なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あかいら!

男性 - 東京都

東京都城南エリアのレポート! ラーメンデータベースを中心に、オールラウンドで活動中。最近は、「うどんデータベース」「そばデータベース」にもボチボチレポートを上げております。もっぱら立喰専門ですが...(汗) Profile Image: Copyright (c) 2015 d'Holbachie-Yoko All rights reserved.

平均点 75.004点
最終レビュー日 2019年10月18日
4,044 3,429 0 6,844
レビュー 店舗 スキ いいね

「夜鳴きそば(¥0)」@天然温泉 金華の湯 ドーミーイン岐阜駅前の写真名物夜鳴きそば!

岐阜の夜はコチラ「天然温泉 金華の湯 ドーミーイン岐阜駅前」に宿泊。ドーミーインって必ず天然温泉付きなのでイイですよね。結構よく利用させて頂いております。そして「夜鳴きそば」もよく頂いておりますが、レポートするのは今回が始めてです。

さて「夜鳴きそば」。本日の夜鳴きそばは岩のりタップリですねぇ~ ドンブリ半分が覆われております。先ずはスープを頂くと、ベーシックな醤油スープはティピカルでオーセンティックでオーディナリー。至って普通の醤油スープです。麺は中細弱ちぢれ。これに至っても、ノーマルでスタンダードでナッシングスペシャルなものです。メンマについてもジェネラルでシンプルでユージュアルなモノです。岩のりがプリタツで嬉しいです!あっさり完食で、ご馳走様です!

ドーミーインの「夜鳴きそば」は宿泊客であれば無料なのですが、別にカードキーやルームナンバーをチェックする訳ではないですから、シレッと外から入ってきても食べれそうな気がします。まぁ、そこまでリスクを負って食べるほどの1杯ではありませんが...w

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「特製ゆず塩らーめん(¥770)」@ゆず塩らーめん 一兆家の写真新旧閑散...

岐阜駅に降り立つ、まるで新幹線でも通っていそうな超立派な駅舎。そして駅前のペデストリアンデッキも仙台駅並みに大きいのですが超閑散... 土曜の夜だから?というのもありますが、イヤイヤ、駅前で星空観察会が開けるほどにネオンまたたかない駅前って... 寂しさ募る、岐阜。

そしてもちろんパラダイスにも足を踏み入れるのですが、どことなくネオンが寂しい。団塊の世代と言われるたくましい時代の生き証人が黒服で立っているのですが、すでに初老... 手招きする姿にも疲労が感じられ、もしかしたらお店のお姉さんも団塊の世代?!とちょっと二の足を踏んでしまう様な、岐阜。

駅前なのに、昭和の遺産ともいうべき問屋町は、夜だからシャッターが閉まっているのかと思えば、テナント募集中の張り紙もあっちこっちに貼られており、お昼でもシャッター街であることがうかがい知れる状況。その問屋街を見下ろすように超巨大マンションも立っておりますが、何気に生活感どころか、稼働している感が窺い知れないお寒い状況。県民は何処へ... そんな、岐阜。

それでもペデストリアンデッキを渡った先の小路には、ぼちぼち活気あふれる飲み屋街があるじゃないですか!不思議なことに、岐阜の飲み屋さんってオープンスペースなお店が多く、半テラス的なところで杯を重ねておられます。お店の雰囲気も良く分かってイイかも知れませんね。キレイな店員さんなんかを見つけてしまうと、ふらふらと吸い寄せられそうになります。ステキな岐阜。

誰かが、「岐阜は美人が多い!」と言っていたが、それもまんざら嘘じゃないかも!なんてあっちこっちの女性をチラチラとガン見w 名古屋に比べると格段にステキじゃない?なんて言ったら名古屋嬢に怒られそうですが、もしかしたら知らない土地に来てテンションが上がっているだけかもしれません。そんなイリュージョンな、岐阜。

そしてそぞろ歩いている時に何気に見つけたコチラ「ゆず塩らーめん 一兆家」で、看板メニューである「特製ゆず塩らーめん」を頂いて参りました。時間的にサービスタイムで大盛無料ではあったのですが、連食、もしくは特殊公衆浴場への欲情再燃も鑑み、オファーは丁寧に断りました。

さて、「特製ゆず塩らーめん」。先ずはスープを頂くと、花鰹がタップリと載せられているので、そのフレーバーが移っておりますが、あっさり塩味のスープは柚子の香りもほんのりとナカナカイイ塩梅です。低加水の麺が、柔らかいスープの中で、優しい味わい。歯応え抑え目もイイ塩梅です。

トッピング具材は、ネギ、細モヤシ、チャーシュー、ゆでたまご。あっさりスープにあっさりな面子の具材がイイ塩梅。チャーシューも脂身少ないライトでヘルシーなものだったのが、イイコンビネーションですね。あっさり完食、スープもほぼほぼ完飲で、ご馳走様でした! 岐阜美人と同様に色白で細いこの1杯はナカナカイイ感じです!w 岐阜、また来なければ!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「台湾惚郎並(¥770)」@めん家 一麺惚の写真Jに惚れてw

直系二郎のない岐阜。そんな岐阜でJインスパイアを提供されているコチラ「めん家 一麺惚」。お店に「東京発」と書かれているのは、本当は三田発と書きたかったのか?イヤイヤ、多分、岐阜あたりだと東京発と言うキーワードで売り文句になるんでしょう...(本当か?!)そして、そんなJに惚れて付けられた「惚郎」なのに名古屋にも浮気して「台湾惚郎」って... 東京にも名古屋にもどっちつかずながら流石岐阜って感じです!

