なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あかいら!

男性 - 東京都

東京都城南エリアのレポート! ラーメンデータベースを中心に、オールラウンドで活動中。最近は、「うどんデータベース」「そばデータベース」にもボチボチレポートを上げております。もっぱら立喰専門ですが...(汗) Profile Image: Copyright (c) 2015 d'Holbachie-Yoko All rights reserved.

平均点 75.004点
最終レビュー日 2019年10月18日
4,044 3,429 0 6,844
レビュー 店舗 スキ いいね

「【夏季限定】冷し中華(¥800)」@そば処 旭庵の写真中華麺は冷しのみ

コチラ「そば処 旭庵」のお店の前を通ると、黒板に「冷し中華」の文字を発見!もしかしたらその他にも中華麺のメニューもあるかもと伺って参りました。結果から言いますと中華麺は夏季限定の「冷し中華」しかありませんでした...

場所は平和島、美原通り商店街。旧東海道沿いにお店はあります。結構昔から営業されているかと思われますが、その詳細は分かりません。暖簾をくぐると、昭和の看板娘がお出迎え、ちょっと薄暗い店内は、近所の人の集会場と言った感じか?お客さんは基本馴染みと言う感じです。

壁に貼られているメニューも、カウンターに置かれているメニューも全て目を大皿にして探しましたが、中華麺のメニューは冷し中華しかありませんので、それをオーダー。おそばのメニューに比較して冷やし中華はお高い感はありますが、まぁ、季節限定メニューですから、きっちり儲けを出さないと!と言う事かと思われます。

さて「冷し中華」。具材は、タップリ、海苔、水菜、キュウリ、ハム、錦糸玉子、固茹で玉子、カニカマとバラエティに富んでおります。同様にからしもタップリと盛られておりますので、まずはからしを溶かしつつ、全体をグリングリンとかき混ぜます。麺はグレー掛かった冷麺の麺の様な感じです。

混ざったところでパクつくと、コチラの冷し中華のタレは酸味がありません。典型的な冷チューの味わいではないですね。妙に甘ジョッパな味わいとなっており、冷チュー感ありません。麺は冷麺っぽく弾力の強い麺、細いながらもしっかりとしたコシがあります。具材については、全てカットして並べただけなので、特筆するものはありません。

冷し中華のルーツは仙台の中華料理屋に有り!と言うことで、その昔、仙台で冷し中華巡りをしましたが、何処のお店も典型的なスッパショッパなタレで、どこも美味しいと思いませんでしが、そう言う意味では、コチラのお店の冷チューは典型的なものからはズレますが、まぁ、もうイイかなって感じです。完食。ご馳走様でした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「冷し中華(¥840)」@やぶ澄の写真ラーメン屋ぢゃなくてどうもスミマセンシリーズ

コチラ「やぶ澄」は通常メニューでは中華麺の提供はありませんが、夏季だけは「冷し中華」を提供する日本そばのお店です。本日も店頭メニューで「冷し中華」の看板を見つけて訪問しました。

場所は大田区西蒲田。既にシャッター街と言うか、お店の雰囲気すら無くなってしまった女塚通り商店街の端の方にお店はあります。目の前には、おなづか小学校がありますが、児童数は減る一方ですかね。都市の成熟度が一段落した町の小学校は、どこもこんな感じですよね。

お店は昭和の女将と大女将がホールに。厨房には昭和の大将が令和になっても自分が最後の後継者と言う感じで調理されております。後継者たる若大将は居ないんでしょうか?それとも何処かの料亭で武者修行をされているのでしょうか?何れにしましても街に馴染み過ぎたお店は、一部はリビングと化しております。きっとお馴染みさんしか来ないんだろうなぁ~と。

さて「冷し中華」。女将さんの手によって配膳されます。見た目は古の冷し中華風情。トッピングはカラフルです。センターに胡麻と紅生姜、12時方向から刻みナルト、千切りきゅうり、ミニトマト、錦糸玉子、カマボコ、ワカメと言うラインアップです。先ずはカラシを溶いて頂きます。

