なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あかいら!

男性 - 東京都

東京都城南エリアのレポート! ラーメンデータベースを中心に、オールラウンドで活動中。最近は、「うどんデータベース」「そばデータベース」にもボチボチレポートを上げております。もっぱら立喰専門ですが...(汗) Profile Image: Copyright (c) 2015 d'Holbachie-Yoko All rights reserved.

平均点 75.004点
最終レビュー日 2019年10月18日
4,044 3,429 0 6,844
レビュー 店舗 スキ いいね

「三代目 肉そば(¥780)」@三陽楼の写真三代目@三陽楼

本日はコチラ「三陽楼」へ伺い、「三代目 肉そば」を頂いて参りました!

場所は東京どローカル東急池上線の荏原中延駅至近。近所にあります有名店多賀野には本日も長蛇の列が出来ております。

お店は町中華ながら、ちょっと小綺麗な佇まい。扉を開くと、入口左手に券売機があります。お店はV字のカウンターの客席に、厨房は十字のカウンター。中々面白い作りです。あっちこっちに色々な装飾が飾られております。女将と若大将のオペレーション。女将がお冷を置いて座る席を指定してくれます。

さて「三代目 肉そば」。先代時代の人気メニューと言うこと。と言うことは現在の若大将は四代目か?だとしたら中々歴史のある町中華と言うことになりますね(※)。スバラシス!若大将は中華鍋に火を入れ、豪快に野菜を炒められております。程なくして女将により配膳。おおおっ、これは中々素晴らしいビジュアルです。結構しっかりとした野菜の盛り、お肉もタップリ入っております。J系ちっくなファーストインプレッションです。

先ずはスープを頂くと、これまた中々!強烈なニンニクのパンチが効いております!またまたJ系ちっく。肉野菜炒めニンニクフレーバーと言う感じでしょうか!これは旨くない訳無いですよね!スープはちょっと酸味感じる醤油のカエシ。これがニンニクフレーバーの肉野菜炒めにバッチリ合います!

野菜はもやし、ニラ、キャベツ、人参、キクラゲとタップリ入っており、中華鍋で強火で炒められておりますから、シャキシャキの歯応えがなんともイイ塩梅です。このレギュラーメニューの上位グレードとして、「肉増し」、更には「肉増し増し」もあるのですが、デフォの肉そばでも十分の肉量です。豚肉タップリ、肉厚で旨いです。

麺は中細平打ストレート麺。低加水で足の早い麺故に、若干柔らかくなるのが早いのが難点ではありますが、超高速にススれば問題ありません。そして、割と小振りなドンブリかと思いきや、野菜の量も、肉の量も、麺の量も結構タップリ!完食しましたが、なかなかの満腹感です。そしてもちろんスープも完飲。ドンブリの底には刻みニンニクもタップリと沈んでおりましたが、それもきっちりサルベージして。ご馳走様でした!

「ご馳走様でした!」と、お店を後にすると、裏の厨房の出口から、若大将が顔を出して挨拶をしてくれます。接客も素晴らしいですね。肉そばも美味しいですし、そりゃ人気のお店になる訳ですね!スバラシス!再び、ご馳走様でした!

※後からWebで色々観ていたら、品川経済新聞の記事で、コチラのお店は1931年(昭和6年)創業であることが分かりました。スバラシス!これからも町中華の灯を守って頂きたいと切に願う次第です!https://shinagawa.keizai.biz/headline/2617/

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「排骨つけ麺(¥880)」@中華料理 万福 蒲田店の写真排骨推し麺店!

気が付いたらいつの間にか居抜きでオープンされていたコチラ「中華料理 万福 蒲田店」へ伺い、「排骨つけ麺」頂いて参りました。

基本は、大陸系町中華と言う感じのお店なのですが、ランチメニューとして、「ロースかつ丼半ラメン付」や「カキフライ半ラメン付」など(表記通り)、なかなかチャレンジャブルなメニューも提供されておりますw

レギュラーのランチメニュー(メニュー写真参照)を見ると排骨麻辣麺、排骨担々麺、排骨ラーメンと排骨の推しが強いです。更には排骨カレー飯まであります。と言う訳で、排骨推しに乗っかって、表題メニューを頂いた次第です。

さて「排骨つけ麺」。つけダレは、ちょっと濃いめの醤油味ベースのカエシで、魚介のフレーバーも感じる中華スープな味わいです。具材としては、青梗菜、わかめ、固茹で玉子1/2が入れられております。排骨は麺の方にトッピング。先ずは一切れ頂くと、カレーフレーバー感じる竜田揚げの様なカリカリの歯触りがイイですね。味わい的も正に排骨です。

