なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あかいら!

男性 - 東京都

東京都城南エリアのレポート! ラーメンデータベースを中心に、オールラウンドで活動中。最近は、「うどんデータベース」「そばデータベース」にもボチボチレポートを上げております。もっぱら立喰専門ですが...(汗) Profile Image: Copyright (c) 2015 d'Holbachie-Yoko All rights reserved.

平均点 75.004点
最終レビュー日 2019年10月18日
4,044 3,429 0 6,844
レビュー 店舗 スキ いいね

「彩鳳オリジナル担々麺(¥1,278)※」@中華料理 彩鳳の写真羽田空港も着々と(※税抜価格)

本日は国内線第1ターミナルにあるコチラ「中華料理 彩鳳」へ伺い「彩鳳オリジナル担々麺」を頂いて参りました。

お店は、ちょっと小綺麗な中華飯店風情。チャイナドレスのお姐さんが接客です。黒いチャイナドレスのサイドのスリットに目が釘付けです(汗)

ランチはセットメニュー推しと言う感じですが、そこまでリッチなランチはアカンだろうと、単品麺類を頂くことにしました。が、どれを選んでも値段は一緒。と言うことで、オリジナルの当該メニューを選択した次第です。

さて「彩鳳オリジナル担々麺」。確かにちょっと変わった面持ち。センターには花椒(ホワジャオ)が振られております。そしてその下にはタンタンミートやナッツ、その他不明な香辛料が色々トッピングされております。先ずはスープを頂くと、花椒の効いた坦々スープは、濃厚で、ピリ辛で、なかなか旨いじゃないですか!故に青梗菜がイイ塩梅の箸休めになります。

麺は低加水の極細ストレート。エンジェルヘアの様な細い麺が、坦々スープをタップリと絡めとってくれます。故に花椒もタップリと絡んでくるので、ファーストコンタクトで、思いっきり喉の貼り付き、思わずムセてしまいました。ちょっと涙と鼻水を我慢しつつ頂きます。

スープはスープというよりも、まるで具材という感じ。ザリザリパリパリムニムニと色々な味わいと歯触りと香りを楽しむことが出来ます。麺と具材を完食。デフォで穴あきレンゲがセットされてきますが、穴開きレンゲは登場することなく、ドンブリを傾けて汁完。ご馳走様でした!

羽田空港のお店も着々と攻略しておりますが、国際線のセキュリティゲート内にある六厘舎 羽田空港店が最大の難関です。海外にお出掛けする予定が無いもので...

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚坦々つけ麺(¥680)※」@肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場 平和島店の写真ノー餃子オーダー(※税抜価格)

本日は餃子が売りのコチラ「肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場 平和島店」へ伺い「濃厚坦々つけ麺」を頂いて参りました。

健康で健全な生活を送る好青年は、お休みだからと言ってお昼から酒を飲むような事は致しません。お店に入るなり「食事だけでも大丈夫ですか?」と確認。OKとのことなので表題メニューをオーダーしました。店員さんは「一緒に餃子も焼きましょうか?」と営業仕掛けてくるものの。「要らないです。」と素っ気ないお客さん。餃子のお店で餃子を食べないとは失礼極まりないですね(爆)

さて「濃厚坦々つけ麺」。麺は湯気がもうもうと上がって熱盛で提供されます。先ずはつけダレだけ頂くと、胡麻の香りの濃ゆいつけダレは確かに濃厚です。でも坦々でありながら辛味はゼロ。具材はひき肉のみと非常にシンプルです。まぁ、基本は呑んだ後の〆に頂くつけ麺ですから、ある種オマケ的な感じですかね。

つけダレに麺を浸けて頂けば麺の歯応えもイイ塩梅で、悪くありません。でも、やはり担々麺で辛味が無いのは寂しいですね!と言うことで、ラー油を一周してスパイスオン!濃厚ピリ辛坦々フレーバーにします。麺量も非常に少ないので、あっさり完食。つけダレもひき肉を追いつつ結局完飲。ご馳走様でした!

