なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あかいら!

男性 - 東京都

東京都城南エリアのレポート! ラーメンデータベースを中心に、オールラウンドで活動中。最近は、「うどんデータベース」「そばデータベース」にもボチボチレポートを上げております。もっぱら立喰専門ですが...(汗) Profile Image: Copyright (c) 2015 d'Holbachie-Yoko All rights reserved.

平均点 74.981点
最終レビュー日 2019年9月22日
4,028 3,414 0 6,746
レビュー 店舗 スキ いいね

「塩らぁめん(¥700)」@自家製麺 えなみの写真福島市ナンバー2ゲット!

東北遠征の道すがらコチラ「自家製麺 えなみ」へ伺い、メニューのポールポジションにある「塩らぁめん」を頂いて参りました。

お店は東北道福島飯坂ICから2.6キロ、車で5分ほどのところ。イオン福島店の側にお店はあります。お店に来ると店内満席で、店内待ち席4人、店外待ち席に1人と言う状況。しかしながら行列は伸び続け、入店時には10人以上の待ち行列となっておりました。タイミング良かった!

店内小洒落た内装で、福島も垢抜けたお店あるのねと関心させられます(失礼!)店内には小麦粉の袋も山積みにされ、自家製麺を演出しております。程なくして「塩らぁめん」が配膳されます。

さて「塩らぁめん」。表面の鶏脂がびっしりと膜を作るほど張られているます。先ずはスープを頂くと、これが超熱!ですが、スッキリとした飲み口のスープはイイ塩梅ですね。無化調らしく尖りがなく、マイルドなスープとなっております。これは飲み続けられるスープですね。旨いです。

麺は細ストレート麺。低加水な麺と言う感じで、これまたあっさり頂ける感じ。特筆すべきは川俣軍鶏肉。これがコリコリと旨いですね。更には鶏肉団子、鶏チャーシュー、豚チャーシューと肉三昧で、どれも旨いです。メンマもシッカリとした歯応えのもので、これもイイですね。

店内黒板のメニューにはワンタンも入っている旨記述ありましたが、ワンタンは見つけられませんでした。しかしながら非存在証明は難しいなぁ~と諦めます。まぁ、その他の具材が期待以上の旨さだったので満足しております。もちろんスープも完飲で完食。ご馳走様でした!

ゴールデンウィークで、混んでいるサービスエリアで大して美味しくもないラーメン食べるくらいなら、福島飯坂ICで途中下車して、コチラのラーメンを並んででも食べたほうが満足感は高いと思います。つけ麺の極太麺も美味しそうでした。再び、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(¥650)」@味世屋食堂の写真ラーメン復興支援

チーナン食堂を目指していわき市へ。しかしながら材料切れ早仕舞いでフラれてしまい、コチラ「味世屋食堂」へ伺ってラーメン復興支援をして参りました。

お店はキレイに建て替えられております。復興の嬉しさはありながら、昔のお店の様子が描かれた絵が飾られていたりと、やはり負った傷は大きいですよね。ホールには女将さん、厨房には大女将の姿が見えます。丁寧でほのぼのとした接客に癒やされます。本日は「ラーメン」を頂きました。

自分の後に来た老夫婦。何も言わずとも「ラーメンね。」と女将さんから逆にオーダーが告げられ、ニコニコされております。ご近所の常連さんって感じで世間話もちょっと弾みます。常連さんには玉子1/2がトッピングされておりましたが、それも長くお店をやっているお店の愛かと思われます。

さて「ラーメン」。スタンダードで昔ながらラーメン風情。もう見た目だけで味わいが伝わってくる感じです。先ずはスープを頂くと、鶏ガラメインながら優しい味わいのスープは、滋味あふれる醤油スープ。ちょっと脂分が多いのも特徴だと思われますが、決してオイリーではありません。

麺は中細弱うねり麺。ちょっと柔らかめ茹で加減ながら、なかなかイイ塩梅。そして、大きなドンブリではないですが、結構な麺量が入っております。大盛¥150に大盛躊躇しましたが、躊躇しといて良かったと言う麺量ですw