麺はカタメの中華麺。コシがナカナカしっかりとしております。スープはファクトリーメイドのスッパーな醤油味。これと言って特筆するものはありません。和辛子が結構辛かったので、鼻にツンと来ます。具材は大将の腕の見せ所ですかね。錦糸玉子はハードな歯応え、カマボコは分厚くていい感じ。きゅうりはスープに浸かり過ぎてショッパな味わい。完食。スープはほぼほぼ頂かずに、ご馳走様でした。

これが所謂、古のスタンダードな冷し中華ですね。現在では色々なラーメン店が趣向を凝らして色々な冷し中華がありますが、逆に古の冷し中華で、ラーメン店ではあまり見ないかも? 今度は、町中華でも冷し中華頼んでみなくては思うのでした...

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】宮し中華 ミニ(¥820)」@ラーメン宮郎の写真夏休みの宿題、1つダン!

本日は夏休みの宿題を片付けるためにコチラ「ラーメン宮郎」へ伺い、季節限定、数量限定の「宮し中華」のミニを頂いて参りました。

蒲田バーボン通りに来ると、なんと店頭に行列がありません。もしかしてお盆はお休み?と一瞬焦りますが、そんなことはありませんでした。先客5、後客12と、たまたまタイミングが良かったみたいです。自分の後はしっかりと炎天下の店頭に行列が出来ました。

表題食券を購入してカウンターに着席。コールは配膳時となりますので、先ずは何も告げずに、お冷を汲んで着席します。店主の宮元氏は不在で男性店員さん2人のオペレーションです。そして自分の1杯で宮し中華のお昼の提供数も終了した様です。ギリギリセーフ!(汗)

提供時に店員さんより「宮し中華の方?」とトッピングの確認が入ります。「全部普通で!」とお願いしましたので、これがレギューラーミニの絵面となります。手前に鶏チャーシュー2枚、左手にミニトマト1個とエビマヨ、フライドガーリック。右手におろしニンニクとショウガ。センターにダイコンメインで、紫キャベツやニンジンなど細切りにされた野菜。あれっ?紅生姜が山頂に無いですが、まぁ、無問題ですw 先ずはグリングリンとかき混ぜます。

ドンブリの底からゴマダレが顔を出します。かき混ぜる時は鶏チャーシュー邪魔ですねw 故に先ずは1本頂きます。あっさり鶏チャーシューはミチミチと肉質感タップリで旨いですね。しっかりとした歯応えでイイ塩梅です。野菜はシャキシャキ。ゴマダレと相まってこれまたイイ塩梅です。ちょっとピリッと感じるゴマダレで野菜が進みます。フレッシュセサミベジタブル。旨いです!

麺は中太ゴワゴワ麺。エッヂの立った麺はゴワムチでいい歯応え。しっかり噛まないと飲み込めないほどの歯応えなので、満腹中枢をしっかり刺激してくれます。ミニでも十分な物量です。野菜のシャキシャキと麺のムチムチのコンビネーションがナイス!やはり夏の風物詩はいいですねぇ~ しっかり完食。ご馳走様でした!

これで夏のJ系冷し中華の宿題1つ終わりましたが、果たして夏休み終わりまでに完遂出来るのか?!イヤ~無理だろうなぁ~(汗)猛暑には早く去って頂きたいところですが、夏休みの限定は延長戦もありかと...w

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「冷し中華(¥760)」@そば処 藤寿庵の写真ラーメン屋ぢゃなくてどうもスミマセンシリーズ
冷し中華はじめました

コチラ「そば処 藤寿庵」は普段ラーメンは提供しておりませんが、夏季になると冷し中華は提供される町そば屋さんです。と言うことで「冷し中華」を頂いて参りました。

場所は東京ローカル多摩川線の矢口渡駅。江戸川の渡し、矢切の渡しは歌になっているので有名ですが、多摩川の渡しであった矢口の渡については、この駅名からしかその存在を知ることは出来ません。まぁ、大田区民でも一生降りることのない駅かも知れませんが...