次回も餃子は食べずにスルーして、「鶏出汁にゅー麺」とやらを頂きに肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場 大森店へ伺いたいと思う次第です!w

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「辛味噌担々麺(¥500)※」@らーめんぶたまろの写真カマタのニューカマー(※オープン記念価格)

麺場ながれぼし跡地に居抜きで今月オープンされたコチラ「らーめんぶたまろ」へ伺い「辛味噌担々麺」を頂いて参りました。

場所は環八外回り。京急蒲田駅から第一京浜を川崎方面へ進み、環八外回りを羽田方面に向かったところにお店はあります。ぶたのキャラクターの看板がお出迎えしてくれるので、直ぐにお店は分かるかと思われます。

お店は店主1人のソロオペレーション。お店に入ると右側に券売機。現在はオープン記念と言うことで、「オープン記念」と書かれたボタンを押下し、食券を店主に提示すると「味噌ラーメンと担々麺どちらにしましょう?」と確認されます。担々麺を選んだ場合は、「大辛、中辛はどちらにしましょう?」と更に確認が入りますので、本日は大辛でお願いしました。

厨房には大きな中華鍋が2つ並べられております。大将は片方にラードを投入しモヤシを炒めます。そしてもう片方の中華鍋でスープを作られます。モヤシ炒めでお店の中は煙で真っ白に。そして換気扇で徐々に霧が晴れていく感じ。毎回調理の都度そうなりますので、中華鍋のファイヤーショーと共にアトラクション的な感じですw

さて「辛味噌担々麺」。センターに炒めモヤシがトッピングされ、その上に針唐辛子。水菜、刻み紫玉ねぎ、胡麻、ネギ、そしてタンタンミートもタップリです。赤く色付いたスープを頂くと、担々麺フレーバーと言うよりは、味噌フレーバーなタンタンと言う感じですかね。味噌が色濃く出たスープとなっております。大辛ですが、それほど辛くないです。粘度がドロリとしたスープは具材に良く絡みます。

菅野製麺所の中細弱縮れ麺も、これまたスープにしっかりと絡みます。水菜が唯一箸休め的な感じですが、如何せんスープが濃ゆいので休まることはありません。ライス欲しいかも!そんな濃度のスープです。後から来たお客さんがライスとと炒めモヤシ増し(¥100)にされておりましたが、それで丁度イイ塩梅かもしれません。もちろん完食。スープもタンタンミートを追って、ほぼほぼ完飲。ご馳走様でした!

カウンターにティッシュも置かれているので、熱くて辛くて鼻水垂れてきても問題ありませんw そして冷たいお茶もセルフで呑み放題なのが嬉しいですね。暑い日中に熱い辛味噌担々麺頂いて、汗が流れましたが、ティッシュとお茶に救われましたw 再び、ご馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「担担麺+半チャーハン(¥780)」@座・麻婆唐府 高田馬場本店の写真四川タンタンメン&ライス!

本日はコチラ「座・麻婆唐府 高田馬場本店」へ伺い、ランチめん定食の中から「担担麺+半チャーハン」をチョイス。頂いて参りました。

お店は8割、大陸のお客さん。もちろん店員さんも大陸の方。お店の公用語は中国語で、すっかりアウェイ感があります。まぁ、新宿から池袋の界隈は、既に大陸の方に占領されている感は否めないですからね。高田馬場には中国語だけしか書かれていない看板もありましたw

さて「担担麺+半チャーハン」。先ずはスープを頂くと、日式のスープとは全然違います。辛味メインのスープですが、それほど辛くないのは、もしかしたら日本人向けに合わせて頂いているのかも知れません。胡麻の風味はありません。以前北京で食べた担担麺が思い出されます。
北京担担:https://ramendb.supleks.jp/review/663445.html

担担ミートの部分を食べてみると、ナッツと生姜の香りがイイ塩梅です。辛味と甘味が融合しております。担担ミートの下には茹でモヤシと青ネギタップリ。イイ箸休めとなります。麺は中細ストレート。低加水麺故に一気にススります。麺はドンブリの中で一塊になっているので、ほぐすと麺量がどんどん増えます。辛味スープが麺の隙間にどんどん絡んでいきます。もちろん完食!

