なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あかいら!

男性 - 東京都

東京都城南エリアのレポート! ラーメンデータベースを中心に、オールラウンドで活動中。最近は、「うどんデータベース」「そばデータベース」にもボチボチレポートを上げております。もっぱら立喰専門ですが...(汗) Profile Image: Copyright (c) 2015 d'Holbachie-Yoko All rights reserved.

平均点 75.004点
最終レビュー日 2019年10月18日
4,044 3,429 0 6,844
レビュー 店舗 スキ いいね

「中華龍麺(¥600)※」@中華龍の写真アットホーム大陸町中華(※税抜価格)

蒲田本町のバス通りを何気に流している時に発見した新店したコチラ「中華龍(ちゅうかどらごん)」へ伺って参りました。

お店の扉を開くと、親子連れが食事をされております。でもそれは若女将とお世継ぎ様らしく、まるでコチラのお宅のリビングルームに通された様な感じです。若女将は食事している訳ではなく、ご子息に食事を食べさせていた様です。

お店は大将と若大将、それに若大将と未来の若大将と完全家族経営。しかも日本語が出来るのは若大将だけみたいです... しかもカタコト... 店名を拝する「中国龍麺」について、どういう料理か?と尋ねると、「コノミセシカナイメニュー、フトイメン、ヤキカ?スープカ?」と、全く伝わって来ないのですが、追加で色々聞いても、きっと何も変わらないだろうと、「それお願いします。」とオーダーした。

若女将も奥に下がり、お店は、未来の若大将と自分だけ。未来の若大将は、iPadで大陸の子供番組見ながらも、客を値踏みする様に見回します。こうやって華僑の血脈が養われて行くんですね。フォークで自分のご飯をかき込みながら上目遣いでガン飛ばしてきます。普通なら「おい!坊主、泣かしたろか!」って感じになるところですが、大人なので睨みつけるだけにします。

さて「中華龍麺」。驚きの白いスープ。味わいについては全く言及無かったので、勝手に醤油だと思いこんでおりました。先ずはスープを頂くと、至極サッポロ一番塩ラーメンに近い味わい。鶏白湯と言うのもちょっと違うかな?って感じではありますが、豚骨でも無い白濁のスープのなので、一旦分類は鶏白湯とはするものの。そこまでのコクはありません。サラサラ塩味です。

トッピング具材はチャーシュー2枚に、炒め野菜。この炒め野菜をフライパンで炒めている様子を垣間見ることが出来たのですが、大将は素人?と言う感じで菜箸でかき混ぜて炒められておりました。中華鍋使わないんだぁと、妙に関心させられました。炒め具合もライト。まるで湯がいた様な感じです。

麺は確かにきしめんの様な幅広ビロビロ麺。これが金属のお箸だとツルツル滑ってなかなか食べづらい。若女将が普通の割り箸も用意してくれましたが、途中で替えるのは何気に負けを認めたような感があるので、金属のお箸で格闘しました。チャーシューについては、特筆することもなく。小僧に睨みを利かしつつ完食。スープは半分ほど頂いて、ご馳走様でした!

現在、開店記念セールでお料理全品20%オフとのことでしたが、麺類には適用されないんですね。まぁ、イイんですけど...

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏白湯ラーメン(¥580)※」@おやどり焼鳥 なか田 糀谷店の写真禁煙居酒屋スバラシス!(※税別価格)

本日はコチラ「おやどり焼鳥 なか田 糀谷店」へ、メインはお酒と焼鳥です。生ビールx1、ホッピーセットx1で中身x4と、ちょっと不甲斐ないスコアで〆に「鶏白湯ラーメン」を頂いて参りました。

場所は糀谷。リニューアルした糀谷駅前に突如現れた巨大マンション!そのマンションの1階にコチラのお店があります。マンションの1階ですから、焼鳥の煙の処理はかなり気を遣われている事かと思われます。

そして何より素晴らしいのは、コチラのお店は禁煙です!加熱式タバコは吸えるとの事ですが、古の煙草は吸えませんので、店内の空気はフレッシュです。タバコ臭も付かなければ焼鳥臭も付きません。スバラシス!