麺は中太平打ちストレート麺。つけダレの絡みは良くありませんが、まぁ、つけダレはちびちびと頂けば良いですよね。排骨もつけダレに浸けて頂けば、また違う味わいを楽しむことも出来ます。たっぷりのわかめが、なんか味噌汁っぽいですが、麺と具材を完食。スープ割は無いだろうと勝手に判断し、冷たいお茶と交互に頂き、ほぼほぼ完飲。ご馳走様でした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「サンマー麺(¥750)」@華宴の写真赤いサンマー麺

大岡山に新しくオープンされたコチラ「華宴」へ伺い、「サンマー麺」を頂いて参りました。

場所はラーメン激戦区「大岡山」。大岡山の場合、ラーメンのみならずファストフード激戦区ですね。どのお店も東工大生を手ぐすね引いて待ってます。学割があるのが当たり前です。

でも、コチラのお店は学割はありませんでした。まぁ、オープンしたばかりなので、今は準備が無いだけですかね。大陸系の街中華と言う感じで、週末は家族連れがメインターゲットと言う感じです。

さて「サンマー麺」。出てきた一品を見て、サンラー麺と間違ってる?と一瞬焦ってしまいました。それはサンマー麺らしからぬ赤い色合いが、如何にも辛そうなスープに見えたからです。そしてヤサイはあんかけと言うより炒め野菜と言う感じで、所謂サンマー麺らしさはありません。亜種の生碼麺と言う感じですかね。

先ずはスープを頂くと、決して辛いわけではありません。色合いのみが辛そうで、味わいについては、普通に醤油の味わいです。あんかけじゃなく炒め野菜のアブラも相まって、スープはなかなかコクがあり、イイ塩梅の味わいです。野菜はモヤシメインで、ニラ、人参、しめじなんかも入れられ、鶏肉も細切りになって入っております。キクラゲなんかもオリジナリティですよね。もやし炒め麺と言うのが正しいネーミングでしょうか。

麺は多加水の極細ストレート。茹で加減はイイ塩梅で、麺量も多いです。キクラゲもコリコリタップリ入っており、野菜の量も多いので、なかなか満腹で、スープは7割ほど頂いて、ご馳走様でした!大陸系らしい街中華のサンマー麺、堪能しました!

そう言えば、店舗登録した時に、運営様が情報補完してくれたのですが、食べログの情報そのままコピーしてるんですね。自分のところで情報確認している訳じゃないんですね。SNS運営サイトして、それでイイんでしょうか?まぁ、そもそも他人のふんどしで相撲取るビジネスモデルですから、そうなるしか無いわけですかね... おっと、また削除対象になってしまいそうです(汗)

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「神奈川発祥サンマー麺(¥700)※」@中国家庭料理 你好 別館の写真メニュー表記通り(※税抜価格)

京急蒲田にはニイハオは3店舗あります。中国家庭料理 你好 本店とコチラ「中国家庭料理 你好 別館」。それと大宴会専門店の你好大飯店があります。いつか你好大飯店で大品麺会を賑々しく開催したいと目論んでおりますが、現状の規模感では全然大宴会にはならないですね(汗)

本日は新橋で呑んだくれた後に泥酔訪問。「神奈川発祥サンマー麺」を頂いて参りました。ちなみにこのネーミング。メニュー表記通りです(メニュー写真参照)。サンマー麺好きならスルーできないネーミングですよねw

お店は超巨大です。もしかしたら中国家庭料理 你好 本店まで地下で繋がってる?!と言うくらいに巨大です。席数をカウントしようと思いましたが、お店の奥が霞んでおります。それぞれのテーブルが大宴会で、タバコで煙っているところもあります。

さて「神奈川発祥サンマー麺」。モヤシのみじゃなく各種野菜が入れられたミックスド・サンマーメンです。塩あんかけが熱々で、酔っぱらいの馬鹿になった舌でも旨味がしっかりと感じられます。そして裏切ること無く熱々です。口の中を火傷しつつ塩あんかけを頂いたことは言うまでもありませんw

スープも醤油ベースのカエシですが、醤油加減がライトで、塩ラーメン?!と思えるほどの味わい。塩あんかけがしっかりと野菜や肉の旨味を閉じ込めているので、全体として調和が取れております。麺は中細ストレート。ズバッとススれば言う事ありません。もちろん完食。呑んだ後の深夜なのにスープも完飲で、ご馳走様でした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「のどぐろそば(¥1,000)」@らぁ麺 はやし田 池袋店の写真のどぐろの市民権!