残ったスープは、お役通り担担飯、タンタンライスとして頂きます(料理写真としてアップ)。ランチめん定食は、ライスとサラダ、味玉がフリー故、ライスを取りに行き、残ったスープを掛け回します。普段、ラーメンにライスは付けないのすが、このタンタンライスだけは治外法権ですw 完食完飲、ご馳走様でした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「【数量限定】担々麺 ミニ(¥880)」@ラーメン宮郎の写真カラマシシビマシニンニクマシ!

らーめん飛粋へ向かうと店頭に行列がありません。「おっ!」と足早に向かうと、反対側から来たお客さんが店頭で入口を凝視して踵を返す姿を確認... どうやら臨休の様ですね。と言うことで、自分はそのまま店頭を通り過ぎて、次の候補を考えます。

駅の反対側に出て、コチラ「ラーメン宮郎」へ。バーボンストリートを歩いていると、またまた店頭に行列がありません... こちらも臨休か?と焦ったら、イヤイヤ、ちゃーんとオープンされておりました。お店に入り「限定 ミニ」の食券を購入。店員さんに食券を渡すと、辛味、痺味、葫味の調整について確認が入りますので、表題コールでお願いしました。

さて「担々麺」。何気に「ぽい」ビジュアルですw 先ずはスープを頂くと、ラー油の辛味がなかなかカラカラ来ます。そして山椒のシビシビもしっかりと感じられます。悪くないですねぇ~ そしてニンニクもタップリと添えられているのでスープ全体に馴染ませます。辛味の裏に芝麻醤も感じられます。トッピング具材は、水菜、茹でモヤシ、タンタンミート。タンタンミートが軟骨交じりか、コリコリとした歯応えがいい塩梅です。

麺は極太ストレート。ゴワゴワムチムチ麺はごっつい歯応えです。そして小麦の香りがそのままに。これは担々麺の麺じゃないですね。しっかりJ系な担々麺と言う感じです。食べれば食べるほどに顎が疲れ、そしてスープを頂けば頂くほど、ニンニク臭が口全体に広がります。もちろん完食。スープはタンタンミートを追いかけて、ご丁寧に完飲。ご馳走様でした!

悪くはないのですが、隣でラーメンや汁なしを食べているお客さんが豚バラロールチャーシューをかぶりついているのを見ると、タンタンミートが物足りなく感じてしまい、コストパフォーマンスの悪さは否めません。まぁ、限定ですから... 再び、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 3件

「広島旨辛汁なし担担麺(¥699)※」@ガスト 大森店の写真ガスト制覇!(※税抜価格)

大田区ラーメンデータベース制覇の道は厳しい... 焼肉屋はもちろん、日本そばのお店や温泉施設、更には居酒屋までもが登録されております。そんな茨の道の一つ、本日はコチラ「ガスト 大森店」へ伺って参りました。これでラーメンデータベースに登録されている大田区のファミレス全店制覇です。

グランドメニューのピリ辛肉味噌担担麺を頂こうと思っていたのですが、期間限定で「知る人ぞ知る ご当地グルメ旅フェア」なるものが開催されており、それで提供されていた「広島旨辛汁なし担担麺」を頂くことにしました。

さて「広島旨辛汁なし担担麺」。花椒(ホアジャオ)は別皿で提供されます。トッピング具材は、青ネギ、ミンチ、温泉玉子、針唐辛子。先ずはグリングリンとかき混ぜます。温玉から黄身がトロリと流れていきます。そして最初から花椒は全投入。トラがバターに成るくらいにグリングリンとかき混ぜます。

