なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あかいら!

男性 - 東京都

東京都城南エリアのレポート! ラーメンデータベースを中心に、オールラウンドで活動中。最近は、「うどんデータベース」「そばデータベース」にもボチボチレポートを上げております。もっぱら立喰専門ですが...(汗) Profile Image: Copyright (c) 2015 d'Holbachie-Yoko All rights reserved.

平均点 75.004点
最終レビュー日 2019年10月18日
4,044 3,429 0 6,844
レビュー 店舗 スキ いいね

「煮干し中華(並)(¥950)」@末廣ラーメン本舗 秋田駅前店の写真秋田ラーメン代表!

秋田のラーメンと言えば「末廣ラーメン」と言うのが個人的な認識でしたが、秋田版ラーメンデータベースを見ると現在はナンバーワンは竹本商店★つけ麺開拓舎となっておりました。令和の時代ですから秋田ラーメンもある種代替わりの時なのでしょうか...

それでもナンバーツー、ナンバースリーには末廣ラーメンがゆるぎない感じで鎮座されております。本当は末廣ラーメン本舗 秋田山王本店へ伺いたかったのですが、旅のスケジュールの関係で本日は「末廣ラーメン本舗 秋田駅前店」へ伺って参りました。

お店に入り券売機を見ると、これまで見たことない「煮干し中華」を発見!本日はそれを頂くことにしました。お店は男性店員さん2人と女性店員さん1人で切り盛り。男性店員さん1人がラーメン調理担当。もう1人が炒飯調理担当。ホールが女性店員さんと言うフォーメーションです。

さて「煮干し中華」。見た目は末廣ラーメンのデフォの中華そばと変わらない雰囲気です。先ずはスープを頂くと、シャバシャバ系ですが、ニギニギしくニボニボしております。これはイイですねぇ~ カエシ加減も強すぎないので連続でレンゲを運ぶのですが、液体背脂+ニボ油がスープ表面に膜を作り熱々スープが一向に冷めず、連続でスープを頂いていると喉が熱くなります。慌ててお冷で消化活動です(汗)

トッピング具材は海苔、ネギ、ナルト、メンマ、チャーシュー。メンマは極太ながら、歯応えはそれほど硬くはありません。色味的には塩気脱ぎすぎな色合いですが、味わい的にはそんなことありません。チャーシューは薄切り豚肉がタップリ。まるで豚丼の様にタップリとニクニクしく入れられております。麺は中細ストレート。茹で加減は中庸。多少粘度のあるスープをしっかりと絡めとります。もちろん完食。スープも汗をかきながらほぼほぼ完飲。ご馳走様でした!

末廣ラーメンで高田馬場店だけが飛び地の様にありますが、青森、盛岡、秋田、山形、仙台と東北の県庁所在地に点在しているんですね。これで福島にも出来れば東北6県の末廣制覇に強力な意義が出来てくるのですが、いつか出来ることを信じて!これは末廣ラーメン全店制覇も狙わないとイケないですね!と、個人的なライフワークが増えた秋田旅はこれにて終了です!再び、ご馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「小 油っぽく(¥650)」@ケンちゃんラーメン 秋田店の写真ケンちゃんラーメン in 秋田!

秋田県版ラーメンデータベースに初上陸!と言うことで、もちろん伺うのはコチラ「ケンちゃんラーメン 秋田店」です。

一般的には「何故?」って感じかと思われますが、ケンちゃんラーメン全店制覇を目論むものとしては、秋田県も伺わなければイケない聖地の1つです!w

お店は秋田駅から車で30分ほどのところ。国道7号線を北上して、その通り沿いにお店はあります。店頭には狭い駐車場。7台ぐらいしか駐車できないんじゃないですかね?それでも皆さんキツキツに詰めて駐車されております。お隣にはガランと無駄に広いマクドナルドの駐車場、空いてます...

お店に入ると左手に券売機。「小 油っぽく」をセレクト。同じ小でも、セレクトする段により、油の量、うす口指定を選ぶことが出来ます。ちなみに濃いめは、セルフでカエシを投入するとの事です。食券を購入してすぐ横に居る女将さんに渡します。その際に自分が座る場所を確認されますので、空いているカウンター番号を告げて、その宣言通りのカウンターに着席します。

さて「小 油っぽく」。海苔がセンターにトッピングされて配膳されたのですが、折角の油っぽくの背油が隠れてしまっていたので、海苔をチャーシューの上に移動して写真を撮ります。トッピング具材は、センターにダイス背油、タップリチャーシューに海苔1枚、そしてメンマとネギと言う面々です。

先ずはスープを頂くと、鶏ガラに魚介も感じられるスープは山形県酒田のフレーバー!間違いなしのケンちゃん品質です。しかも秋田は味わいもライトで、本場よりもあっさりとした味わいに感じられます。そして間違いなく言えるのはウマシカテ!最近は東京でも静かに酒田ブームが来ておりますが、これがソレ!間違いないですよね。

麺は中太平打ちビロビロ麺。カタメのワシゴワ食感も間違いなしのケンちゃん品質。小麦の香りがダイレクトに来ます。極細ながらもコリコリ食感のメンマもイイですよね。チャーシューもタップリ。チャーシューは脂身少なめでヘルシーなので、タップリでも全然頂けちゃいます。もちろん完食。残ったスープにはカウンターに置かれた「唐辛子入りお酢」で、辛味と酸味をオン。もちろん完飲。ご馳走様でした!

コチラでケンちゃんラーメンの最北端制覇ですが、ケンちゃんラーメン全店制覇への道のりはまだまだ続きます。楽しいです!w

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件