なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あかいら!

男性 - 東京都

東京都城南エリアのレポート! ラーメンデータベースを中心に、オールラウンドで活動中。最近は、「うどんデータベース」「そばデータベース」にもボチボチレポートを上げております。もっぱら立喰専門ですが...(汗) Profile Image: Copyright (c) 2015 d'Holbachie-Yoko All rights reserved.

平均点 75.004点
最終レビュー日 2019年10月18日
4,044 3,429 0 6,844
レビュー 店舗 スキ いいね

「味噌らーめん(¥700)」@元祖ニュータンタンメン本舗 武蔵小山店の写真辛さ選べます:中辛(レベル3)

本日はぬこ@横浜さんに業務連絡の目的でコチラ「元祖ニュータンタンメン本舗 武蔵小山店」へ伺い、天邪鬼な故に「味噌らーめん」を頂いて参りました。

場所は武蔵小山。最近ニュータンタンは都内にも侵攻しております。つまりはぬこ@横浜さんの都内の宿題が続々増えていると言うことですw

本日は青山で呑んだくれた後の訪問です。本当は麺屋 薫風へ伺いたかったのですが、なんと営業時間内のハズなのに、シャッターを閉める店主。目が合うもののスルーする店主。まぁ、次の機会に行けば良いかと言う事で、コチラに伺った次第です。

さて「味噌らーめん」。辛さ指定を確認されたのですが、めちゃ辛にすると、ニュータンタンメンなのか?味噌らーめんなのか分からなくなりそうなので、「中辛」でお願いした次第です。熱々で配膳されました。先ずはスープを頂くと、辛味はそれほどでもないですが、味噌の風味もイマイチな感が否めません。味噌のコクが無く、平べったい味わいです。

中華鍋で炒められた野菜はタップリ、もやし、キャベツ、キクラゲなどシャキシャキの歯応えです。ミンチもタップリと入っております。麺は中太ストレートのニュータンタン仕様の麺。歯応えは悪くありません。もちろん完食。深夜なのにご丁寧にスープも完飲。ご馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「【数量限定】淡麗塩ホタテそば(¥880)」@NOODLE VOICEの写真ホタテをなめるなよ!

本日はコチラ「NOODLE VOICE」へ伺い、数量限定で提供されている「淡麗塩ホタテそば」を頂いて参りました。

場所は池袋駅の南。南口ってありましたっけ?何度来ても迷う池袋駅。JR池袋駅だけでも十分迷宮な自分にとって、東京メトロ池袋駅は正に樹海です。方向感覚を完全に失います。

それでも何とかたどり着けるのは地図アプリのお陰です(地下では不正確ですが)。地図ばっかり見てるから全然、街や道を覚えないんでしょうね。地図アプリの功罪です。

道は覚えない、漢字は書けない、なんでもWebで直ぐググる。そして博学になった気になってしまう。便利は人間をダメにしますね。これでAIなんかで色々制御される時代になったら、益々人間はダメになって、AIにディシジョンを求める様になるんでしょうね。

閑話休題。お店は店名の通り、ちょっと小洒落た雰囲気。入口左手に券売機。その上にはモニターが置かれ、メジャーリーグが放映されております。お店は男性店員さん2人。カウンター一線に、テーブル席。4人でラーメンススるには、ちょっと小さくないか?と言う感じですが、夜は飲みにケーションプレースになるんですかね?

表題の食券を購入して店員さんに渡すと、「大盛、中盛、並盛は?並盛で麺量は180gです。」との事なので、並盛で十分ですね。「並盛でお願いします!」と告げて、カウンターに着席します。

オペレーションを見ていると、スープは都度温めの様で、小さい寸胴から雪平鍋に取り分けて温められております。麺は大き目のテボで茹でられておりますので、茹でムラがなさそうでイイですね。しかしながら、茹で時間は雰囲気と言う感じで、店員さんの体内時計頼り。まぁイイですけど。