程なくしてパクつくと、なかなかしっかり花椒が効いてるじゃないですか!これは確かに別盛で提供しないとクレーム入るヒーハーっぷりです。自分は分かって入れているので、このヒーハーを堪能しますが。麺は中細弱縮れ。ネギはまといますが、ミンチはなかなかまとってくれません。辛味はイイ塩梅で、老若男女が楽しめるほどの辛さです。

麺をズバズバススって麺完食。結局たっぷりのミンチが残るので。やはりライスが欲しいところですね。でもライスを頂いたら負けの様な気がしていたので、最後はスプーンでミンチをすくい、追いヒーハーを楽しみます。もちろん完食。汁なしだから完飲は無いですかねw ご馳走さまでした!

これで¥699って...って思いますが、まぁファミレス価格ですからね。これと比べても東京油組総本店の油そばが釈然としないことが再認識されます。それなのに何であんなに店舗展開できて、強気の値上げが出来るのか?中毒性がある旨味か何かが含まれているのか?うーむっ...

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特別セットD(¥880)」@来富市場 蒲田本店の写真D. 自家製担々麺+豚ごま肉の魯肉飯

本日は京急蒲田駅前の商業施設あすとウィズにあるコチラ「来富市場 蒲田本店」へ伺い、「特別セットD」を頂いて参りました。

ちなみに特別セットは、台湾担仔麺or自家製担々麺の麺2種と、半チャーハンor豚ごま肉の魯肉飯の飯2種のコンビネーションで、A~Dとなっております。それほど特別感はありませんが... と言うことでDセットは、表題の通り。これにサラダとデザートも付いて¥880となります。

さて「自家製担々麺」。スープの色がヤクルトの様な色合いで、見るからに薄いです。レンゲですくって頂いて見ると、明らかに薄い芝麻醤フレーバー。更に辛味も弱く、なんとなくボヤケた感じのスープとなっております。トッピング具材は、タンタンミート、茹でモヤシとネギとニラ。日式担々麺に寄せつつも、ニアピンは程遠い、寄せきれない雰囲気。

麺は極細弱縮れ。これまた担々麺らしからぬ麺で、ドンブリの中で一塊になっているので、ほぐして頂きます。段々担々フレーバーが濃くなって行ったのは、単に薄味に慣れてきたのかな?と思いましたが、きっとスープがきっちり混ぜられていなかったんですね。段々イイ塩梅に濃ゆい担々麺フレーバーになっていきました。辛味は相変わらずありませんがw

麺と具材を頂いたところで、魯肉飯を頂きます。ちょっと甘めな味付けの豚肉は悪くないですね。魯肉飯
のミートを食べ終わったところで、担々スープを投入して魯肉担々飯として頂きます(料理写真としてアップ)。最近のマイブーム担々飯は旨いですね。魯肉担々飯も完食。担々麺も完食完飲。ご馳走さまでした。

ちなみに杏仁豆腐は、少しケミカルなフレーバー感じる、個人的にはフェイバリットな味わいの杏仁豆腐でしたが、やはりちょっと薄い味わいは否めず。なかなか大陸式町中華で、美味しい杏仁豆腐って出会え無いですね~ まぁ、それも含めて蒲田クオリティなのかとw

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「台湾担々麺(¥500)※」@盧園 糀谷店の写真席料って...(※価格は税抜き、別途付出/席料要)

本日は糀谷商店街にあるコチラ「盧園 糀谷店」へ伺い「台湾担々麺」を頂いて参りました。

お店は基本、夜の居酒屋営業が中心と言う感じで、壁に貼られているのは、お酒とおつまみのメニューが基本。食事のメニューを見ていると、やけに低価格な品々が揃っております。

しげしげとメニューを見ていると、おしぼりとと一緒に「ツナサラダでーす。」と付出が一品提供されます。何故に?と思い、「これ何ですか?」と確認すると、「お通しのツナサラダです。」と言いながら、メニューの右端を指差し、「お通し、席料¥200です。」と、サラッと言われました...(汗)

それでメニューが低価格な理由が分かりました。「台湾担々麺」ワンコイン¥500も、そこに席料¥200オン!で合計¥700。その合計に消費税で総額¥756となる訳ですね。それなら普通の価格ですねぇ。それでもお通しによってはお得感あるかも知れませんが...