多治見駅からトホトホ徒歩。車社会の岐阜では、歩いている人なんか居ません。そう言えば多治見って熊谷みたいに最高気温の記録をマークしたところですよね?!故に歩いている人なんか居ないわけです... それだけで事故です。ジリジリと照りつける太陽。直射日光を避ける建物もない通り。 お店にたどり着けるだろうか... まぁ、1キロ程度なので10分程度で到着。でも、すっかり汗だくです。

お店は平屋の小さな建物。暖簾をくぐると、カウンターに中に店員さん2名。揃いのTシャツで仕事をされております。入口券売機で食券を購入し、店員さんに提示するやいなやコール。「トッピングは?」「ニンニク入れますか?」と矢継ぎ早w 本日「ヤサイマシ、ニンニク、背脂ダブル」でお願いしました。それが写真の1杯です。エライタップリな盛りにも見えますが、如何せんドンブリがマイクロです。普通のラーメンどんぶりの2割減なサイズなので、麺量、野菜量ともにボチボチです。

背脂ダブルにしてしまったので、分かりづらいですが、モヤシの上には台湾たる、肉味噌がトッピングされております。それ故モヤシは、その肉味噌と背脂で美味しく頂くことが出来ます。ちなみにモヤ率は90%。ほぼモヤシながら、台湾が故にニラもトッピングされているので、ちょっとカラフルです。台湾ですが、それほど辛さはなく、ピリ辛程度なので、美味しく頂けます。

程なくして麺が顔を出します。中太弱ちぢれ麺は、調度良い茹で加減。麺的には、まぁ普通のラーメンと言う感じで、モヤシとニンニクと背脂、およびそれらのフリートッピングでJフレーバーを演出と言う感じでしょうか。スープは豚骨台湾。しっかりと乳化豚骨スープに、台湾のカラメのカエシで、グビグビ頂くにはちょっと辛い感じです。ブタについては小さめのホロトロのものが2塊。これについては、イイ塩梅です。

なかなかイイんじゃないですか「台湾惚郎」。名前だけだと、単に台湾に恋い焦がれた輩みたいですが、まぁ、ある種、岐阜らしいJインスパイアな1杯です。野菜、麺は完食し、スープも半分ほど頂いてご馳走様でした! ナカナカ楽しめた次第です! これは東京のJインスパイアでも取り入れてみてもイイんじゃないですかね台湾J!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン300(¥800)」@男は黙って前を行け!の写真極太!強うねり麺!爆盛!

岐阜のJインスパイアを求めてコチラ「男は黙って前を行け!」へ。人生初の岐阜県上陸ながら、いきなりJインスパイアに行かなくてもイイでしょうって話もありますがw しかも名古屋からヒット&アウェイ的にストイックにこのお店だけに来ましたw

開店と同時にお店に到着。券売機ではなく店頭で店員さんにオーダーを告げて精算するシステム。デフォの「ラーメン300」を告げて入店。そのタイミングで「ニンニク入れますか?」とコール。もちろんビギナーですからw「お願いします。」とだけ応えて入店。先客ゼロの貸切状態。店内には、数々の芸能人の来店写真で飾られております。でも一番写真が多いのはもちろんコチラの大将ですw

程なくしてお店に来たのは2組の家族連れ、皆さん、親御さんの分だけオーダーして、お子様分は取り分け用の丼を頂いております。流石岐阜!ファミリーにも優しいJインスパイアです。それにしても就学前からJインスパイアって、スパルタですね~w岐阜!ww 程なくして自分の「ラーメン300」が配膳。午前中から刻みニンニクてんこ盛りです。キタ━(゚∀゚)━!ww でも、丼それほど大きくないので物量はそれほどでもありません。

先ずはスープを。微乳化なスープに優しめのカエシ。グビグビ頂ける豚骨醤油スープです。背脂がコクを補完しつつも、比較的あっさりな飲みくちです。それをヤサイに掛け回して頂きます。モヤ率100%?! あれっ?キャベツあったっけ?って感じのヤサイの盛り。随分と浅茹でなので、シャキシャキな歯触りです。豚は50gとのことですが、如何せん薄めの豚はあまり食べ応えはありませんが、午前様なので十分な量です。しかしながらJインスパイアを謳うのであれば、もう少し豚に力を入れて頂きたいところです。

そして、コチラのお店、何より特筆すべきは麺。割り箸の太さのその麺は、ぐりんぐりんと強うねりで、ワシワシゴワゴワと言うより、ワシワシモチモチ。しっかりとした歯応えながら、弾力のあるモチモチっとした麺が旨いです。Jインスパイな中には、「コシ」を「硬い」と勘違いしているお店もありますが、コチラのお店はしっかり弾力モチモチまいう~です。これはイイですねぇ~ ハムハムモハモハ頂きます。そしてもちろん完食で、スープは半分ほど頂いて、ご馳走様でした!

岐阜のJインスパイア!ナカナカレベル高いじゃないですか! 豚が弱く、ジャンキー感には物足りなさはありますが、このモチモチムチムチ麺は旨いです。岐阜ぐらい頑張らないと!w 再び、ご馳走様でした!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件