さて「淡麗塩ホタテそば」。トッピング具材は、海苔1枚、煮帆立1つ、鶏チャーシュー2枚、極太メンマ2本、細切りネギにカット柚子が香り付けとしてトッピングされております。先ずはレンゲでスープを頂くと、魚介のフレーバー感じるスープは、ナカナカイイ塩梅ですね。帆立貝汁の旨味が出ておりますが、それほど強い訳ではありません。その他の鶏や昆布のおダシの裏に帆立が隠れている感じです。塩加減が絶妙で、グビグビ頂ける感じです。

麺は中細ストレートの低加水麺。ちょっと茹で過ぎで、柔らかめな感がありますが、体内時計がちょっとズレていたんでしょうね。鶏チャーシューは脂身の無い胸肉か?ヘルシーでイイ塩梅です。煮帆立は、スープに味わいが出てしまったのか?味わいについてはライト。帆立のひもの部分がブニブニの歯応えでイイ塩梅です。

柚子の香りは、個人的には居るかなぁ?!と、ちょっとはてなマーク。と言うのも淡麗スープなので、柚子の香りで消す臭みはないかと思われるので、それほどまでに魚介のフレーバーは強くないです。それでも旨いのはスープ。グビグビともちろん完飲で完食。ご馳走様でした。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(¥750)」@ソラノイロ食堂の写真ピンクナルトがカワイイ!

本日はコチラ「ソラノイロ食堂」へ、花びらチャーシューメンに色めき立って伺ったのですがw やはり自分にはToo Muchだなぁと、普通に「ラーメン」を頂いて参りました。

お店は池袋西口から要町通りを要町方面に向かい、ちょっと路地裏に入ったところにお店はあります。要町通りにも看板が出ているので、らーめん大 池袋店を越えて2つ目の路地を右に入ります。

お店はキレイですね。お店の前まで来ると、店員さんがドアを開けてくれます。接客もイイですね。券売機で標題食券を購入。女性店員さんに渡すと「塩 or 醤油」、「あっさり or こってり」について確認されますので、「塩、こってり」でお願いしました。

お店にはお子様連れの豊島マダム(音的には微妙w)が居たりして、アットホームな雰囲気ですね。確かにお店にはお子様メニューも用意されておりますから、お子様ウェルカムなお店の様です。もちろんお酒を飲める夜のお子様もウェルカムですw

さて「ラーメン」。ピンクのナルトが良いシンボルですね。その下には花びらチャーシュー。残念ながら花びら大回転ではイケませんでしたが、ちゃんと3枚も入っているのが嬉しいですね。そしてそれを覆うようにスープにはヌラヌラの背脂が浮いております。

先ずはスープを頂くと、豚骨清湯のすっきりクリアな塩味のスープなのに、タップリ背脂が、それを邪魔する様に入れられており、イイ塩梅のバランスとなっております。花びらチャーシューは、薄めですがカエシ加減はイイ塩梅で、肉な味わいがちゃんと楽しめるチャーシューとなっております。極太メンマは、ちょっと塩抜きし過ぎな感はありますが、歯応えはイイ塩梅です。

麺は中細ストレートの低加水麺。シコシコの歯応えがイイ塩梅です。スープとの相性もイイですね。背脂のヌラヌラ感を纏い、ちゃんとフーフーしないと唇を火傷しそうです。もちろん完食完飲。ご馳走様でした!過去レビューを見ると、コチラのお店は値下げされているんですね。スバラシス!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「三代目 肉そば(¥780)」@三陽楼の写真三代目@三陽楼

本日はコチラ「三陽楼」へ伺い、「三代目 肉そば」を頂いて参りました!

場所は東京どローカル東急池上線の荏原中延駅至近。近所にあります有名店多賀野には本日も長蛇の列が出来ております。

お店は町中華ながら、ちょっと小綺麗な佇まい。扉を開くと、入口左手に券売機があります。お店はV字のカウンターの客席に、厨房は十字のカウンター。中々面白い作りです。あっちこっちに色々な装飾が飾られております。女将と若大将のオペレーション。女将がお冷を置いて座る席を指定してくれます。

さて「三代目 肉そば」。先代時代の人気メニューと言うこと。と言うことは現在の若大将は四代目か?だとしたら中々歴史のある町中華と言うことになりますね(※)。スバラシス!若大将は中華鍋に火を入れ、豪快に野菜を炒められております。程なくして女将により配膳。おおおっ、これは中々素晴らしいビジュアルです。結構しっかりとした野菜の盛り、お肉もタップリ入っております。J系ちっくなファーストインプレッションです。

先ずはスープを頂くと、これまた中々!強烈なニンニクのパンチが効いております!またまたJ系ちっく。肉野菜炒めニンニクフレーバーと言う感じでしょうか!これは旨くない訳無いですよね!スープはちょっと酸味感じる醤油のカエシ。これがニンニクフレーバーの肉野菜炒めにバッチリ合います!