池袋駅は何度行っても慣れません。必ず駅構内の地下で迷子になります。何ででしょう?そして人ともよくぶつかります。まるで大阪みたいです(汗)

更に街は中国人であふれてますね。大森や蒲田にも大陸の方はいっぱいおりますが、何気に池袋ネイティブ感が強い大陸の方がいっぱいいる様な気がします。それもあってか?やけにアウェイ感が強いです(爆)

本日はコチラ「らぁ麺 はやし田 池袋店」へ伺い「のどぐろそば」を頂いて参りました。特に限定とは書かれて居なかったので、これはレギュラーメニューなんですかね。初めてののどぐろは、金沢で頂いた地物の魚で、東京ではレアだったのですが、いつしか東京でも何時でも頂ける様になりましたね。養殖物とかあるんだろうか?

さて「のどぐろそば」。黒いナルトがシンボリックです。先ずはスープを頂くと、のどぐろ煮干しなフレーバーがイイ塩梅です。醤油のカエシ加減もちょっとライトでイイ塩梅。グビグビと頂けます。トッピングは、極太メンマ2本、低温調理レアチャーシュー2枚、刻み紫玉ねぎ、ネギ、そして黒ナルト。黒ナルト@は何気に変わった香りがして甘めな味わいです。レアチャーシューな冷たくしっとり柔らかな食感です。

麺は菅野製麺所の低加水極細ストレート麺。ススり心地がイイ塩梅です。極太ナルトはコリコリ食感。塩加減もイイ塩梅です。レアチャーシューもスープで温めれば、しっかりした肉質感になり、温めたほうがイイ塩梅です。って、低温調理を否定しちゃってますね。もちろん完食。スープも完飲で、ご馳走様でした!

お店を出ると目の前にセクキャバ「大奥」。でも看板がおどろおどろしく、ちょっと入るの躊躇しちゃう感じですよね。怖いもの見たさ専門店?!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「尼ロック(¥900)」@らぁめん矢 ロックンビリースーパーワンの写真ブレないコダワリ

兵庫県に行ったならコチラ「らぁめん矢 ロックンビリースーパーワン」へ伺っておかなければイケませんよね。ってことで伺って参りました。

JR宝塚線に揺られて塚口駅へ、西口は駅前にセブンイレブンがしかない閑静な住宅地。暗闇の中をお店までトボトボ歩いて行った感じです。ちなみに駅の反対側には再開発された様で、大きな駅ビルやマンションが建ち並んでおりました。

お店に来ると、闇夜に浮かび上がるロックンな店主が描かれた看板。1階はシャッターが閉まっていたので、一瞬焦ったのですが、営業中の看板が出ております。お店は2階にある様です。階段を上ると入口右手にビリケンさん。お店に入ると赤坂でお見掛けした店主がいらっしゃいました。リーゼントに真っ赤なボーリングシャツ。ブレてないですねぇ~

黙して語らぬ店主は人差し指を立てます。1人?と言う問い掛けなので、「1人です。」と応えると座る席を手のひらを上にして指し示します。一切喋らず接客。オーダーは奥に居る女性店員さんに「尼ロック」と告げます。お店にあるモニターは外の様子を映し出しております。きっと路駐を許さないためのモニターだと思われます。ちなみに駐車場は8台分用意されている様です。

調理の様子を見ていると、寡黙な店主。女性店員さんとのコミュニケーションもありません。調理は完全ソロオペ。湯切りも変わらずロケンロールなリズム。チャッチャとリズミカルに、最後はテボを横に突きだして、シェケナベイビーで決めます。

さて「尼ロック」。トッピングは青ネギ、チャーシュー1枚、そして穂先メンマ1本。先ずはスープを頂くと、鶏油のフレーバーからすっきり鶏ガラベースの醤油の味わい。ブレないです。コダワリです。多分... 分からないのもそのはず、ラァメン家 69’N’ ROLL ONE 赤坂本店で頂いたのは塩でした...(汗)

麺は低加水の細めのストレート。ちょっとヤワラカメな歯応え。スープとあっております。メンマはちょっと変わった香りがしましたが、その正体は分からず。薄くスライスされたチャーシューも悪くありません。カウンターには一切調味料が置かれていないのもコダワリか?完食完飲。ご馳走様でした。

尼崎で¥900のラーメンは市民権を得られているのか?ちょっと分からないのが正直な所です。自分がお店に居た時の先客3人は、どうやら店主と顔見知りの様でしたし、後客は居ませんでしたので... まぁ、客単価下げていっぱい集客するのも意図するところじゃないでしょうけど...

