なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あかいら!

男性 - 東京都

東京都城南エリアのレポート! ラーメンデータベースを中心に、オールラウンドで活動中。最近は、「うどんデータベース」「そばデータベース」にもボチボチレポートを上げております。もっぱら立喰専門ですが...(汗) Profile Image: Copyright (c) 2015 d'Holbachie-Yoko All rights reserved.

平均点 75.004点
最終レビュー日 2019年10月18日
4,044 3,429 0 6,844
レビュー 店舗 スキ いいね

「鶏出汁にゅう麺(¥390)※」@肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場 大森店の写真グレるのか?!にゅう麺...(※税抜価格)

本日はコチラ「肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場 大森店」へ伺い「鶏出汁にゅう麺」を頂いて参りました。にゅう麺って素麺みたいで中華麺じゃないからグレるのか?!でもガイドラインには明記されていないな...と、シレっと投稿!w

お店に入り店長さんらしき方に餃子のハーフは無いか聞いてみたところ「特別に!」と、ハーフで提供して頂きました。ありがとうございます!でも、にゅう麺は小さなドンブリ(直径10センチほど)での提供でライトなものだったので、フル餃子でもイケたかも!何れにしましても店長様の機転に感謝です!

さて「鶏出汁にゅう麺」。クリアな鶏出汁に塩味のスープは、二日酔いの朝にはピッタリと言う感じですね。スッキリ旨いです。極細のにゅう麺もスルスルと入っていく感じです。トッピング具材は、青ネギと鶏チャーシュー1枚。どちらもスッキリ頂けます。もちろん、あっという間に完食完飲です。ご馳走様でした!

ちなみに焼餃子は肉汁タップリで旨いですね。「そのままでどうぞ!」と言うことで、そのまま頂きましたが、それが一番この焼餃子の旨味がストレートに楽しめてイイですね。もちろん完食。ご馳走様でした!再び、ハーフサイズの提供、ありがとうございました!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「トゥクパ(¥650)」@ソルマリ 蒲田店の写真ヒマラヤのシェルパ族の民族料理でネパール風ラーメン

noさんが絨毯爆撃の様に大田区に沢山店舗登録されたエスニック料理店。RDBに登録されたからには攻略せねばと思うのですが、如何せん変わり種過ぎて中々その気になれません...(汗)

店舗登録したnoさんもカレーはレビューされておりますが、ラーメンのレビューは見当たりません... noさん「もっとがんばりましょう!」w

と、言う事で本日はコチラ「本物ネパール料理 ソルマリ 蒲田店」へ伺い「トゥクパ」を頂いて参りました。

ちなみにトゥクパは、ヒマラヤのシェルパ族の民族料理でネパール風ラーメンとメニューに書かれております。なので、カテゴリーは「ラーメン」になるかと思うのですが、食べた感じはちょっと違うので「その他」としておきました。

お店に入ると大音量でインド映画っぽいものが映されております。店員さんは現地の方。流暢な日本語で接客です。トゥクパは、ポーク、チキン、マトン、エッグからチョイスするのですが、本日はマトンを。更には辛さ(甘口、普通辛、中辛、辛口、激辛)も選ばなければイケないのですが、様子見で「中辛」で。更にはドリンクも付くと言うことなので、ラッシーをお願いしました。

すると店員さん、最初にラッシーとサラダを配膳してくれました。サラダも付くのは予期しておりませんでした。マトンのトゥクパの配膳まで結構長いこと待ちましたが、まぁ、きっとこれがネパールタイムなんでしょうw 言葉もわからないままにインド映画を店員さんと一緒に眺めますw

さて「トゥクパ」。小さめなドンブリで配膳、まぁ、これでサラダとドリンクも付いて¥650ですから、特にコストパフォーマンスが悪いとは感じません。逆に一口食べると、そのコストパフォーマンスの高さに驚かされます。

スープは、色々な野菜とスパイスから出来ております。中辛ですが、それほど辛くありません。酸味やピリ辛、各種香草の香りも感じるスープは、キャベツ、モヤシ、パクチー、玉ねぎなど、各種野菜が細かくカットされ入っております。これはなかなか奥深い味わいです。辛さはないハズなのに汗がタップリ流れてくるのは、スパイスのお陰かと思われます。基本は塩味だお思うのですが、これまたよく分からないので、スープも「その他」の分類としました。

麺は中華麺と言う感じですが、如何せんスープと一緒にしっかりと煮込まれておりフニャフニャの歯応えです。上顎と舌だけですりつぶせそうな柔らかさです。マトンは干し肉を戻したものですかね。それが結構入っております。これが中々いい香りで、噛めば噛むほどマトンの味わいが染み出して来ます。完食。スープは8割ほど頂いて、ご馳走様でした!