野菜はもやし、ニラ、キャベツ、人参、キクラゲとタップリ入っており、中華鍋で強火で炒められておりますから、シャキシャキの歯応えがなんともイイ塩梅です。このレギュラーメニューの上位グレードとして、「肉増し」、更には「肉増し増し」もあるのですが、デフォの肉そばでも十分の肉量です。豚肉タップリ、肉厚で旨いです。

麺は中細平打ストレート麺。低加水で足の早い麺故に、若干柔らかくなるのが早いのが難点ではありますが、超高速にススれば問題ありません。そして、割と小振りなドンブリかと思いきや、野菜の量も、肉の量も、麺の量も結構タップリ!完食しましたが、なかなかの満腹感です。そしてもちろんスープも完飲。ドンブリの底には刻みニンニクもタップリと沈んでおりましたが、それもきっちりサルベージして。ご馳走様でした!

「ご馳走様でした!」と、お店を後にすると、裏の厨房の出口から、若大将が顔を出して挨拶をしてくれます。接客も素晴らしいですね。肉そばも美味しいですし、そりゃ人気のお店になる訳ですね!スバラシス!再び、ご馳走様でした!

※後からWebで色々観ていたら、品川経済新聞の記事で、コチラのお店は1931年(昭和6年)創業であることが分かりました。スバラシス!これからも町中華の灯を守って頂きたいと切に願う次第です!https://shinagawa.keizai.biz/headline/2617/

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「タンメン(¥600)」@中華料理 天華の写真爆盛タンメン@田町路地裏町中華

田町の路地裏を徘徊している時に見つけたコチラ「中華料理 天華」。その雰囲気から、これは将来に残さなければイケない昭和の町中華であ~る!ってことで、たまらず伺って参りました。

全然屋号を示すものが無いので、RDBの「近くのお店を探す」で調べて、初めて屋号が分かりました。そして、RDBには昔の店舗外観も上がっており、以前はオレンジ色の幌に屋号が書かれていた事も確認。現在は幌がありませんが、先日の台風15号で飛ばされちゃったんですかね?(汗)

お店に入ると活気がありますねぇ~ 近隣サラリーマンでお店はごった返しております。しかも昭和の町中華らしく喫煙可能(爆)近所の工事現場のガテン系のおじさん達が古のタバコ(電子じゃない)を吸われております。まぁ、これがコチラのお店の流儀ですから、郷に入っては郷に従え!

店頭にカブが3台並んでいることからも、コチラのお店は出前もかなり忙しいみたいですね。調理人3人は、ひっきりなしに中華鍋を振るっております。オーダーが入るや否や、チャーハンや麻婆豆腐を用意されております。そしてもちろん町中華で頂くべきは調理麺と言うことで、キホンのキで「タンメン」を頂く事にしました。

さて「タンメン」。洗面器大のドンブリがどーん!っと登場。しかも野菜は山盛りで、爆盛タンメンが登場しました。お店の予習も無く(プリさんの冷や中レビューをチラ見したのみ)、ちょっと心の準備が出来ていなかったので怯んでしまいました... ワンコインのラーメンにプラス¥100で、これだけの圧巻のボリュームが来るとは、全く予想だにしておりませんでした... 心落ち着けて...