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(¥880)」@喫茶 よしのの写真喫茶ラーメン

コチラ「喫茶 よしの」の前を通りかかると、「氷」の旗がはためいているのと合わせて、「冷し中華」のノボリもはためいております。「喫茶だけど、夏は冷やし中華も出しちゃう系か?」と、お店のショーケースを見てみると、焼きそばやラーメンも提供していると言うこと。

ラーメン専門店以外の冷し中華は、やっつけ仕事感があるので、ココは普通にラーメンを!と、台風前の猛暑日に喫茶でラーメン頂いて参りました。

場所は東京ローカル多摩川線。矢切の渡しは聞いたことあっても、矢口の渡しは聞いたことないかと思われます。その古の渡しが駅名となっている矢口渡駅から、日体荏原高校へ向かう商店街の道すがらにコチラのお店はあります。マンションの1階部分にあり、入口左手にはテラス席もありますが、猛暑日なので素直にお店に入ります。

お店に入るとマスターが一人で切り盛り。物静かで、接客は最低限。まぁ、お客に余計な気を遣わせまいと、余計なことは言わないだけかと思われます。他にお客さんはおらず、終始貸切状態だったので、あまりベラベラしゃべるマスターだったら、お客さんが疲れちゃいますよね。そう言う意味では、丁度イイ塩梅の静寂感。

喫茶に来てメニューも見ずに、「ラーメン」をオーダーする客。まぁ、一見さんですから、許してもらいましょうw ラーメン¥880に対して、ケーキセット(コーヒー付き)も¥880ですから、ある種、それがベースラインとなっている客単価なんだと思われます。後から見たら、カレーライスもオムライスもナポリタンも¥880でしたから。

オーダーすると、何かを包丁で切る音、何かをヂューっと炒める音。まぁ、それなりに調理されているのかな?と言うのが伺えますが、如何せん調理風景は全く見ることが出来ません。まぁ、専門店じゃありませんから、テボ使って麺茹器で麺を茹でていることもないでしょうし。五徳の上で中華鍋を振るうこともないでしょう。程なくしてマスターが我一杯を配膳してくれました。

さて「ラーメン」。うーむっ、ラーメンらしからぬ風貌。タンメンと言うか、味噌ラーメンと言うか、その中間と言う感じの色合いです。何かを炒めた音は聞こえてましたので、この豚肉ともやし、きゃべつ、人参を炒め、スープを入れて作られたことかと思われます。先ずはスープを頂くと、非常にライトな醤油のカエシ。味噌ではありません。濁った醤油味のスープのおダシは何がベースなんでしょうか?ちょっと分からないですね(汗)イエ、決して悪いわけでは無いです。ライトながらも味わいはイイ塩梅です。

炒め&茹でヤサイは、ちょっとシナシナ。そして思いの外タップリと入れられております。ゆで玉子は普通に固茹玉子。半分に割って、スープと一緒に頂きます。麺は中細ストレートのツルシコ麺。茹で加減はちょっと柔らかめ。胡椒が欲しいところですが、喫茶店なので、テーブルに置かれているのは、砂糖と植物性油脂コーヒーミルクのみ。ネタで入れるには、ちょっとヘビーw もちろん完食。スープも7割ほど頂いて、ご馳走様でした!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「【夏季限定】冷し中華(¥800)」@そば処 旭庵の写真中華麺は冷しのみ

コチラ「そば処 旭庵」のお店の前を通ると、黒板に「冷し中華」の文字を発見!もしかしたらその他にも中華麺のメニューもあるかもと伺って参りました。結果から言いますと中華麺は夏季限定の「冷し中華」しかありませんでした...

場所は平和島、美原通り商店街。旧東海道沿いにお店はあります。結構昔から営業されているかと思われますが、その詳細は分かりません。暖簾をくぐると、昭和の看板娘がお出迎え、ちょっと薄暗い店内は、近所の人の集会場と言った感じか?お客さんは基本馴染みと言う感じです。

壁に貼られているメニューも、カウンターに置かれているメニューも全て目を大皿にして探しましたが、中華麺のメニューは冷し中華しかありませんので、それをオーダー。おそばのメニューに比較して冷やし中華はお高い感はありますが、まぁ、季節限定メニューですから、きっちり儲けを出さないと!と言う事かと思われます。

