なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あかいら!

男性 - 東京都

東京都城南エリアのレポート! ラーメンデータベースを中心に、オールラウンドで活動中。最近は、「うどんデータベース」「そばデータベース」にもボチボチレポートを上げております。もっぱら立喰専門ですが...(汗) Profile Image: Copyright (c) 2015 d'Holbachie-Yoko All rights reserved.

平均点 75.004点
最終レビュー日 2019年10月18日
4,044 3,429 0 6,844
レビュー 店舗 スキ いいね

「味噌らーめん(¥700)」@元祖ニュータンタンメン本舗 武蔵小山店の写真辛さ選べます:中辛(レベル3)

本日はぬこ@横浜さんに業務連絡の目的でコチラ「元祖ニュータンタンメン本舗 武蔵小山店」へ伺い、天邪鬼な故に「味噌らーめん」を頂いて参りました。

場所は武蔵小山。最近ニュータンタンは都内にも侵攻しております。つまりはぬこ@横浜さんの都内の宿題が続々増えていると言うことですw

本日は青山で呑んだくれた後の訪問です。本当は麺屋 薫風へ伺いたかったのですが、なんと営業時間内のハズなのに、シャッターを閉める店主。目が合うもののスルーする店主。まぁ、次の機会に行けば良いかと言う事で、コチラに伺った次第です。

さて「味噌らーめん」。辛さ指定を確認されたのですが、めちゃ辛にすると、ニュータンタンメンなのか?味噌らーめんなのか分からなくなりそうなので、「中辛」でお願いした次第です。熱々で配膳されました。先ずはスープを頂くと、辛味はそれほどでもないですが、味噌の風味もイマイチな感が否めません。味噌のコクが無く、平べったい味わいです。

中華鍋で炒められた野菜はタップリ、もやし、キャベツ、キクラゲなどシャキシャキの歯応えです。ミンチもタップリと入っております。麺は中太ストレートのニュータンタン仕様の麺。歯応えは悪くありません。もちろん完食。深夜なのにご丁寧にスープも完飲。ご馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「麦味噌ラーメン(¥850)※」@ラーメンダイニング 雪あかり ブルースカイダイニング店の写真注意:出てくるの遅いです(※税抜価格)

本日はコチラ「ラーメンダイニング 雪あかり ブルースカイダイニング店」へ伺い「麦味噌ラーメン」を頂いて参りました。

お店は1階到着ロビー1番出口の目の前。いつも飛行機で羽田に降り立つと気なっているお店ではありました。が、なかなかタイミングが合わず行けないでおりました。お店に入ると、店員さんが席に案内してくれますので、ちょっとだけ入口で待ちます。メニューは入口看板で既に決めていたので、席を案内されるや否や表題メニューをオーダーしました。

多分10分も待たずに配膳されたと思うのですが、チェックインの前だとやけに長く感じますよね。なので時間の余裕が無い場合は別のお店にした方が無難じゃないかと思われます(個人の感想です)。

さて「麦味噌ラーメン」。調理されているもの全然無いじゃないですか!(怒)チャーシューに茹でモヤシ、メンマ、ネギがトッピングされているだけで、味噌ラーメンですが、炒め工程は無いようです。それにしては時間掛かり過ぎですよね。先ずはスープを頂くと、ちょっとショッパな麦味噌はラードのお陰か?何気に濃厚な味わいです。ライス欲しくなる感じです。

麺は札幌ラーメンらしい、黄色味の強い、多加水中細強ちぢれ麺。シコシコの歯応えがイイ塩梅です。薄くスライスされたチャーシューは特筆すものなく。そういう意味では、メンマも同様にファクトリーメイドですから。ある種品質は間違いなしですかね。もちろん完食。スープは半分ほど頂いて、ご馳走様でした!

これでRDBに登録されている羽田空港国内線ターミナルビルのお店は全店制覇!と思ったら、リンガーハット PREMIUM 羽田空港第1旅客ターミナルビル店が先週オープンされてました... 折角なので店舗登録させて頂きました。国内線ターミナルビル完全制覇の道は遠い(汗)

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌ラーメン(¥750)」@煌龍軒 大森店の写真バック・トゥ・ザ・ショウワ!