トッピングは、チャーシュー2枚、かまぼこ2枚、ほうれん草にメンマ。メンマはコリコリした歯触りで塩加減も絶妙。チャーシューはちょっと固めですが、薄いのでノープロブレム。カエシ加減もイイ塩梅です。ほうれん草、もっと欲しいと思わせるイイ塩梅の箸休め加減。まぁ、自分がほうれん草好きと言うだけですが。かまぼこも2枚と言うところが泣けますよねw

途中で、胡椒やお酢をアドオンする事はせず、スープをそのまま完飲で完食。ご馳走様でした。小名浜ノスタルジックラーメン、スバラシス!僅かならのラーメン復興支援です。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「極太手打ちチャーシューメン(¥670)」@食堂なまえの写真極太手打ち麺の贅!

本日はコチラ「食堂なまえ」へ伺い「極太手打ちチャーシューメン」を頂いて参りました!って、まるでピンポイントでコチラに来て、この1杯をオーダーした様な書き方ですが、実は坂内食堂 喜多方本店:休業(定休日じゃないのに...涙)、まこと食堂:超長蛇の列に愕然...で、コチラに流れ着いた次第ですが、まぁ吉と出ましたねぇ~

お店はまさに食堂と言う感じで、大きなテーブル1つ、小さなテーブル2つのこじんまりとしたスペース。2Fには座敷もあると言うことですが、時折人が降りてきて、時折人が通される感じで、1F席に納まってしまった自分は窺い知ることは出来ませんw お店は大将と女将さんの夫婦舟。優しそうなお二人です。

甲子園の準決勝第一試合、仙台育英の勝利に酔いしれながら大分待ちましたね... テーブルに座ってから1時間近く待ったでしょうか。まぁ、その分、ゆっくりたっぷり高校野球を見ることが出来たので全く問題ありませんがw 出前もやられているみたいで、ナカナカ厨房は手一杯と言う感じです。あれっ?デリバリーは誰が担当しているんでしょう?!

さて「極太手打ちチャーシューメン」。チャーシューはエクストラで分厚いものが2枚追加されております。先ずはスープを頂くと、鶏ガラベースに微かに感じる魚介のフレーバーは、ザ・喜多方ラーメンと言う感じ、更にはカエシもマイルドなので、滋味深いスープをシミジミドリンキングなスープです。ウマシカテ!チャーシューもカエシマイルドでまさに肉を味わうもので、エクストラは分厚いので、脂身の甘みも楽しめるものとなっております。

そして極太手打ち麺が秀逸!ワシワシゴワゴワながらもモチモチの麺は歯応えプリタツで旨いです!まさに自分が求めていた麺はコレだーって感じです。メンマは、ちょっと塩分低め過ぎて、味気ない感もありますが、コリコリの歯触りはイイ感じです。スープがマイルド故に、合わせるとこうなりますよね。まぁ、旨味は麺からタップリ頂けますので、ワシワシモハモハ完食。もちろんスープも完飲で、ご馳走様でした!

喜多方ラーメン、どこで食べても間違いありませんが、どこも一緒じゃないところが、またイイですよねぇ~ で、羨ましいですよねぇ~ 老後は喜多方に住みたいと切に思うのでしたw

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「小ラーメン(¥650)」@ラーメン二郎 会津若松駅前店の写真ラーメン二郎フルコンプ!

2007年から始めたラーメンデータベース。9年越しでようやくラーメン二郎全店制覇と相成りました!始めたころは東京近郊ばかりだったので、まぁ、1年以内に出来るかな?と簡単に考えていたのですが、栃木街道、仙台、札幌とどんどん遠方に支店展開され、なかなか苦難の道となってしまいました... が、本日コチラ「ラーメン二郎 会津若松駅前店」で、ようやくフルコンプリート! ラーメン二郎全店制覇となりました。 ブラボー!