さて「鶏白湯ラーメン」。先ずはスープを頂くと、鶏白湯味が何気に薄いです。昆布のスープと相まって、鶏白湯昆布ダシと言う感じで、期待していた濃厚鶏白湯のスープとはちょっと違いますが、それでも旨いんですから、特段文句はございません。

トッピング具材は、鶏チャーシュー2枚、味玉1/2、青ネギ白ネギのダブルネギ。しっかり親子丼な味わいとなっております。鶏チャーシューはヘルシーな胸肉チャーシュー。味玉はトロトロ。麺は中細弱縮れ麺で、鶏白湯昆布スープをしっかりと絡めてくれます。もちろん完食完飲。ご馳走様でした!

鶏白湯ラーメンと一緒に玉子かけ御飯を食べたことは内緒です。ゴールデンウィークなので、ついつい炭水化物を摂りすぎてしまいました... まぁ、ハッピーレイワ!なので良しとしましょう!(爆)そのツケはレイワで取り戻します!w

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏白湯ラーメン(¥270)+北海道名物塩ザンギ(¥270)※」@鳥二郎 蒲田店の写真ザンギマシマシ!(※税抜価格)

紀尾井町で呑んだくれた後に蒲田に流れてついて参りました。そしてコチラ「鳥二郎 蒲田店」で追い黒霧ロックを数杯呑んだ後に〆で「鶏白湯ラーメン」を頂いて参りました。

ちなみに写真に写っているのは「北海道名物塩ザンギ」で、2つ3つは熱々のままで頂いて黒霧ロックと共に流し込み、残りはその後届いた鶏白湯ラーメンに投入したものです。

さて「鶏白湯ラーメン」。よく焼鳥屋で出てくる鶏白湯は、専門店ならでは鶏の旨味がスープに凝縮しているやつを想像していたのですが、流石に鳥二郎ですから、そこまでのものではありませんでした。あっさり薄目の鶏白湯は、サッポロラーメンの塩味の如く、鶏ガラベースのスープで、トロトロ煮込んだ鶏白湯ではありません。言うならば希釈した鶏白湯と言う感じでしょうか、シャバシャバのスープです。

麺は中細弱縮れの汎用中華麺ちっくなもの。きっと冷凍麺なんだと思われます。そしてベースのトッピングとしては、青ネギと鶏チャーシュー。チャーシューと言うよりも細切り鶏肉と言う感じで、まぁ、おまけ感がハンパないですね。そりゃ塩ザンギを投入されたら鶏チャーシューの立場無しですよね、塩ザンギはもちろんプリプリで旨いです。塩ザンギトッピング正解です!w

どんぶりの底に黒胡椒がたまっておりましたがスープも完飲で完食。ご馳走様でした。その他とトッピングとして、ジャンボもも二郎焼やまるごとチーズせんべいなどでも良かったかも!w まぁ、再訪してやるまでのことではありませんが(爆)

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「【感謝の復活】とり白湯めん(¥298)※」@鳥貴族 大森北口店の写真平成に感謝!(※税抜価格)

大田区ラーメンデータベース制覇の道は厳しい... ファミレスはもちろん、日本そばのお店や温泉施設、更には焼肉屋までもが登録されております。そんな茨の道の一つ、本日はコチラ「鳥貴族 大森北口店」へ伺って参りました。

ちなみに現在、鳥貴族では平成に感謝!と言う事で平成の時代にリリースされたメニューを期間限定で復活されているとの事。その平成復活メニューに思い入れはありませんが(爆)平成24年当時のメニューである「とり白湯めん」を頂いて参りました。

場所は大森。大森駅東口、大井町寄りの商業施設ビルの8階。鳥貴族が高層階にあるのって珍しいですね。通常は地下1階とか2階とか中途半端なフロアにあるんですが、まぁ、駅前と言えども場所柄、高層階の方が賃料が安い故からかも知れません。お店は、まぁ、勝手知ったる鳥貴族の作り。何気に居心地いいですよね。