先ずはスープを頂きます。ちょっと濁ったスープは、鶏ガラベースのスタンダードな町中華仕様。そこに炒め野菜の旨味がたっぷり出ておりますから、間違いなしの町中華タンメンフレーバーです。旨いです! 野菜はモヤシ、キャベツ、ニラ、ニンジン。ほぼほぼモヤシで席巻と言う感じですが、高火力でザっと炒めたモヤシはシャキシャキでイイ塩梅です。

麺は中細強ちぢれ麺。麺量も普通より若干多めに感じたのは、この洗面器大ドンブリのインパクトですかね。炒め野菜の下から豚バラ肉も顔を出します。ちゃんと動物タンパクも入れられて、この価格は素晴らしいですね!間違いなくタンメンはMust eatな1杯です。もちろん完食。スープは半分ほど頂いて、ご馳走様でした!

お隣のお客さんが頂いていた餃子もナカナカ大きいですねぇ~ 普通の町中華のつもりで、タンギョー(タンメン&ギョーザ)とかオーダーしていたら、間違いなく遭難する感じですね。爆盛メニュースバラシス!再び、ご馳走様でした!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「半分(¥680)」@ラーメン二郎 京都店の写真白い二郎@京都

コチラ「ラーメン二郎 京都店」訪問で、ラーメン二郎全店制覇!!と言う金字塔を成し遂げましたが、来月にはラーメン二郎 前橋千代田町店がオープンされてしまうんですね... 一瞬だけの二郎全店制覇タイトルホルダーです...(号泣)

数年ぶりに一乗寺駅に降り立ちました。叡山電鉄の社内アナウンスで「一乗寺ラーメン街道」なんて紹介されましたが、以前はそんなアナウンスありましたっけ?なんて考えておりました。

RDBを調べてみると、以前、一条寺駅にお降り立ったのは、既に12年も前の事、二郎インスパイア制覇の一環で、ラーメン荘 夢を語れへ来ておりました... しかもその頃は、まさかラーメン二郎が京都出来るとは想像も出来ずに...w

一乗寺駅から直ぐと言う情報だけで、正確な場所は調べておりませんでしたが、本当に目の間にあるんですね。しかしながら、白地に黒の二郎の文字の看板は、一瞬バッタモン?!と思ってしまいましたw 京都の景観に配慮しての事だと思われますが、ローカライズはイイですねw

お店の左側の細い通路が入口で、正面は出口のみです。通路に並びはありませんでしたが、お店に入ると3人ほど待っているお客さんがおりました。券売機に向き合い、チョイスしたのは「半分」。麺量控えめや半分で値段が安くなるのは嬉しいですね。半分で「一般的なお店の並」との表記。自分にはそれくらいで十分です。程なくして席に案内されました。

券売機正面に給水機。その横にレンゲが置かれておりますので、セルフでお冷を汲み、レンゲをそのお冷に入れて自分のカウンター席まで向かいます。壁に掛かっているカバンが、ちょっと邪魔に感じるくらいの通路の幅。カウンターに着席、食券を提示します。

店員さん2人のオペレーション。非常に連携はイイ感じです。カウンターが高いので調理の様子を窺い知ることは出来ません。程なくしてお弟子さんより「半分、ニンニク入れますか?」とのコールに、いつも通り「ヤサイニンニクアブラで!」と、お願いしたのが写真の一杯です。ドンブリ小さめなのですが、ヤサイもタップリなので、全然半分らしからぬ面持ちです。

さて「半分」。ちなみに半分は麺量半分(150g)、更には豚も半分の1枚となっております。先ずはニンニクと一緒にスープをヤサイに掛け回します。レンゲがあると便利ですねw ついでにスープを頂くと、微乳化な豚骨醤油スープは、割とライトなコク。しかしながら、アブラエクストラでお願いしているので、十分に濃厚です。旨いです。カエシ加減がライトなのは西の二郎仕様と言う感じでしょうか。個人的にはグビグビ頂ける丁度イイ塩梅のカエシ加減です。

ヤサイはモヤ率9割と言う感じでしょうか。茹で加減は丁度イイシャキ加減。背脂と一緒に頂けば言う事ありません。豚はバラロールチャーシュー。スープに沈めてホロトロに仕上げます。しっかりとした肉質で、これまたカエシ加減はイイ塩梅で美味いです。

麺は中太ストレート。モチゴワ感は間違いありませんよね。オーションが香ります。茹で加減は丁度良く、個人的にはジャストフィットですが、どエムな諸兄諸姉はカタメコールが必要かと思われます。カウンターには、各種カスタマイズグッズも用意されておりますが、それらを使う暇なく完食。スープもほぼほぼ完飲で、ご馳走様でした!