ランチちょっと前の入店で、店内待ち10名ほどに接続。その後続々列は伸び外待ちまで出る状況。それでも休日のランチタイムでその程度の行列ですから、まぁ、悪くはないですね。そして、お客さんにはジロリエンヌも多いですね。まぁ、基本彼氏(パパ?)と来ている訳ですが... そぞろと進む列。15分くらい待ったでしょうか?でも、カウンターの中の様子や、ヤサイマシの塩梅とかチェックしていたので、それほど待っていなかったかも知れません。イヤ、それ以上待っていたかも知れませんが、既に心はカネシ漬けw 全然苦にならない時間です。

さて「小ラーメン」。ニンニクアブラでお願いしたのが写真の1杯です。先ずはスープを頂くと、なかなかしっかりした乳化スープは旨いですねぇ~ 豚骨のコク、カエシの効き、そして背脂の旨味、甘みが渾然一体となっております。なかなか旨いですねぇ~ これは直径の中でもかなりイイ塩梅の方に入るかと思われます。

ヤサイはデフォでもイイ感じ。モヤ率は70%。シャキシャキヤサイは背脂とスープをまとい旨いです。更にその奥から出てくる麺。中太平打弱うねり麺が、オーションしっかり旨いです。ワシワシモハモハ麺は、野猿から送られた製麺機謹製です。ヤサイ、メン、ヤサイ、メン、スープと食べ進めて参ります。

そしてブタ。赤身メインのブタは、なかなかしっかりとした歯応え。故に背脂と共に頂きます。分厚くてしっかり肉な味わい。そして、丼の底からエンドカットのブタの脂身が。これは店主の心意気か。ヤサイ、ブタ、メンを完食。スープも半分ほど頂いて、ご馳走様でした!

ラストを飾るに相応しい、高乳化スープ!これは旨いです!会津若松の皆さんがウラヤマシス!w 再び、ご馳走様でした!

ラーメン二郎全店制覇の軌跡はコチラに!
http://supleks.jp/community/view/3/thread/2

投稿(更新) | コメント (28) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば(¥650)」@あべ食堂の写真喜多方朝ラータウン!

喜多方のオバちゃんに聞いたら、喜多方の人は本当に朝ラー食べるとか。お客さんは観光客じゃなく、地元の人が本当に多いとのこと。素敵です喜多方! 老後はココで暮らすことに決めましたw と言うことで本日はコチラ「あべ食堂」で朝ラーです。それにしても喜多方。本当に朝ラーのお店多いですねぇ~ スバラシス!

お店は残念なことに喫煙... 後から知ったのですが、お店の奥にある素敵な蔵座敷は禁煙です。故に禁煙希望の方は蔵座敷をリクエストされるとイイでしょう。禁煙で、尚且つ喜多方らしく蔵で頂けます。ステキです!と言うわけで、本日は紫煙の流れるお店で頂きました...

さて「中華そば」。小さめの丼ながら「ザ・喜多方ラーメン」と言うビジュアルです。先ずはスープを頂くと、旨いですねぇ~ 背脂チャッチャと浮いた醤油スープは、あっさり旨し! 魚介の香りもイイ塩梅ながら、しっかりコクのあるスープです。

麺は平打ちぢれビラビラ麺。コシもしっかり旨いです。チャーシューは5枚も入っていてステキ。しっかりした肉質感がいい歯触り、旨いスープ、麺とともの頂けば言うことなし。メンマは細くてコリコリいい歯触り、これも申し分ありません。そして最後はスープにお酢を落とせば、更に旨さオン!あっさりフィニッシュ!でもスープは我慢して、ほんのちょっとだけ残して完食。ご馳走様でした!

イヤイヤ、朝ラータウン喜多方!ステキです!ウマシカテ!その後、ラーメン神社も参拝しましたw

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「ふくしまブラックメン(¥700)」@らーめん工房 墨乃家の写真大品麺会@福島!

予約名:酒乱で始まった大品麺会@福島。飲み放題ですから黒霧ロックグビグビ行っちゃいました。もちろん酒乱さんも黒霧ロックグビグビ。その後更にはフィリピンパブでガッツリ。新人さんは可愛いんだけどまだ日本に来て日が浅く、英語とタガログでしかコミュニケーションが出来ないとか... もはやボディランゲージしかないですねw と言うわけで、とってもディープに福島を楽しんだ次第です。で、〆ラーはコチラ「らーめん工房 墨乃家」。もうすっかり呑んだくれですから、全く覚えておりません(爆)残っていたのは記録のみ(汗)スープだって醤油だったのか何なのか?麺も細かったのか太かったのか?まぁ、写真を見れば分かるのですが、それは見た目だけで、そこから思い起こさせるものは全くありません... うーむっ。ご馳走様でした。そして、酒乱さん、あざーっす!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「焼豚ワンタン麺(¥1,070)+半熟煮玉子(¥100)」@とら食堂の写真白河ラーメンの旗艦!