昨日オープンしたコチラ「煌龍軒 大森店」へ。場所は大森山王ジャーマン通り。以前中華料理 大興苑があった店舗をプチリフォームしてオープンされました。

お店に入ると厨房には大将と女将さんの夫婦船オペレーション。券売機はありませんので、カウンター座ってオーダーします。

最初「塩ラーメン」をお願いしたのですが、まだオープンしたばかりで、味噌と醤油しか準備できていないとの事で、本日はメニューの先頭にある「味噌ラーメン」を頂くことしました。

お店は昭和レトロな雰囲気。平成も残すところ3日と言うタイミングでオープンされておりますから、令和の時代にキッチリと昭和と言う時代の思いでを引き継いて行こうと言うことですかね。まぁ、そこまで深く考えて狙っているとは思えませんが...

さて「味噌ラーメン」。モヤシはキッチリ中華鍋で炒められたものトッピングされております。先ずはスープを頂くと、豚骨ベースのスープに合わせ味噌の味わい。唐辛子も浮いており、ピリ辛な味わいとなっております。なかなかコクのあるスープがイイ塩梅です。

トッピング具材は、ナルト、チャーシュー、炒めもやし、メンマ、青ネギ。炒めモヤシは浅炒めでシャキシャキです。メンマは塩抜きし過ぎた様な色合い味わいですが、スープが濃ゆいので気になりません。コリッコリの歯応えがいい感じです。チャーシューは脂身少ないもも肉チャーシューですかね。脂身無いですが、スープの脂分で美味しく頂くことが出来ます。

麺は中細ストレート。中細ながらパツッとした歯応えがイイ塩梅です。麺箱に屋号が書かれておりますので、どこの製麺所かは分かりませんが、味噌スープにコクがあるので、中細でも食べごたえがあります。もちろん完食。スープもほぼほぼ完飲で、ご馳走様でした。

なんか平成から令和に変わるこのタイミング、大田区のラーメンデータベースは新店ラッシュが続いております。お陰でゴールデンウィークも大忙しです!まぁ、10連休なのに、どこに行く予定も無いと言うだけですが...(爆)

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌らーめん(¥800)」@らーめん忍者の写真秋葉原の呑んだくれ...

大衆酒場 晩杯屋 秋葉原店で、3時間飲み放題、食べ放題、¥3,000と言う夢のような?地獄のような?呑み会で、呑んだくれた後にコチラ「らーめん忍者」で〆るという... 不健康極まりない日常です(爆)

普通にポールポジションのらーめんを頂くつもりだったのですが、本日は酔いに任せて「味噌らーめん」を頂くことにしました。まぁ、Jインスパイアで味噌って言うのも偶にはイイですよね。どうせ酔っ払いレビューですから、そもそも内容は当てにならない訳で... 素面でも当てにならないと言う話もありますが...

お店は大陸の方らしき大将と男性店員さん。何気に親子か?とも思いましたが、その根拠もなければ、確たる証もありません。まぁ、いつもそんな感じです。ただ、オペレーションが随分と、なぁなぁで連携されているなぁと言う感じです。まぁ、こなれているだけかも知れませんが... 時間が時間だけに酔っ払い相手がメインでしょうから、まぁ、適当でも大丈夫ですよねw

さて「味噌らーめん」。「ニンニク入れますか?」のコールに「お願いします!」と応えたんだと思われます。写真と言う記録はありますが、動画やボイスレコーダーはありませんので、その記録はありません。そしてもちろん記憶もありません。ホッピー中、何杯お替りして呑んだっけ?その記憶もありません。