さて「とり白湯めん」。セントラルキッチンメイドのスープでしょうから間違いない感じですね。鶏白湯スープは焼き鳥屋でよく出てくるスープと言う感じではありますが、思いのほかコクはありません。きっと、大量生産しているために、多少薄めながらしっかりとした味わいに調味されている事と思われます。

麺は中細弱うねり。茹で加減については丁度いい塩梅。そして麺量についても〆に頂くには適量です。トッピング具材は、青ネギと鶏チャーシュー。鶏チャーシューはコリコリと歯応えのあるものでいい塩梅です。青ネギも非常に細かくカットされいいアクセントとなっております。もちろん完食、完飲、ご馳走様でした。

ラーメンデータベースに登録されている大田区の居酒屋らーめんもボチボチ制覇して参ります。大田区ラーメンデータベース全店制覇の道のりは険しい...(汗)

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚鶏白湯らーめん(¥750)」@麺屋 楽のすけの写真武一系?晴壱系?

博多らぁめん 斗樹 大森店跡地に居抜きでオープンされた「麺屋 楽のすけ」へ伺い「濃厚鶏白湯らーめん」頂いて参りました。コチラは所謂「武一系」もしくは「晴壱系」の鶏白湯ですね。どちらの名称が正しいのか分かりませんが、以前連絡頂いた方はTAKE_BOSSさんだったので、武一系ですかね。

お店は男性店員さん2人で切り盛り。まだオープンしたばかりなので、仕事を教えながらオペレーションって感じですが、まぁ、仕切ってる店員さんは熟れた感じなので、どこか別のお店で仕事をされていたんだと思われます。スープは小さなお鍋で都度温められております。つまりはスープは個別店舗で用意している訳ではなく、セントラルキッチンメイドで、均一のクオリティを提供されております。

さて「濃厚鶏白湯らーめん」。鶏チャーシューはバーナーで炙られております。先ずはスープを頂くと、安定の武一品質。濃厚な鶏白湯スープは悪くないですね。カエシ加減も効き過ぎていないので、丁度イイ塩梅です。とろみも適度にあるので麺にも絡みます。

麺は中太ストレート麺。茹で加減については、丁度イイ塩梅です。トッピングは鶏チャーシュー、針唐辛子、ネギ、穂先メンマ。鶏チャーシューは脂身の焦げがイイ塩梅。穂先メンマも柔らかく旨いです。完食完飲。ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「純白湯(¥800)」@拉麺 冠尾 武蔵小山の写真秀逸エリンギメンマ!

先日、恵比寿のお店で頂いた鶏担湯がナカナカ良かったので、今度はコチラ「拉麺 冠尾 武蔵小山」へ伺い、ベースの「純白湯」を頂いて参りました。

場所はムサコ。ムサコと言えば、武蔵小金井ではなく、もちろん武蔵小杉なんてもってのほか。間違いなく武蔵小山です。その武蔵小山のパルム商店街の近くにお店はあります。

お店に入ると右手に券売機。男性店員さん2人のオペレーションですが、調理は店主のみですかね。なかなか良い接客が好感触です。

さて「純白湯」。先ずはスープを頂きます。コーンポタージュの様なコクのあるスープは旨いですね。ちょっと塩加減が強めな感はありますが、濃厚なスープ故にそれもカバーされる感じです。麺はパツシコ麺。恵比寿と同じ三河屋製麺だと思われますが、これも間違い旨さですね。

トッピング具材は、鶏と豚のチャーシュー2種。メンマ、それに茹でキャベツと刻みタマネギ。鶏チャーは柔らかく、豚チャーは炙りで香ばしくイイ塩梅。そしてメンマがちょっと違う食感なので、シイタケ?舞茸?と色々思考していたのですが、どうやらエリンギとの事。このエリンギメンマ秀逸です。シコシコの歯応えは一度乾燥させたエリンギに味付けした感じか?これだけいいツマミになりそうです。もちろん完食完飲。ご馳走様でした!