お正月は美味しいものを食べたいですよね!ってことで、白河ラーメンのフラッグシップ、コチラ「とら食堂」へ伺いしました。 カーナビ誘導で伺ったのですが、目茶苦茶田舎ですねぇ~(失礼!) お店は畑のど真ん中にある感じですねぇ~ 何故かそこだけ行列が出来ているという、吹きっさらしは、冬はナカナカ寒くて厳しいです...(汗)

今後行く方のために... お店に着いたら、先ずはお店に入りファミレスの様にウェイティングリストに名前を書く必要があります。 そのリストのエントリー順に呼ばれますのでお忘れないようにw 本日は外のベンチほぼ最終位置と言う感じでスタートし、30分くらいの待ちだったでしょうか。 お店は広いですが、まぁまぁ待ちますね。

程なくして店員さんより呼ばれ、お店の中に入ります。 なかなか時間が掛かる理由は、4人席のテーブルや、5人席の小上りでも、相席させることはなく、1組のお客さんを案内するからですね。 まぁ、食事するには相席だと気まずい感ありますから、それでイイのですが、それ故に席数は多いのに、回転が悪い感じとなります。 お客さんが家族連ればかりだと逆に回転がイイかも知れませんが... 本日は、お正月ですから奮発して「焼豚ワンタン麺」を、更には「半熟煮玉子」まで頂いちゃいます!

さて「焼豚ワンタン麺」。 はじめに「半熟煮玉子」だけ別皿提供されますが、折角ですからドンブリにトッピングして写真を撮ります。 先ずはスープを頂くと、鶏ガラベースのスープが旨いですねぇ~ 鶏油も効いており、コクもありますが、カエシはマイルド、でもしっかりと効いている醤油スープです。 旨いですねぇ~ 間違いない味わいです。

そして特筆すべきは麺。 中細平打強ちぢれ麺は、もちもちシコシコ旨いです! 手打ち麺らしい味わいが、白河ラーメンらしさと、醤油スープとの相性で、素晴らしいバランスです。 旨いです! そして具材がまたスバラシス! 焼豚は7枚も入っているのですが、豚モモ肉と、豚バラ肉の2種の焼豚。 香りもよく、肉の弾力もよく、脂身のバランスもよく、もう旨いというしかない焼豚です。 間違いなく、コチラのお店に来たら、焼豚麺か、焼豚ワンタン麺を食べなくちゃイケません!

そしてワンタンは5個。 しっかりしたワンタンの具はこれまた肉質感タップリ。 ワンタンはちゅるんと旨いです。 柔らかいです。 ネギのシャリシャリ感もステキです。 そして濃ゆい緑のほうれん草もシャキシャキと旨いです。 そしてもちろん見た目でわかる半熟煮玉子も、黄身のトロトロ感がステキです! もちろん完食、完飲でご馳走様でした!

いや~、流石、白河ラーメンのフラッグシップ! 接客もスバラシスで、間違いない旨さです。

投稿 | コメント (20) | このお店へのレビュー: 1件

「ねぎらーめん(¥514)+メンマ(¥105)」@幸楽苑 吾妻PA店の写真福島行ったら幸楽苑!

「行くぜ東北!こりゃたまらんらん」渋滞に巻き込まれる前にコチラ「幸楽苑 吾妻PA店」で腹ごしらえ。と言うか、パーキングエリアにもちゃんとしたラーメン店があるってスバラシス!しかも福島県らしく「幸楽苑」と言うのが何より嬉しいです。本日は「ねぎらーめん」にプラス、メンマトッピングで頂きました!

こちらは食券制ではなく事前精算性。先にオーダー、精算後。ブルブルピーピーの鳴り物を受け取ります。程なくしてブルったところでラーメンを受け取り空いている席に坐。頂きます。

「ねぎらーめん」は醤油フレーバー。らーめんプラス¥100でねぎらーめんなのは嬉しいですね。通常ラーショ系だとプラス¥150だったり、高いところだとプラス¥200だったりしますからね。ラー油の掛かったネギがシャキシャキと美味し!追加でトッピングしたメンマもコリコリと美味し!