エスニック料理店のラーメンと言うのも偶にはイイですね。また折を見て別のお店も攻略して参りたいと思う次第です。noさんもがんばりましょう!ww

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「かけそば(¥300)」@むつみ橋かどやの写真ちゅらナビ取扱店!

沖縄旅行4杯目。牧志公設市場って、もはや観光地ですね。赤や青の魚。豚足やチラガー(豚の顔)がディスプレイされております。そこですっかり食欲が失せたはずなのですが... コチラ「むつみ橋かどや」のステキな雰囲気に、そのままお店に吸い込まれてしまいましたw

コチラのお店はJALちゅらナビクーポン取扱店で、大盛無料またはいなり寿司が無料で頂けると言う特典付きなのですが、「かけそば(¥300)」でちゅらナビクーポンを出すのは気が引けてしまい。クーポン使わずに頂いて参りました。

お店は牧志公設市場のある市場中央通りから国際通りを渡ったところにあります。レトロな雰囲気がイイですねぇ。お店の扉を開けると、中もそのままのレトロな雰囲気。夫婦船でのオペレーション。仲睦まじい雰囲気が伝わって参ります。

さて「かけそば」。そばなのにうどんみたいな雰囲気で、ラーメンデータベースでレビューするのはちょっと違和感を感じつつ。先ずはスープを頂きます。鶏ガラ豚骨メインの塩スープは、あっさりサラサラ旨いです。麺はゴワムチ太平打縮れ麺。しっかりした歯応えは、これまで頂いた琉球そばイチバンです。

トッピング具材は、かまぼこ、ネギ。デフォで紅生姜がトッピングされているのも初めてですが、豚骨スープですから、紅生姜が合わない訳ありません。途中で、これまた沖縄そば初試みのコーレーグスを入れてみる。ほんのちょっとでもメッチャ辛いです。そしてメッチャ泡盛です。この調味料は未成年使っちゃダメじゃね?ってほどにアルコールです。それでも完飲完食。ご馳走様でした!

結局、今回の沖縄旅行で、沖縄そば、大東そば、宮古そば、沖縄そばと、全部4杯頂きました。どれも大満足で高得点をポイントしましたが、何より美味しかったのは大東寿司!って、そばじゃないんかい!って感じですが、美味かったから致し方なしw もちろんそばはどれも素晴らしかったです。ウマシカテ!再び、ご馳走様でした!!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「宮古そば(¥550)」@どらえもん 国際通り店の写真四次元ポケット宮古そば!

沖縄旅行3杯目。沖縄に来たなら誰もが行くであろう国際通りでショッピング。と言ってもちんすこうや泡盛などのお土産物はローカルスーパー、サンエーで既に格安で購入済ですので、ちょっとした観光と言う感じですかね。牧志公設市場にも参りましょうぞ!

そんな時にふと見つけたコチラ宮古そばの名所「どらえもん 国際通り店」の看板。折角琉球まで来たんですから、宮古そばも食べておきましょうwって事で訪問です。お店は国際通りの脇道から2階に上がります。お隣のスナックサロン愛。そっちの看板に電気が灯っていればそちらに吸い込まれそうですw 古い感じの雰囲気がナカナカイイ塩梅です。

お店に入ると大女将と女将さんがお出迎え。店内には店名を拝するドラえもんの人形も飾られておりますw 古き好き昭和フレーバーな店内。雑然とした雰囲気が落ち着きます。程なくして女将さんの手により配膳された「宮古そば」。すうどんな雰囲気ですw

さて「宮古そば」。先ずはスープを頂くと、カツオだしメインの醤油味なフレーバーは、大東そばと同じ味わい。間違いなくうどんですよねw 麺は中細平打ストレート麺、固めの茹で加減ながらも、ゴワゴワワシワシと言う感じではなく、割りとチュルンとした歯触りで旨いです!