ヤサイはモヤ率70%。ちょっとシャキ目の茹で加減で、一生懸命反芻した様な記憶の欠片はあります。スープは背油タップリ(写真通り)、味噌は割と濃いめのカエシ加減だったと思われます。ムチムチゴワゴワのエッヂの立った麺にも結構しっかりと絡み、モハモハハムハム頂いた様な感じが... うろ覚えですが... ただただ麺を口に運んでおりました。

ニンニクがたっぷりと盛られていたので、ヤサイ、麺と頂いていても、シャリシャリニンニクが入ってきます。歯に挟まっていきます。口中がどんどんニンニク臭になっていきます。そう言えば、この後、普通に電車に乗って帰らなきゃイケないのに、過剰にニンニクを摂取してしまいました。これはどっかでブレスケア買わなければイケないやつですね。

ブタバラロールチャーも、なかなか柔らかく、味噌スープに絡めて頂いた朧げな何かが... まぁ、写真から見ても、しっかり味が染みていそうですし、柔らかさも何気に見て取れるので、そのあたりは後付けの記憶らしきものとしてねつ造されているのかも知れません。まぁ、そんなこと言ったら、呑んだ後のレビューは、大体そんな感じになってしまいますが... もちろん完食(まず間違いなく)、スープは7割ほど頂いて(多分)、ご馳走様でした。

この後、ブレスケアを買って、一瓶全部かみ砕いて飲むのが大人のマナーですが、酔っ払いなので、すっかり忘れて、タップリのニンニク臭を抱え込んで電車に乗りました。運良く座ってしまったのが不運の始まり... 何気に空気が変わったところで目が覚め、慌てて降りたら、既に横浜... きっとニンニク臭い客が降りて、その車両に同乗されていたお客さんは安堵したことでしょう...(汗)故に今度は反対側の電車のお客さんを巻き込むことになるのでした... 申し訳ありませんでした... ちゃんと覚えておりませんが...(爆)

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌ラーメン(¥450)」@そば新 蒲田西口店の写真味噌ラーメン@立喰そば

本日コチラ「そば新 蒲田西口店」の前を通り過ぎると、これまでは提供されていなかった「味噌ラーメン」の貼紙を発見。早速伺って参りました。

コチラのお店はJR蒲田駅のほど近くで24時間営業しているお店なので、JR職員御用達のお店と言う感じで、JRの制服姿の職員の方が必ず居る感じです。本日も1人いらっしゃいました。

さて「味噌ラーメン」。何気に濃ゆいスープの色合いは、ちょっと予想に反しておりました。先ずはスープを頂くと、「ピリ辛」と言う枕詞通りに、飲み進めて行くと舌先に辛味を感じます。味噌は赤白ミックスと言う感じでしょうか。色合いほどには濃い味わいじゃないのがポイントです。

トッピング具材は、ネギ、ワカメ、メンマ、チャーシュー。基本、立喰そば屋ですから、トッピング具材はファクトリーメイドかと。まぁ、この価格ですから無問題であることは、言うまでもありません。麺は汎用中華麺、中細弱縮れで茹で加減については丁度いい塩梅。コチラのお店は生蕎麦利用なので、そばもラーメンもきっちりタイマーで測っておりますから、ある種間違いなしのオペレーションです。

カウンターにすりごまメーカーが置かれているので、それをゴリゴリ回してすりごま山盛りにします。胡麻と味噌の風味は合いますよね。間違いありません。もちろん完食完飲。ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「味噌ラーメン(¥750)※」@ギョーザ・ラーメン 華の写真長津田駅前鉄鍋路麺(※価格は税別)

しぶそば制覇を目的にしぶそば 長津田店へ伺って参りました。そして折角、長津田まで来たんですから、このまま帰るのはもったいないと近場のラーメン店をRDBアプリで検索... そして駅から一番近いコチラ「ギョーザ・ラーメン 華」を発見、伺って参りました。

長津田駅を東急側からJR側に移動し南口に降り立つと... 何にもありません... 駅から一番近い施設がJA(農協)って言うのも長津田の風情でしょうか。その近所に目的のラーメン店を発見。まだ開店時間前ですが、既にお店はオープンし、先客のオヤジさんがビール呑んでおります。