それにしましても生マグロの刺身が入ったツナサラダって生まれて初めてです。サニーレタスが入れられ、わさびの香るドレッシングはナカナカ旨いじゃないですか!これなら¥200のお通し代も悪くないかも知れません。メバチマグロの刺身もシャキッとした歯応えで悪くありません。

で、「台湾担々麺」。溶き玉子が入れられた風情は何気にカマタタンタンメンの雰囲気です。大陸町中華の大将も台湾担々麺と謳いつつも、すっかりカマタに毒されてしまったみたいですねw 先ずはスープを頂くと、芝麻醤のフレーバーの無い味わいは日式担々麺のそれとは全く異なる雰囲気です。ピリ辛の味噌フレーバーと言う感じのスープとなっており、担々麺と言われなければ味噌?って思ってしまいます。

トッピング具材は溶き玉子でとじられたニラとひき肉。これまたニュータンタン系ともカマタタンタンメンとも言えない、何気にフュージョンな面々です。麺は中細弱縮れ。どんぶりは小振りながらも、麺は圧縮して入れられており、ほぐして行くとドンドン増えていきます。茹で加減は硬めと言うより浅め。それでも完食。最後はひき肉タンタンミートをサルベージしつつスープも7割ほど頂いて、ご馳走さまでした。

それにしてもカマタって、福井の恐竜の化石の如く、あっちこっちで亜種のタンタンメンが出来きますね。しかも日式、大陸式問わず、カマタタンタンメンのフレーバーに寄っていくところがカマタらしさと言う感じでしょうかw

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「タンタンメン(¥650)」@中華居酒屋 大福の写真タンタンメン&タンタンライス!

本日はコチラ「中華居酒屋 大福」へ伺い「タンタンメン」を頂いて参りました。

場所は西蒲田の呑み屋街のハズレ。蒲田駅より煮干しつけ麺 宮元へ向かう途中にお店はあります。何でもコチラのお店は24時間365日営業とのこと。蒲田にそんな需要があるんだろうか?

お店に入ると「イラサイアセー」とお出迎えの大陸式町中華。先客6人。工学院の学生さんらしい男子3人と、如何にもヤンママと言う感じのお母様2人と幼児1人。もちろんお母様たちは昼間っから、ビールにサワーあおってます。幼児が居るのに、お構い無しで電子タバコもスパ~っと、絵に描いた様なヤンママっぷりです。

お店は女性店員さんと厨房に大将1人と言う感じ。後からデリバリーで帰ってきた男性店員さんも厨房に入って行かれましたので、1ロット3人で、何人かのフォーメーションで回されている感じですかね。まぁ、24時間365日の営業ですから3人でのオペレーションな訳はありませんね。

さて「タンタンメン」。小ライスがデフォで付いてきます。如何にも日式な担々麺を装っておりますが、ココは大陸式町中華のお店、油断は出来ません。先ずはスープを頂くと、芝麻醤弱めながらも日式を再現しようとしている努力は見えます。でもある種ファクトリーメイドという感じで特筆するものはありません。ラー油の辛味も弱めで、全体的に深みがないスープと言う感じです。

トッピング具材はタンタンミート少々、そして茹でもやしと小松菜。もやしと小松菜は冷たい茹で置き故にスープを冷まします。麺は中細弱縮れ麺。茹で加減は悪くないと思われるのですが、ちょっとボソボソの歯応え。麺と具材を完食したところで、タンタンスープをライスに投入してタンタンライスを製作します。コレが最近のマイフェイバリットです。