お店は矢口の渡商店街からちょっと離れたところにあります。店頭目の前に配達用のカブが置かれており、基本デリバリーでこのお店が成り立っていることがわかります。暖簾をくぐるとホールに女将さん、厨房に大将の夫婦船。大将はデリバリーも担当されている様なので、調理は大将も女将さんも担当されているんであろうと思われます。

お店は完全貸切状態。平日のランチタイムであれば近隣のサラリーマンやOL(と言っても制服着た町工場や中小企業の事務のオバさん)が訪れることもあるかと思われますが、週末のランチタイムはデリバリー・メインって感じですね。冷し中華の存在については、店頭の黒板で確認済みだったので、メニュー見ること無く「冷し中華」とオーダーします。

さて「冷し中華」。なんとパイナップルが載っているじゃないですか!パイナップルラーメン屋さん パパパパパインのお株を奪う力技!w その他のトッピングは千切りきゅうり、錦糸玉子、カニカマ、わかめ、紅生姜と、ある種月並み。先ずはグリングリンとかき混ぜますが、パイナップルがショッパになるのを避け、先に1つ食べてみるとシャリッとした歯応え。半分凍ったパイナップルの缶詰です。

混ざったところで麺にパクつきます。麺は汎用中華麺。醤油味に酸味感じるタレは超スタンダードな冷し中華な味わい。子供の頃、家で食べた冷し中華ってこういう味わいでしたよね!って思い起こさせてくれる味わいです。まぁ、業務用の冷し中華のタレを、そのままひねること無く素直に使えば作れる味わいですね。

錦糸玉子は、このタレを吸い過ぎてしまうとショッパになるので、KMさんリコメンドの日高屋方式、具材別皿提供の方が、コントローラブルでイイですね。KMさんのコダワリを改めて理解できた様な気がしますw

カニカマはハムの代わりですかね?個人的にはハムのほうが、よりベースラインの冷し中華って感じですが。最後にタレを吸ったパインを頂くと、冷し中華の冷しの役割を全うしてシャリ感の無くなったパインは、ちょっとショッパで、スッパで、ちょい甘め。酢豚のパイン否定派じゃないので、問題なく頂けました。完食。ご馳走様でした。

ラーメン、中華そばは提供して居ないけど、夏季だけ冷し中華を提供する町そば屋さん。大田区の町そば屋さんは数軒確認しておりますので、猛暑のこの夏、集中的に制覇して参りたいと思います。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「【期間限定】黒酢しょうゆ冷し麺(¥530)」@日高屋 川崎砂子店の写真KMさんリコメンド!

KMさんおすすめの冷し中華を頂くためにコチラ「日高屋 川崎砂子店」へ伺って参りました。冷し中華のメニューを探すのですが、そのままの名前のメニューは無いんですね(汗)期間限定の「黒酢しょうゆ冷し麺」はあるのですが...

なので女性店員さんに「冷し中華で!」と言って出てきたものが、やはり「黒酢しょうゆ冷し麺」でした。これ、毎年同じものが期間限定メニューで提供されているのでしょうか?それとも毎年マイナーバージョンアップされているのでしょうか?残念ながら日高屋ウオッチャーじゃないので分かりません。ゆで太郎なら分かるんですが(爆)

さて「黒酢しょうゆ冷し麺」。先ずは麺皿に添えられたからしを黒酢スープに溶かして行きます。わざわざ別皿にされているのは、何故だろうと思いましたが、お皿もしっかり冷えているところをみると、事前に具材はサーブされてお皿ごと冷蔵庫で冷やされている訳ですね。それほどまでに人気メニューであることと、しっかり涼感を楽しむための心配りがニクイじゃないですか!

って事で、先ずは麺皿を持ち上げ黒酢スープを頂きます。からしを溶かしたので、ちょっとツンとくる黒酢は酸味もしっかりナカナカ旨いじゃないですか!辛味と酸味で汗が出そうですが、でもそれで体温も下げることが出来る訳ですね。そのまま麺をズバッとススると、麺もしっかり冷たく、しっかりとしたコシがイイ塩梅です。旨いです!