お店の入口にメニューがあるので、しばし凝視。何とも的を絞らせない粒ぞろいのメニュー... 一先ず3段仕込みが売りっぽい「味噌ラーメン」を頂くことにして、お店に入ります。

お店は女将さん一人で切り盛り。どうやら先客オヤジは女将さんがお目当ての様で、平日昼間っからご機嫌に出来上がっております。我家の様にスポーツ新聞を広げ、寛いでおります。女将さんによりお冷が提供されたタイミングで「味噌ラーメン!」とオーダーしました。

さて「味噌ラーメン」。何と鉄鍋で提供されました。全く予想だにしていなかったので、ちょっと不意を突かれました。でも鉄鍋は熱々と言う訳ではありません。スープから湯気もでておりません。先ずは木のレンゲでスープを頂くと、ヘイワサッポロ味噌スープを感じる3段仕込みのスープと言う感じです。ある種どこか懐かしい味わいを感じることが出来ました。カスタマイズドヘイワサッポロ味噌スープって感じですかね。

トッピング具材は残念ながら炒め工程はありません。ラー油の掛けられた長ネギに茹でモヤシ、ワカメ、チャーシュー、メンマ、ナルトと言った布陣です。どれも特筆するものはありません。やはり炒め野菜の載らない味噌ラーメンって寂しいですよね。

麺は手打ち麺とのことですが、お店で手打ちされている訳ではありません。ある種製麺所で手打ち風に仕上げた麺だと思われます。中太平打ち弱縮れの麺は確かに手打ち風です。歯応えは汎用中華麺よりはコシがあっていい塩梅です。もちろん完食。スープも半分ほど頂いて、ご馳走様でした。

やはりこの界隈は郊外なので駅前が栄えている訳じゃないと言うことなんですね...

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「山椒味噌らーめん」@麺場 田所商店 池上店の写真池上通り地雷処理班出動!

池上通りのコンビニエンスストア「サンクス」跡地にオープンされた、と言っても既に3ヶ月以上経過しておりますが、コチラ「麺場 田所商店 池上店」へ伺って参りました。

これまで何度と無く伺っているのですが、新しもの好きの池上の民が暫くの間、結構押し寄せており、行列が出来ており、踵を返すこと何度か。それと駐車場付きと言うのが、また利便性を高めているんだと思われます。本日ようやく伺うことが出来ました。

お店に入ると、ファミレスみたいなウェイティングリストがあり、待機席も大きめでゆとりがあります。本日はリストに名前を書くこともなく、そのままカウンターに通されます。ホールには女性スタッフが5人くらいおります。

コチラのお店は味噌ラーメン専門店。北海道味噌らーめん、信州味噌らーめん、九州麦味噌らーめんの3種類があり、それぞれ、野菜や炙りチャーシュー、ネギなどのトッピングでメニューのバラエティとなっております。そんな中、期間限定メニューか?「山椒味噌らーめん」なるものが、個別メニューで提示されていたので、それを頂くことにしました。ところでこの一杯は、何味噌がベースとなっているかは分かりません。

さて「山椒味噌らーめん」。結構待たされましたね。厨房をチラリと見ることは出来ましたが、厨房のオペレーション手薄じゃないですかね?ホールの女性スタッフの数と比較すると、厨房3人って少なすぎるような... 故に待ち時間が長めで、結構回転が悪いのかも知れません。

先ずはスープを頂くと、赤味噌ベースの濃ゆい味噌らーめんは、山椒がバッチリ効いて、ヒーハーな痺れ感。悪くないですね。もやし、キャベツ、人参、タマネギ、ニラなどの炒め野菜がたっぷり。更にはひき肉もたっぷりといい感じの味噌ラーメンのトッピング具材となっております。針唐辛子も入れられておりますが、辛味はそれほどでもありません。

麺は中細弱縮れ。味噌らーめん専門店なら、もっとごっつい太いガチゴワ麺だと嬉しいですね。麺量はそれほど多くないのであっさり頂けれますが、炒め野菜がたっぷりなので、満足感、満腹感はあります。味噌味が濃すぎなので、スープ完飲となはなりませんでしたが、もちろん完食。ご馳走さまでした。

池上通り地雷処理班、池上通りの案件故に勇んで出動しましたが、人気通りの美味しいお店でした。地雷ではなかったことをご報告致しますw

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌ラーメン(¥800)」@竹園の写真池上通り地雷処理班緊急出動!
サイレント味噌ラーメン...