さて「タンタンライス(料理写真にアップ)」、タンタンミートがもっとあるかと思っていたら、思いの外少なくて貧相な感じ。タンタンスープも割とシャバシャバでライスと馴染むと言うより、すっかりお茶漬け状態。それでもザバっと流し込んで完食完飲。ご馳走様でした。

ヤンママの宴はまだ続いております。先客の高校生達も大陸の方でしたが、後客の女子学生5人組も全員大陸女子でした。基本、大陸式町中華は、大陸の方々で守られていると言う感じですかね。蒲田には、そういう大陸式町中華が増え、今や日式町中華を席巻している感じです...

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「担々麺セット(¥600)」@聚福縁の写真中華人民大食堂!

蒲田駅西口工学院通りのラーメン激戦区。どこのお店もワンコインラーメンと、フリーライス(または低価格で食べ放題)でしのぎを削っているエリアです。

そのラーメン激戦区でも、特に慌てること無く、¥2,980で食べ放題飲み放題を提供するコチラ「聚福縁」。お昼はお得なセットメニューもあります。本日は「担々麺セット」頂いて参りました。

お店は伝説のすた丼屋 蒲田店の上にあります。左手の階段を登ったところにお店の入口があります。学生街らしく、その上には雀荘もあったりしますが、今日日の学生、雀荘に行ったりするんだろうか?!

お店に入ると大陸の小姐が「イラサイアセー、カウンタードウゾー」と接客。大陸の町中華と言う感じで、オーダーも中国語で通されております。基本は、酢豚や青椒肉絲、麻婆豆腐などの一品料理にライス、スープ、香物、デザートのセットがメインですが、麺類も炒飯もあります。ラーメンと半炒飯のセットも¥700と格安です。ちなみに担々麺は単品でも¥600。セットでも¥600です。

自分がお店に入ったあと、近所の工事現場の作業員の皆さんが大挙を成してやってきました。総勢16人。危ない危ない。この団体の前と後では雲泥の差ですね。めっさ待たされるところでした... しかしながら団体の前であったことも実は裏目に... コチラのお店喫煙可能なので、ほぼ全員が一斉にタバコを吸い始めます。そして、なんと全員中国人。妙なアウェイ感があります(汗)

さて「担々麺セット」。担々麺とライスと香物のセットです。先ずは麺が伸びるのを嫌って、一気に担々麺を頂きます。レンゲでスープを頂くと、芝麻醤薄めのタンタンスープは、ちょっと弱い上に辛味が全くありません。グビグビと頂いていると、タンタンミートから、徐々に辛味がにじみ出てきます。タンタンミートが完全に混ざった状態でようやく担々麺のスープの味わいになった感じです。

トッピング具材は、そのタンタンミートと、茹で青梗菜ともやしです。野菜類は浅茹でで、やけにシャキシャキした味わいとなっております。麺は汎用中華麺。特筆することはありません。タンタンミートも全部スープに沈んでしまったので、後ほどの楽しみにとっておきましょう。麺と具材を全て頂いて担々麺完食です。

続いて、ライスに香物のザーサイを載せ、タンタンミートをサルベージしながら、タンタンスープをライスの上に掛け回していきます。タンタンスープがひたひたになったところでタンタンライスの出来上がりです(料理写真としてアップ済み)。最近、この手の食べ方を覚えてから、妙にライスを食べるようになっております。イケませんねぇ~ でもこのタンタンライスが美味いんです。もっと辛かったらベターですが... タンタンライスを完食。スープも結局7割ほど頂いて、ご馳走様でした。

食事の間、ずーっとタバコの煙と中国語をシャワーの様に浴びておりましたが、中国語は全く耳に馴染むことは無く、聞き取れる様にはなりませんでした。しかしながらタバコの匂いはしっかりと洋服に、髪に染み付きました... うーむっ...

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件