続いてトッピング具材を全て麺皿に投入します。トッピング具材はハム、きゅうり、錦糸玉子、わかめとコレまたど定番。ブレの無い冷し中華と言う面持ち。しっかりと黒酢スープを絡めて頂けば間違い無しの味わいです。飾り切りされたきゅうりにしっかりと黒酢が絡みます。後乗せなので、錦糸玉子も黒酢が漬かり過ぎる前にズバッと頂けるのでイイですね。ハムもたっぷりなのが嬉しいです。

更にココに追い酢を回してスッパーで完食。スープは流石にそれだけを完飲するには濃過ぎなのでチビチビと頂きましたが、出来ればスープ割りが欲しいですね。最後にチョコっとお腹に温かいものが入れば、お腹も壊すことなく、暑い夏を過ごすことが出来ますからね。まぁ、結局は水分の取り過ぎでお腹壊すことになるのですが(爆)ご馳走様でした!

KMさんおすすめの冷し中華は超王道です。その昔、冷し中華発祥の地である仙台で、冷し中華を食べまくったことがあるのですが、どれも発祥の地のプライドなのか、妙に奇をてらっているところがあったりとイマイチ感が否めなかったのですが、日高屋の冷し中華は正にベースラインと言う感じで、安心して頂ける1杯ですね。まぁ、そういう意味では日高屋の1杯は、野菜たっぷりタンメン含め、ほとんどが王道感漂っておりますがw

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「冷し中華(¥600)」@信濃路 蒲田店の写真ラーメンの提供はないですが...

大田区ダメオヤジ天国の「信濃路 蒲田店」の前を通ると、「冷し中華始めました」ののぼりが出ている。ラーメンは提供していないのに冷し中華はやるんですね... とりあえず伺ってみることに。

きっと声のデカイオヤジの一言なんだろうなぁ~と思いつつ、いつかコチラのお店で声高らかにラーメンの提供をお願い出来る立場になってみたいものであると... 思ってもいない事を考えながらお店の中へ...

ビビリな自分は、以前は手前のそば・うどんスペースのスタンディングカウンターメインのところしか入れませんでしたが、本日は勇気を持って、ちょっと中まで... それでも中のカウンターの大分手前に着席です。一番奥のエリアに座っているオヤジ達は、所謂スタンダードな大田区ダメオヤジ達。あの域に達することは無いだろうなぁ~と思いながら「冷し中華」をオーダーしました。

大田区ダメオヤジ達は、店の最奥部から、入口手前のカウンター部分にあるテレビを見つつ、NHKのど自慢の審査員長気取りです。ナカナカやりますなぁ~ それらを全く意に介さず、1人で静かに文庫本を読み、焼酎を飲んでいるオヤジも居ます。なれるならそっちだろうなぁ~w

さて「冷し中華」。プラスチック平皿に提供。社食の夏のスペシャルメニューと言った様相で、コチラのお店にしてはカラフルな色合いかと思われます。具材はワカメ、天カス、固茹で玉子、トマト、きゅうり、ハム、紅ショウガとスタンダードですね。錦糸玉子がないあたりが、コチラのお店らしいですw

先ずはグリングリンと具材をかき混ぜ、スープを絡めます。汎用中華麺をパクつくと、これまたスタンダードにショッパでスッパな冷し中華フレーバー。ちょっと濃い目の味わいは、大田区ダメオヤジの汗の香り。酸味がキツいのも納得です。

具材の味わい、麺の茹で加減については特筆するものは無く、濃ゆい味わいに段々飽きてくる感じは、無限ループで無意味な大田区ダメオヤジの酔っぱらい会話と相通ずるものがあります。それでも完食完飲、ご馳走様でした。 大田区ダメオヤジの宴はまだまだ続きます。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「【夏季限定】冷し中華(¥940)」@麺恋処 いそじの写真癒し中華はじめました!