その存在は知りつつも、営業時間内に伺っても開いていない事が多く、店舗登録含めて大分様子見していたコチラ「竹園」。本日11時に伺うと「営業中」の看板が掲げられていたので、コレはチャンスと扉を開くと、何と中は灯りも点けられておらず真っ暗なまま。本当に営業しているのか?

1時間後に再度お店の前を通ってみると、店頭を掃除する女性店員さんがおりました。その女性店員さんと目が合うと「1名様ですか?」と声を掛けられたので、お店がやっている事を確認。そのまま伺って参りました。

先客2名のご婦人がテーブル席に。カウンター席もありますが、何故か自分をテーブル席に誘導する女性店員さん。後客1名様もテーブルに案内。後で分かった事なのですが、その後カウンターには、その女性店員さん用の賄いが用意されました。なーるほど、自分が食事するスペースを確保しておきたかった訳ですね。お客さんと一緒にカウンターに並んで座って賄いを頂くのは気まずいですからね。

最初、女性店員さんは本日のメニューとして、5つのセットが書かれたメニューしか渡してくれなかったので、単品が書かれている通常メニューをお願いしました。その時、丁度先客のご婦人のタンメンが配膳されました。何気に炒め野菜がイイ感じのボリューム。これなら同様に炒め野菜が載っている「味噌ラーメン」もイイ塩梅のハズ!とオーダーしました。

と・こ・ろ・が...

オープンキッチンの厨房が何気に垣間見えるのですが、一向に中華鍋を振るう様子がありません。実に静かな厨房。基本現在は自分の味噌ラーメンしか調理していないハズなので、中華鍋を振らないことは無いから別の出前用の何かを準備しているのか?と思っていたら、麺を茹でているのが見えただけで、女性店員さんの手により自分の味噌ラーメンが配膳されました。

な・ん・だ・こ・れ...

メニューの写真は炒め野菜が載った味噌ラーメンでしたが、配膳されたものは、冷たい缶詰のとうもろこし、冷たいひき肉、茹でた青梗菜がトッピングされていると言う。メニューの写真とは全く別物の味噌ラーメンでした。何ですかこれは?メニューをもう1度見て詰め寄ってやろうかとも思いましたが、まぁ、写真はイメージですよね。しかもメニューは回収されているので、態々賄い食べている女性店員さんを呼ぶのも気が引けます。まぁ、とりあえず頂きましょう、サイレント味噌ラーメン。

先ずはスープを頂くと、これは間違いなくの「ヘイワサッポロみそラーメンスープ」。良くも悪くも馴染みのある味わいです。ただ、コレは炒め野菜のアブラと相まって旨さが引き立つスープなので、炒めゼロの油っ気の無いスープでは旨味も深みもありません。トッピング具材については、全く持って言及するものはありません。素材の味が大事にされております。麺は汎用中華麺。これについても特筆するものはありません。完食。スープは3割ほど頂いて、ご馳走様でした。

コチラのお店とは縁がないままで良かったのかも知れません...

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「【期間限定】チゲ味噌ラーメン(¥610)」@日高屋 渋谷宮下公園前店の写真初チゲ味噌@ハイディ

本日はコチラ「日高屋 渋谷宮下公園前店」へ伺い、「チゲ味噌ラーメン」頂いて参りました。日高屋ではいつも野菜たっぷりタンメンなので、きっと人生初のチゲ味噌ラーメンです。多分...