ベースとなる醤油スープは極旨ベース。しかしながら基本の中華そばとその違いは分かりません... それでも十二分に美味いスープを堪能して、最後はお酢をぐるりと1周してスッパーとすることも忘れずに、スープも半分ほど頂いて高速でフィニッシュ!ご馳走様でした!

やはり本場の幸楽苑のらーめんは美味いです!w

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「伊達鶏とろそば(¥900)」@支那そば 正月屋の写真今行かずしていつ行く?!

今が旬?と言うか、今行かずしていつ行くと言うお店コチラ「支那そば 正月屋」へ伺って参りました。屋号に「支那そば」と書かれているんだから素直に支那そばを頂けば良いものを、ついつい変化球の「伊達鶏とろそば」なるものを頂いてしまいました。と言うのも...

「魚だしをたっぷり使い塩味のそばを柚子と醤油の香りで召し上がって頂くそばです。柔らかジューシーな胸肉が美味しい逸品です。」

塩味のそばを醤油の香りで召し上がるってどういう事?!と、キュリアスジョージがついつい出てしまった訳です...

さて「伊達鶏とろそば」。簡単に言うならば、塩らーめんに、鶏胸肉とネギの醤油あんかけをトッピングしたラーメンです... なんかとっても拍子抜けです。確かに鶏肉はプリプリで旨いのですが、ベースとなる塩スープが分かりません。更には柚子もタップリと入れられたあんかけなので、全てのフレーバーが柚子で覆い隠されております。昨日の「ニボ中華」といい、今日の「伊達鶏とろそば」といい、何気に柚子に邪魔されている感じです。

麺は中細弱ちぢれ麺。入り口脇に製麺室がありましたので、自家製麺だと思われますが、これはなかなか良い塩梅です。それでも醤油柚子あんかけが強すぎて、全てがぼやけてしまっている感じです。ご馳走様でした。やはりベーシックな支那そばにすれば良かったと後悔もしましたが、同行者の支那そばのスープを頂いたら、まぁ、そうでもないかなって感じです(爆)うーむっ...

投稿 | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件

「蔵出味噌(¥680)」@会津屋の写真夏の風物詩、渋滞と高校野球とパーキングエリアのラーメン

帝京が大逆転で敗退してしまい、都民の期待は日大三高に全てが掛かっている、。そんな第93回高校野球選手権大会。ラジオから応援です。もちろん東北自動車福島西あたりで渋滞に巻き込まれながら... これぞ日本の夏、お盆の正しい過ごし方と言った感じですw

そんな渋滞に巻き込まれつつも、吾妻パーキングエリアにあるコチラ「会津屋」へ伺って参りました。喜多方ラーメンのお店が故に醤油ラーメンを頂かなければいけないところですが、気が付いたらポールポジションにある「蔵出味噌」なる食券を押しておりましたw まぁ、喜多方は蔵の街ですから、きっと蔵出味噌も旨いはずです(本当か?)。

で「蔵出味噌」。味噌ラーメンらしく、タップリの野菜がトッピングされておりますが、これはどうも茹でただけの野菜と言った感じです。スープに浸して頂かないと味気ありません。ちなみにスープは、濃ゆい赤味噌ベースのスープ。デフォでチョイ、ピリ辛な感じが蔵出たる所以か?そんな事はないかと思われますがw

麺は中太平打弱ちぢれ麺。手揉み感もありますが、パーキングエリアのラーメンで、リアル手揉みであることはないでしょうw なかなかしっかりとしたコシで、悪くありません。ただ、野菜のほかにひき肉なんかが入れられていないので、随分とあっさりした感じです。奥行きがありません。まぁ、パーキングエリアのラーメンとしては上出来ではないでしょうかw ご馳走様でした。

それにしましても日大三高。開星に逆転されるシーンなんかもあって、とってもハラハラ。帝京の大逆転劇なんかもあったので、4点差ではうかうかしていられません。お陰で楽しく渋滞を過ごすことが出来ましたw 渋滞でゆっくりラジオを聞くのもいいものですw

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件