さて「冷し中華」。具材は、タップリ、海苔、水菜、キュウリ、ハム、錦糸玉子、固茹で玉子、カニカマとバラエティに富んでおります。同様にからしもタップリと盛られておりますので、まずはからしを溶かしつつ、全体をグリングリンとかき混ぜます。麺はグレー掛かった冷麺の麺の様な感じです。

混ざったところでパクつくと、コチラの冷し中華のタレは酸味がありません。典型的な冷チューの味わいではないですね。妙に甘ジョッパな味わいとなっており、冷チュー感ありません。麺は冷麺っぽく弾力の強い麺、細いながらもしっかりとしたコシがあります。具材については、全てカットして並べただけなので、特筆するものはありません。

冷し中華のルーツは仙台の中華料理屋に有り!と言うことで、その昔、仙台で冷し中華巡りをしましたが、何処のお店も典型的なスッパショッパなタレで、どこも美味しいと思いませんでしが、そう言う意味では、コチラのお店の冷チューは典型的なものからはズレますが、まぁ、もうイイかなって感じです。完食。ご馳走様でした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシュー麺(¥750)」@中華そば金ちゃん 寒河江店の写真金ちゃん制覇の道!

山形に来たからには金ちゃん制覇の道を突き進まなければイケません!と言うことで、本日はコチラ「中華そば金ちゃん 寒河江店」へ伺い「チャーシュー麺」を頂いて参りました。

場所は寒河江市。寒河江街道沿い。お店の外観は洋菓子の不二家と言う感じ。ケーキ屋さんでも居抜きでラーメン屋にもなるんですねw

さて「チャーシュー麺」。チャーシューは全部で5枚。中華そばに+¥150でチャーシュー4枚も追加になるのは嬉しいですね。先ずはスープを頂くと、鶏ガラベースの醤油スープはイイですねぇ~ 鶏ガラのコクとイイ、カエシの加減イイ、パーフェクトなスープです。旨いです!

手打ち麺は中太強縮れ。普通でも200gとタップリです。モチモチの食感がイイ塩梅です。ワシワシモハモハ頂きます。チャーシューの肉質肉厚はイイ塩梅です。カエシ加減が強めなのは、まぁ山形仕様ですからね。メンマの歯応えはコリコリイイ塩梅。細かくカットされたネギがシャリシャリ嬉しいですね。

麺、具材を頂いて完食、残っているスープにお酢を回してスッパーにして完飲。これが旨いんですよね。コクのある醤油スープもお酢でサッパリ!で、完飲。ご馳走様でした!

金ちゃん制覇はなかなか進まないですが、ボチボチ進めて参りたいと思います。RDB見たら中華そば金ちゃん BEYONDなんてのもありました。これも行かないとイケませんね?>わたさんw 再び、ご馳走様でした!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「沖縄そば(¥650)」@鉄板ジョニーの写真暑い夏は沖縄そば!

梅雨が明けたかと思ったら連日猛暑日の東京地方。暑いですよねぇ~ こんな暑い時は冷しらーめんもいいですが、沖縄そばも悪くないですよね!ってことで、コチラ「鉄板ジョニー」へ伺い「沖縄そば」を頂いて参りました。

場所は大鳥居。環八と産業道路の交差点から、産業道路を川崎に向かったところにお店はあります。一階は鉄板焼のお店ですが、上階はビーグル東京ホステル&アパートメントと言う簡易ホテルになっております。これは1階で幾ら飲んだくれても安心ですw

さて「沖縄そば」。調理を見ていたのでが麺の茹で時間が随分と短いですね。1分位で麺上げされて居たように見受けられました。紅生姜は別皿で添えられていたので、先ずは投入せずにそのまま頂きます。豚骨ベースと鰹節ベースのスープはあっさりと旨いですね。暑い沖縄を乗り切れる栄養たっぷりなスープと言う感じです。まぁ、最近は沖縄よりも東京の夏のほうが暑いかもしれませんが(爆)

沖縄そばの麺は中太弱縮れ。錦糸玉子と相まって、一緒に頂きます。歯応えはそれほどなく、モハモハ頂けます。その他のトッピング具材は薄切りのラフティとカマボコ2枚。そして青ネギ。青ネギのシャリシャリ感がイイ塩梅です。ラフティも箸で切れる柔らかさでイイ塩梅です。

途中で紅生姜を1/3ほど投入すると、ピリッとした辛味と香りが更に食欲をそそりますね。途中でコーレーグスも2プッシュ投入して、ピリ辛にして完食。スープも完飲で、ご馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件