もはや年中行事の「麺恋処 いそじ」の「冷し中華」。今年もちゃんと頂いて参りました。今年の1杯もバージョンアップされてますね。完熟トマトに飾り切りのきゅうり、大葉にほうれん草に三つ葉あたりはだいたい例年と同じ感じでしょうか。もちろん半熟味玉1/2とチャーシュー2枚も間違いない旨さです。そして以前はシャーベット状だった魚介スープが、今年は冷たいゼリー状の様な物体に。なんとも言えない軟体感、冷たいけどシャリシャリはしておらず、カエシと魚介の味わいがしっかりとしております。そして冷し中華のタレも豚骨魚介で、醤油とも味噌とも胡麻とも言えないなんともフュージョンなカエシ。これも旨いじゃないですか!そして間違いなしの伊太利麺。中太ストレートの麺が、これらをしっかりと支えてくれます。最後のスープ割りが癒し中華の証。今年もウマシカテ。ご馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 8件

「【季節限定】にぼし冷麺(¥820)」@麺や 六三六 名駅店の写真グレーゾーン?!

RDBのルール上、韓国冷麺や盛岡冷麺はアウトですが、ラーメン店の提供する中華麺による冷麺はアウトか?セーフか? 季節限定で提供されている「にぼし冷麺」を頂きにコチラ「麺や 六三六 名駅店」へ伺って参りました。お店は愛知県産業労働センターウインクあいちと言う大きなビルの地下飲食店舗で、ラーメン屋が入っている雰囲気ではない小洒落たお店です。

さて「にぼし冷麺」。見た目は韓国風な雰囲気で、キムチがトッピングされております。先ずはスープを頂くと、冷たいスープながらしっかりと煮干が効いております。脂が浮いておりませんので、基本煮干魚介スープに塩味のフレーバーで、あっさりとした飲みくちです。

麺は中細弱ちぢれ麺。冷たいスープに入れられているので、シコシコプリプリの歯触りが何ともイイ塩梅です。中華麺ですからRDB的にはセーフだと思うのですが、まぁ、グレーアウトしてもいいネタの提供になるかとw トッピング具材は、ハードボイルドエッグとチャーシュー2枚とキムチ。チャーシューが冷たいスープでちょっとイマイチ感は否めません。

「お好みでどうぞ!」と提供された辛みそを入れると、辛さ以上に甘さが増し、入れなきゃ良かったとちょっと後悔。それでも具材は完食、スープは半分ほど頂いてご馳走様でした!夏を名残惜しく頂きましたが、やはり猛暑な夏に食べときゃ良かったと言う感じです。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「冷し中華そば(¥600)」@らーめん亭の写真冷し中華そばの分類は?!

と、ふと疑問に思い、過去の自分のレポートを見てみると「汁なし」に分類しておりました。まぁ、冷たいスープのラーメンもあるので、そう考えればこの手のオーセンティックな冷し中華は汁なしですよね。ということで本日はコチラ「らーめん亭」へ伺い夏季限定「冷し中華そば」を頂いて参りました。

ちなみにコチラのお店、コンプリートまであと少し。しかもラーメンのみならず、チャーハンや一品料理含めてコンプリートしそうな勢いです。通う理由はウマイから!じゃなく近いから!です。それでもとてもコストパフォーマンスが良いので、それも通う理由の1つではあるのですがw

さて「冷し中華そば」。冷し中華じゃなく、冷し中華そばなのは、名古屋たる所以か否かは分かりませんが、実にオーソドックスで、オーセンティックな1杯です。ただ、具材のバラエティは3種類とあまりにもシンプル。きゅうりとハムと錦糸卵だけって寂しいですよね。せめてモヤシも欲しかったと思うのは、自分がモヤシ好きだからか?きゅうり1/3なんて、ジャムおじちゃん(充電中...)さんが聞いたら卒倒しそうですw

スープはスッパな醤油味。甘味もあって、まぁ、既成品の冷し中華の基だと思われます。麺も冷水で〆ている訳ではなく、ちょっと温めなのはまあご愛嬌でしょうか。はじめカラシ多くない?って思いましたが、全体に絡めるとちょうどイイ塩梅でした。あっさり完食でご馳走様でした。

そう言えば、名古屋ってあまり冷し中華見ないのは、自分が見ていないだけか?まぁ、そもそも食指が向かないのもありますが... 探すだけ探してみよう!