お店は宮益坂下交差点から宮下公園に向かう明治通り沿い。宮下公園は封鎖され、現在は訳のわからない歩道橋みたいな巨大な建造物が作られておりますが、それが一体何なのか?現在のところはよくわかりません。

お店に入ると「イラサイアセー」な接客。「コチラドウゾー」と入口付近のカウンター席をオススメされますが、寒そうなので「奥でもイイですか?」と奥の席を所望。OK頂き、奥のテーブル席に陣取りました。手前のカウンター席は圧縮陳列状態でしたが、奥のテーブル席はスカスカです。メニュー見ること無く小姐に表題オーダーを告げテーブルに着席。5分位で配膳されたと思うのですが、気持ち的に5分なので、本当のところはわかりません。

さて「チゲ味噌ラーメン」。ビジュアル的にはイケてませんねぇw まぁ、チゲ味噌ですから、全部が茶色に染まりますよね。先ずはスープを頂くと、ピリ辛なチゲ味噌フレーバーはイイですね。濃いめの味わいですが、溶き玉子を投入することで、それを和らげて頂いている感じですかね。旨いです!

具材は白菜メインで、ニラや豚肉も入れられております。白菜にチゲ味噌が浸透してイイ塩梅です。シャキシャキの歯応えがイイ塩梅です。これ、ごはんが欲しくなる濃ゆい味わいですね。正にチゲ味噌鍋に後入れ麺と言う感じです。麺は変わらぬ日高屋品質。完食完飲、ご馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「えび味噌らーめん(¥900)」@さつまっこ マチノマ大森店の写真さつまっこスピンオフ!

マチノマ大森のマチノマキッチン&カフェと言うフードコートにオープンされた「さつまっこ マチノマ大森店」へ。

お店のカウンターのところに券売機。メニューを見るとオリジナルのさつまっこでは見たことの無いメニューがあります。という事でその変わり種の1つ「えび味噌らーめん」を頂いて参りました。

お店を見ると店名の後にSpin-offと書かれておりますから、コチラは独立店なのでしょうか?オープン当日はさつまっこ MEGAドンキホーテ大森山王店の店長さんが助っ人で来ておりましたので、本店の流れを汲んでいることは間違いありません。

更にスゴイことに、フードコートのラーメン店なのにスープはコチラで仕込まれております。ファクトリーメイドのスープじゃありません。お店の奥には大きな寸胴が3つ並び、湯気がケタタマしく吹いております。そして酒井製麺の麺箱も誇らしげにうず高く積まれております。スバラシス。券売機で食券を購入。食券をガタイのいい店員さんに渡すと、ビーパーが渡されるところは正にフードコートですね。鳴くまで待とうさつまっこ。

さて「えび味噌らーめん」。先ずはスープを頂きます。さつまっこらしい豚骨がベースラインのスープにエビのフレーバーが背後に隠れております。味噌の味わいも濃い目で、ちょっとピリ辛なスープとなっております。本店の辛味噌にエビフレーバーを追加した感じで悪くないですね。

トッピング具材は、海苔1枚、チャーシュー1枚、わかめに茹でモヤシ。輪切りのネギに白ごまを振り掛けられているところもさつまっこ感が感じられます。麺は酒井製麺の中太ストレート麺。エッヂの立った麺が流石酒井製麺と言う感じです。スープも絡みもよく、ズバッとススれば間違いなしの旨さです。チャーシューのカエシ加減もイイですね。肉厚で歯応えあります。完食完飲。ご馳走さまでした!

スープを最後まで飲むと、エビのザリっとした味わいを感じることが出来ます。故にスープ完飲をおすすめします!

それにしてもこの商業施設「マチノマ大森」って、何で出来たんですかね?駅から遠い陸の孤島。JR大森駅と蒲田駅の間、京浜急行、平和島駅と大森町駅の間。そして自動車の交通の便もあまり良くない場所、第一京浜と第二京浜の間、環七と環八の間。全てにおいて狭間、隙間にお店があります。そうかそれで街の間(まちのま)なんですかね(汗)

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件