二郎最西端店制覇!ウマシカテ♪

投稿 | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件

「麦味噌ラーメン(¥850)※」@ラーメンダイニング 雪あかり ブルースカイダイニング店の写真注意:出てくるの遅いです(※税抜価格)

本日はコチラ「ラーメンダイニング 雪あかり ブルースカイダイニング店」へ伺い「麦味噌ラーメン」を頂いて参りました。

お店は1階到着ロビー1番出口の目の前。いつも飛行機で羽田に降り立つと気なっているお店ではありました。が、なかなかタイミングが合わず行けないでおりました。お店に入ると、店員さんが席に案内してくれますので、ちょっとだけ入口で待ちます。メニューは入口看板で既に決めていたので、席を案内されるや否や表題メニューをオーダーしました。

多分10分も待たずに配膳されたと思うのですが、チェックインの前だとやけに長く感じますよね。なので時間の余裕が無い場合は別のお店にした方が無難じゃないかと思われます(個人の感想です)。

さて「麦味噌ラーメン」。調理されているもの全然無いじゃないですか!(怒)チャーシューに茹でモヤシ、メンマ、ネギがトッピングされているだけで、味噌ラーメンですが、炒め工程は無いようです。それにしては時間掛かり過ぎですよね。先ずはスープを頂くと、ちょっとショッパな麦味噌はラードのお陰か?何気に濃厚な味わいです。ライス欲しくなる感じです。

麺は札幌ラーメンらしい、黄色味の強い、多加水中細強ちぢれ麺。シコシコの歯応えがイイ塩梅です。薄くスライスされたチャーシューは特筆すものなく。そういう意味では、メンマも同様にファクトリーメイドですから。ある種品質は間違いなしですかね。もちろん完食。スープは半分ほど頂いて、ご馳走様でした!

これでRDBに登録されている羽田空港国内線ターミナルビルのお店は全店制覇!と思ったら、リンガーハット PREMIUM 羽田空港第1旅客ターミナルビル店が先週オープンされてました... 折角なので店舗登録させて頂きました。国内線ターミナルビル完全制覇の道は遠い(汗)

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「サンマー麺(¥750)」@華宴の写真赤いサンマー麺

大岡山に新しくオープンされたコチラ「華宴」へ伺い、「サンマー麺」を頂いて参りました。

場所はラーメン激戦区「大岡山」。大岡山の場合、ラーメンのみならずファストフード激戦区ですね。どのお店も東工大生を手ぐすね引いて待ってます。学割があるのが当たり前です。

でも、コチラのお店は学割はありませんでした。まぁ、オープンしたばかりなので、今は準備が無いだけですかね。大陸系の街中華と言う感じで、週末は家族連れがメインターゲットと言う感じです。

さて「サンマー麺」。出てきた一品を見て、サンラー麺と間違ってる?と一瞬焦ってしまいました。それはサンマー麺らしからぬ赤い色合いが、如何にも辛そうなスープに見えたからです。そしてヤサイはあんかけと言うより炒め野菜と言う感じで、所謂サンマー麺らしさはありません。亜種の生碼麺と言う感じですかね。

先ずはスープを頂くと、決して辛いわけではありません。色合いのみが辛そうで、味わいについては、普通に醤油の味わいです。あんかけじゃなく炒め野菜のアブラも相まって、スープはなかなかコクがあり、イイ塩梅の味わいです。野菜はモヤシメインで、ニラ、人参、しめじなんかも入れられ、鶏肉も細切りになって入っております。キクラゲなんかもオリジナリティですよね。もやし炒め麺と言うのが正しいネーミングでしょうか。

麺は多加水の極細ストレート。茹で加減はイイ塩梅で、麺量も多いです。キクラゲもコリコリタップリ入っており、野菜の量も多いので、なかなか満腹で、スープは7割ほど頂いて、ご馳走様でした!大陸系らしい街中華のサンマー麺、堪能しました!

