席から詰めて座られているので、郷に入っては郷に従えと言うことで、余計な空席は作らずにキッチリ詰めて座ります。

食券をカウンターに置き、自分が座ったのは、丁度女性店員さんの目の前。あれっ?前回の時と違う、若いおネエさんの店員さんになっております。前回訪問した際は、サイボーグ店主の奥さんかも?と言う噂も立つような妙齢のご婦人でしたが。本日のおネエさんは、随分と若め。アイメイクもバッチリの小姐と言う感じの店員さんです。非常に物静かに愛想なく対応されております...(爆)

そして久々のサイボーグ店主。前回訪問時は、ちょっと太って愛想もよくニコニコと幸せいっぱいと言う感じでしたが、本日拝見した感じでは以前のらーめん大 大森店の時の雰囲気に至極近づいている様な気がします。カエシをバットの中でかき混ぜる様に至っては正に平和島の映像がフラッシュバック!と言う感じでしょうか?!やはり忙しい日々にお疲れなのかも知れません。是非、定休日を設定することを提案したいと思います。如何でしょう?>サイボーグ店主

それ故か否か分かりませんが、お店の雰囲気はなかなか殺伐としております。まぁ、ほとんどがお一人様なのかも知れませんが、明らかにカップルの2人もやけに声を殺して会話しているようにさえ思えてきます。そんなに殺伐とする感じではないのに...とも思いますが、皆さん真剣にラーメンを食べに来ているんだろうと言うことで、自分も静かにサツバツしますw

程なくしてサイボーグ店主からコール。コールはコチラを見て「トッピングぅ?」でした。本日は「ニンニク、アブラ」でお願いしました。

さて「豚骨魚介つけ麺」。先ずファーストインプレッションとして、豚がデカすぎ!両方共にエンドカットな豚は、ゴロンゴロンと2つも入っております。その他にちょっと小さな塊も2つほど入っております。なので先ずはその豚を口に放り込んで味わいます。脂身のほとんどない豚ですが、いつも通りの柔らかさでなかなかイイ塩梅です。若干カエシが強いので、直ぐにモヤシも放り込んで一緒に頂きます。美味いです!

麺は中太平打弱ちぢれのウネウネ麺。水で〆ているのでコシはシッカリとしております。つけダレに浸けて頂けば、アーティフィシャルな魚介の香りにドスンと豚骨のフレーバーがベースとなって濃厚な味わいです。つけダレも濃ゅい感じですが、大量の野菜で少しずつイイ塩梅になっていく感じです。ちなみにつけダレに浮いている大きな白い塊がエクストラアブラです。なかなかジャンキーです。ただ、つけ麺の場合は、つけダレの中にメンマが入っているので、メンマと遭遇すると、妙な安心感がありますw

モハモハワシワシ、夢中になって食べているとあっという間になくなった感じです。途中でヤサイマシにしなかったことを何気に後悔しつつも完食! ご馳走様でした。

食後「ご馳走様でした~」と席を立つと、「ありがとうございま…」と語尾が不明確になっているあたり、以前のサイボーグだった頃の片鱗が見え隠れしております。また以前の様に「エラ~イ」に戻ってしまう様な気がしてなりません。せめて、愛想のイイ小姐、まぁ、妙齢のご婦人でもイイですが、愛想のイイ感じのバイトさんと一緒にお仕事となれば、サイボーグ店主も再び人間の心を取り戻せるんじゃないでしょうか... 再び、ご馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (24) | このお店へのレビュー: 2件

「ラーメン(¥700)」@自家製ラーメン 大者の写真暖々より格段! 笑顔のサイボーグ!!w

行って参りました「自家製ラーメン 大者」! 忍者信さんの車に乗ってジャムおじちゃん(充電中...)さん、二三郎さんと共に。 サクっと行って、サクっと食べて、サクっと帰ってくる。 白衣大観音も見ない、高崎市内観光もしない、ストイックな完全大者ツアーですw 目指すはサイボーグ店主のみです!

お店に入ると、おっ! いらっしゃいました! サイボーグと呼ばれたらーめん大 大森店の元店主。 メガネを掛けて雰囲気は変わっておりますが、何気に立った髪の毛が、昔の雰囲気を懐かしく思い出させてくれますw 何だか目頭が熱くなってきた様な気がしましたが、それは気のせいかも知れませんw 本日はデフォの「ラーメン」を頂くことにします。

店内には、サイボーグ店主と女性店員さんの2名体制。 お互いに声掛けずとも連携して仕事をされているあたり、息がピッタリです。 もしかしたら奥様なのか? 本当のところは判りませんが、まぁ、サイボーグ店主の笑顔を見れば、幸せそうなことは分かりますw 「エラーイ」ではなく、ちゃーんと声を掛けられるているあたりからも、らーめん大 大森店時代との違いが見て取れます。

コールだって、指差確認だけではありません。 ちゃーんと、「次の方?」と聞いてくれます。 本日は連食も視野にヤサイマシはせず、「ニンニク、アブラ」でお願い致しました。 その一杯が、この写真です!

先ず何がスゴイって、野菜の頂に横たわっている葛餅みたいなものが 背脂の塊です。 背脂チャッチャではなく、寸胴から取り出し棒状の背脂が、デロ~ンと上に載っけられております。 そして更に圧巻なのは豚。 直系5センチ厚さ1.5センチの豚が1枚と、エンドカットの部分、おはぎみたいな大きさの肉塊が入っているではないですか! 食べる前から興奮させられます!w

先ずはスープを一口頂くと、何これ! 暖々とは全然、別物ではないですか! 乳化されたスープは、カエシをマイルドに包み、暖々のの時よりも尖った感じがなくなった様な感じ。 正にサイボーグ店主の丸みと笑顔が、このスープに表れている感じです。 旨いです! 言う事なしです! これは参りました!

麺は中太平打弱ちぢれ麺。 茹でる前は若干灰色掛かっているのもらーめん大 大森店時代と一緒です。 しっかりとしたコシと小麦感じる麺は、正にハートを鷲掴み! ハムハムと頂くしか出来ません!w しかも麺量がらーめん大 大森店の1.5倍はありますでしょうか? 食べ応え十分です。 もちろん旨さは十二分です!

そして豚。 色が濃くって、カタイんじゃないの?って思った豚は、全然違います。 赤身部分はしっかりとした噛み応えの中に旨みが詰まっており、脂身部分は、トロトロ赤身を覆いながら、口の中でとろけて行きます。 正に豚のメルティーデープキッスですw 旨くって困っちゃいます!

野菜の茹で加減もパーフェクト! 女性店員さんが、綺麗に野菜を選別してくれるので、その愛情と共にシャキシャキの野菜を頬張れるのは、正に至極の時です。 デロ~ンと載った背脂と合わせて、美味しく頂きます。 大満足です! スープもほとんど完飲してご馳走様です!

暖々の時より格段にスープがうまくなった大者! イヤー、高崎の皆様が羨ましいです!w スミマセン、取り乱してしまいましたww 再びご馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (30) | このお店へのレビュー: 2件