鶏白湯や2種のチャーシューについては、正に期待通りと言う感じですが、このエリンギメンマが全く期待を裏切ると言うか、そもそも普通のメンマだと思っていたので、全く予想して居なかったので、単純に驚きの旨さです!次回は鶏醤油にエリンギメンママシで間違いなし!ウマシカテ!再び、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「なにわ鶏そば(¥650)」@728麺飯酒場チャオチャオの写真呑んだくれない 喰い倒れない なにわ(728)

大森駅東口の駅前にオープンされた「728麺飯酒場チャオチャオ」へ伺って参りました。コチラのお店は基本、お昼から飲んだくれるお店ですが、大森らしからぬ明るい店内に、意外に大森の住人は寄り付きませんw 本日も先客1、後客4と少なめのお客さんの出だし。そう言えば本日は平日でした...(汗)

お店は女性店員さん2人で切り盛りと言うところを見ても、平日昼間っから大盛況な宴会が開かれることは想定されていない訳ですね。まぁ、自分含めてお客さん全員ノンアルコールでしたから。本日は「なにわ鶏そば」を頂いて参りました。

さて「なにわ鶏そば」。基本は鶏白湯のさっぱりスープ。焼鳥屋さんで〆に出てくる鶏スープがベースとなっております。コクもありながらあっさりと旨いです。グビグビ頂けるスープです。トッピング具材は、豚バラチャーシュー、鶏チャーシュー、キクラゲ、青ネギ、白髪ねぎ。鶏チャーシューを一口食べると、中が冷たかったのでスープに浸します。

麺は中細ストレートのシコパツ麺で悪くありません。温まった鶏チャーシューはサクッと歯切れの良い感じが旨いです。豚バラチャーシューも表面が焙られ香ばしい感じでイイですね。キクラゲはもちろんコリコリ歯応えがナイス。途中でカウンターに置かれているラーメンのタレや、餃子用の酢味噌なんかで、レンゲ内でスープの味変を楽しみつつ、最後はストレートの鶏白湯を完飲して完食。ご馳走様でした。

駅前居酒屋ですから、飲んだくれるも良し、〆ラーメン頂くも良しと言う感じではありますが、それなら終電で大森に降り立つお客さんもキッチリキャッチ出来る時間まで営業して頂きたいところですね。中途半端な営業時間がイケてない感が否めません...(汗)

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏担湯らぁめん(¥980)」@らぁめん冠尾 恵比寿西店の写真スープは鶏白湯

本日はコチラ「らぁめん冠尾 恵比寿西店」へ伺い「鶏担湯らぁめん」を頂いて参りました。

場所は恵比寿駅至近の路地裏。基本飲み屋街な路地裏にお店はあります。きれいなお店は入口右手にテーブル席。左手に券売機。そしてカウンター一線。お店の奥まで続いている、うなぎの寝床な店内。お店は男性店員さん2人と女性店員さん1人のオペレーションです。

券売機で表題食券を購入。女性店員さんに渡すと、お冷を持って席に誘導。男性店員さん2人が調理している目の前に着座。三河屋製麺の麺箱が重ねられております。オペレーションは手際よく、悪くない感じです。程なくして我が一杯が配膳されます。

さて「鶏担湯らぁめん」。ベースの鶏白湯に担担フレーバーなトッピングが施された感じなので、スープの分類は鶏白湯としました。スープをレンゲで頂くと、正にその通りで、鶏白湯の味わいがイイ塩梅です。あっさりながらもしっかりとコクのあるスープが旨いです。

トッピング具材は超ロングなインゲンがイイですね。その下に担担フレーバーな具材、ナッツやカマボコ?っぽいものに茹でキャベツやネギと言った布陣。担担ミートはありません。辛味はあるのですが、痺れはない担々フレーバー。故にカウンターに置かれた四川青山椒をゴリゴリと。痺れをオンすれば、これが旨いですね!