そう言えば、店舗登録した時に、運営様が情報補完してくれたのですが、食べログの情報そのままコピーしてるんですね。自分のところで情報確認している訳じゃないんですね。SNS運営サイトして、それでイイんでしょうか?まぁ、そもそも他人のふんどしで相撲取るビジネスモデルですから、そうなるしか無いわけですかね... おっと、また削除対象になってしまいそうです(汗)

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「彩鳳オリジナル担々麺(¥1,278)※」@中華料理 彩鳳の写真羽田空港も着々と(※税抜価格)

本日は国内線第1ターミナルにあるコチラ「中華料理 彩鳳」へ伺い「彩鳳オリジナル担々麺」を頂いて参りました。

お店は、ちょっと小綺麗な中華飯店風情。チャイナドレスのお姐さんが接客です。黒いチャイナドレスのサイドのスリットに目が釘付けです(汗)

ランチはセットメニュー推しと言う感じですが、そこまでリッチなランチはアカンだろうと、単品麺類を頂くことにしました。が、どれを選んでも値段は一緒。と言うことで、オリジナルの当該メニューを選択した次第です。

さて「彩鳳オリジナル担々麺」。確かにちょっと変わった面持ち。センターには花椒(ホワジャオ)が振られております。そしてその下にはタンタンミートやナッツ、その他不明な香辛料が色々トッピングされております。先ずはスープを頂くと、花椒の効いた坦々スープは、濃厚で、ピリ辛で、なかなか旨いじゃないですか!故に青梗菜がイイ塩梅の箸休めになります。

麺は低加水の極細ストレート。エンジェルヘアの様な細い麺が、坦々スープをタップリと絡めとってくれます。故に花椒もタップリと絡んでくるので、ファーストコンタクトで、思いっきり喉の貼り付き、思わずムセてしまいました。ちょっと涙と鼻水を我慢しつつ頂きます。

スープはスープというよりも、まるで具材という感じ。ザリザリパリパリムニムニと色々な味わいと歯触りと香りを楽しむことが出来ます。麺と具材を完食。デフォで穴あきレンゲがセットされてきますが、穴開きレンゲは登場することなく、ドンブリを傾けて汁完。ご馳走様でした!

羽田空港のお店も着々と攻略しておりますが、国際線のセキュリティゲート内にある六厘舎 羽田空港店が最大の難関です。海外にお出掛けする予定が無いもので...

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「神奈川発祥サンマー麺(¥700)※」@中国家庭料理 你好 別館の写真メニュー表記通り(※税抜価格)

京急蒲田にはニイハオは3店舗あります。中国家庭料理 你好 本店とコチラ「中国家庭料理 你好 別館」。それと大宴会専門店の你好大飯店があります。いつか你好大飯店で大品麺会を賑々しく開催したいと目論んでおりますが、現状の規模感では全然大宴会にはならないですね(汗)

本日は新橋で呑んだくれた後に泥酔訪問。「神奈川発祥サンマー麺」を頂いて参りました。ちなみにこのネーミング。メニュー表記通りです(メニュー写真参照)。サンマー麺好きならスルーできないネーミングですよねw

お店は超巨大です。もしかしたら中国家庭料理 你好 本店まで地下で繋がってる?!と言うくらいに巨大です。席数をカウントしようと思いましたが、お店の奥が霞んでおります。それぞれのテーブルが大宴会で、タバコで煙っているところもあります。

さて「神奈川発祥サンマー麺」。モヤシのみじゃなく各種野菜が入れられたミックスド・サンマーメンです。塩あんかけが熱々で、酔っぱらいの馬鹿になった舌でも旨味がしっかりと感じられます。そして裏切ること無く熱々です。口の中を火傷しつつ塩あんかけを頂いたことは言うまでもありませんw

スープも醤油ベースのカエシですが、醤油加減がライトで、塩ラーメン?!と思えるほどの味わい。塩あんかけがしっかりと野菜や肉の旨味を閉じ込めているので、全体として調和が取れております。麺は中細ストレート。ズバッとススれば言う事ありません。もちろん完食。呑んだ後の深夜なのにスープも完飲で、ご馳走様でした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件