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 9件
85

「冷し中華(¥680)」@千里眼の写真冷し中華の双璧制覇!

各地で今年の最高気温をマークした本日、汗だくになりながらコチラ「千里眼」へ伺い、「冷し中華」を頂いて参りました。 東京界隈では麺恋処 いそじと並んで双璧、または二大巨頭と言われる逸品です。 やっぱり暑い日に頂かないと!w

ちょっと遅めのランチタイムに伺うと、遠目で並びが確認出来ません。 げっ!月曜日定休だけど祝日の場合は営業して、翌日が休みなんだっけ?!と、言われもない不安がよぎります。 しかも店頭まで来ると、きっちりと扉が閉められている状況。 まさに嫌な汗をかいた一瞬でしたが、「営業中」の看板も出ておりますし、店内には人影も見えます。 良かった、グッドタイミングすぎたみたいです!

お店に入ると、丁度食事を終えた方と入れ替わりで、後方待ち席に座ることなくカウンターに案内されました。 もちろん券売機で「冷し中華」を購入し、お冷、レンゲを持ってカウンターに座ります。 でもよく考えたら冷し中華はレンゲ要らないかもしれませんねw

お店は揃いの黒いTシャツを着た店員さん3人。 いらっしゃいませ! お待たせしました!と、声もよく出ていて気持ちのよいオペレーションです。 Jインスパイアらしからぬ接客の良さですw 程なくして、コール「冷し中華の方、ニンニク入れますか?」と確認が入りましたので、「全マシで!」と、カラアゲじゃないですが、ちょっと高揚、アゲアゲで答えてしまいました。 結果、また写真がピンぼけです...orz

さて「冷し中華、全マシ」。 何が素晴らしいって、そのカラーリングです。 美しすぎる色合いは、トマトとカラアゲの赤が両側にアクセントとして置かれ、野菜の山がカラフルです。 大根(白)、水菜(緑)、人参(オレンジ)、きゅうり(黄緑)、紫キャベツ(紫)と野菜だけでも5食のカラーリング。 そこにニンニク(黄)、鶏チャーシュー(ベージュ)が加わり、更にカラフルになります。 全8色です!

野菜増しなので、直ぐに天地返しをすることは出来ません。 先ずは野菜の山を少しずつ崩して行きます。 ゴマだれのドレッシングが掛けられ、更には背脂までチャッチャとされた野菜は、それだけでサラダとして頂ける旨さです。 シャキシャキの野菜がイイ感じですが、この千切り野菜、結構コストと手間が掛かっているのに、ラーメンと同じ値段と言うのは脱帽です。 夕方の開店時間を繰り下げているのも、この野菜を千切る時間だと思われます。 スバラシス!

野菜と一緒にカラアゲも頂くと、これまたフレーバーチャンジでイイ感じ。 シャキシャキの野菜とカリカリのカラアゲが良い歯触りとなります。 またニンニクも加勢するので、野菜だけでもかなり楽しめる1杯です。

程なくして野菜の山もこなれ、天地返しをしていきます。 麺は中太平打ちウェーブ麺。 黄土色の麺が、更にカラーを追加します。 ドンブリのそこには同様にゴマだれが入っており、麺と野菜を絡めて行きます。 しっかりとしたコシの上に氷水でしっかりと〆られた麺は、言うことなしの旨さです。 一般的な冷し中華の麺と言うと、割りとやっつけな感がありますが、こちらの逸品は違います。 ゴワゴワワシワシシャキシャキカリカリと、季節的にギオンの賑わう味わいですw

鶏チャーシューもこれまた絶品! 分厚い鶏の脂身も旨し、そして赤身も旨し! やはり冷しには、さっぱりとした鶏がイイ感じですね。 あっという間に完食。 ドンブリの底に残ったカラアゲもレンゲですくって完食!(あっ、レンゲ活用しました!w) ご馳走様でした!

今年の夏の宿題。 夏休みの前に片付けてしまった様な... これは新たなる夏休みの自由研究の課題を見つけなければ!と、思う次第ですw 再び、ご馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (22) | このお店へのレビュー: 2件