麺は中細弱縮れ。スープを纏ってイイ感じのパツシコ感。シャリシャリの担々トッピング、鶏白湯に広がるラー油と青山椒フレーバー。インゲンがフレッシュでコリコリの歯応えで旨いです。坦々フレーバーのトッピングの正体はわからずじまいですが、旨いんだからノープロブレム。もちろん完食、スープも完飲でご馳走様でした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「超濃厚煮干し鶏つけめん(¥800)」@麺屋 和とわの写真晴壱系列か?!

南青山の路地裏にあるコチラ「麺屋 和とわ」へ伺い、「超濃厚煮干し鶏つけめん」を頂いて参りました。

コチラのお店パっと見た感じ「晴壱」系列だと思われるのですが、そう言えば近所にあった同系列の麺屋 こいけが閉店されているので、単に移動して屋号変えただけですかね?

お店に入ると左手死角に券売機、店員さんに言われないとその存在に気付かずにカウンターに着席してしまいそうになります。お店には店員さん3人も居るのにお冷はセルフです。ホスピタリティに欠ける感じですね...

厨房を見ると寸胴はありません。バットに入れられ、電磁調理器で温められたスープがファクトリーメイドの証ですね。やはり晴壱系列っぽいですね。

さて「超濃厚煮干し鶏つけめん」。先ずは麺だけ頂くと、濃ゆい色のエッヂの立った中太平打ストレート角麺はナカナカ硬めの歯応え。小麦のフレーバーはそれほど感じられません。パツパツと言うよりゴリゴリな歯応えです。

続いてつけダレをそのままに煮干しフレーバーはライトな鶏白湯メインのスープと言う感じです。つけダレには1立方センチメートル未満の超マイクロチャーシューが3つくらい。お昼はチャーシュー丼が¥100なので、ラーメン、つけ麺のチャーシューは控えめなのか?何れにしても寂しい物量です。

麺側のお皿には海苔1枚、三つ葉、ネギ、メンマ2本と、これまた寂しさは否めないトッピングとなっております。特製食えってことですね。続いて麺をつけダレに浸けて頂けば、つけダレの粘度により麺にしっかり絡む感じ。麺を食べ終わったところでスープ割りをお願いすると、ドンとポットが置かれました。ポットに入っているのは鶏ダシ&昆布のスープと言う感じ。これが一番うまいですかね(汗)完食完飲。ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鳥良の鶏らー麺(¥599)※」@磯丸水産 蒲田西口店の写真ノー〆ラー(※価格は税抜)

本日はコチラ「磯丸水産 蒲田西口店」で一献。場所は東急蒲田駅のガード下。バーボン通り沿いと言う絶好の呑兵衛ロケーション。昼間から千鳥足の諸兄諸姉が彷徨いているのが蒲田の日常ですw

ゴールデンウィークは更に拍車が掛かりますね。と言うか、蒲田以外から来たナンチャッテ蒲田民の方が多いんじゃないか?まぁ、色々なメディアで取り上げられ、酔っぱらい天国みたいに流されていますから、「類は友を呼ぶ」で集まって来るんでしょうね。まぁ、自分もその1人か(爆)

最初に生ビール。その後ホッピー外1に対して中6と鉄板の飲み方。飲んで焼いて喰って。〆ラーと言う事で「鳥良の鶏らー麺」を頂くことに。「でも何故に鳥良?」と思ったら鳥良と磯丸水産って同じ系列なんですね。なーるほど。蒲田だけで3店舗もある訳ですね。

でもって「鳥良の鶏らー麺」。コレは... まぁ見たまんまです。鶏白湯のスープに鶏肉とネギのトッピングのみとシンプルな感じ。如何にも焼鳥屋で出てくる〆ラーメンと言う感じ。鶏白湯がイイ感じなのですが、ファクトリーメイドなフレーバーでイマイチ感は否めません。麺だってちょい茹で過ぎな感が...

まぁ、あまり過度な期待はしておりませんでしたが、それにしてもコクに欠けるスープは、キッチリ〆を飾るには役不足でした。と言う事で再度〆を頂くことになる訳ですが... まぁ、予定調和の蒲田のいつものお店に行くだけです(爆)ひとまず、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件