麺を持ち上げると、なんとドンブリの底から三枚肉とかまぼこが!何でもトッピング具材をドンブリの底に沈めておくのが宮古そばの流儀だとか。ナカナカ嬉しいサプライズです。三枚肉はブタの皮も付けられたもので、固めながらもプニプニの皮の食感がイイ塩梅です。かまぼこも連なったそろばん玉の様な変わった形ながら、味わいについては言うことなしです。もちろん完食完飲で、ご馳走様でした!

個人的には沖縄そば(琉球そば)よりも、島々の大東そばや宮古そばのおダシの方がカツオが効いてイイ塩梅です。まぁ、ラーメンのスープなのか?と言われると、ちょっと疑問符ですがw 再び、ご馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「大東寿司そばセット(¥1,000)」@大東そばの写真大東寿司も旨し!

沖縄旅行2杯目はコチラ「大東そば」へ。そばはもちろんですが大東寿司も頂いておかないとイケませんよねってことで豪勢に「大東寿司そばセット」を頂いて参りました。

場所はニューパラダイス通り、国際通りの裏手にお店はあります。お店に入ると小上がり席は満席。どうやら合宿かなんかで沖縄に来ている大学生の団体のようです。でも、その後もお客さんはチラホラと来店。あっという間に満員御礼と言う感じです。お店は3代目?の店主と男性店員さん2人で切り盛り。しっかりと仕事をこなすイケメンです。

さて「大東寿司そばセット」。大東寿司はさわら、マグロ、カジキの漬けとのことですが、本日はカジキの漬けですかね。東京の漬けとは異なり、酸味もある漬けがイイ塩梅です。さわらも食べてみたいところですが、ちょっと旬がズレていたんですかね。

「大東そば」は、沖縄そばと異なり、鶏ガラ豚骨フレーバーの塩味のスープ。これもあっさり旨いです。麺はやっぱりラーメンじゃなくうどんですw ゴワゴワワシワシの強うねり麺が歯応えしっかりでイイ塩梅です。旨いです。トッピング具材は三枚肉にかまぼこ。三枚肉は柔らかく、カエシ具合もイイ塩梅で、完食完飲、ご馳走様でした!

大東そばも旨いですが、何より大東寿司が美味かった!沖縄本島も島々のそばも旨し!これがそばのうちなーんちゅは、ラーメン暖暮 那覇牧志店に行列を作ったりしておりましたw やまとぅんちゅにすれば、まぁいいかなぁ~と言うラーメンですがw

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「岸本そば(大)(¥650)」@きしもと食堂 八重岳店の写真元祖沖縄すば!

沖縄美ら海水族館へ行くのとあわせてきしもと食堂へ行こうと企んでいたのですが、間違いなく長蛇の列が出来ているだろう... と言うことで行列を回避してコチラ「きしもと食堂 八重岳店」へ伺い、元祖沖縄すばの「岸本そば(大)」を頂いて参りました。

ナゴパイナップルパークから美ら海水族館へ向かう道中にお店はあります。中国人観光客も来ておりましたので、中文のガイドにもコチラのお店は乗っているんでしょうか?!お願いだから券売機の前で家族内でゴタゴタもめるのはやめて欲しいところですが、お店のおばちゃんは和やかに笑顔で対応されております。スバラシス!w

さて「岸本そば」。サイズ表記は「大」ですが盛り的にはそれほど多くなくレギュラーなボリューム感。もちろん「じゅーしー」と一緒に頂きました。先ずはおダシを頂くと、カツオの効いたスープは旨いですねぇ~。あっさり醤油のカエシ故に、おダシの香りがしっかりと抜けます。

灰汁を使った木灰そばは、正にうどんw なのにラーメンと分類されるのは、よく分かりませんがw 中太平打ストレートのゴワゴワワシワシ麺はイイ塩梅です。トッピング具材は、かまぼこと三枚肉にネギ。三枚肉は色合いほどにショッパなことは無くなかなか甘みが強い感じ。しっかり固めの角煮と言う感じです。個人的には、もっと柔らかめ、甘さ控えめが嬉しいですが、これが元祖ですから、嬉しく頂きます。もちろん完食完飲で、ご馳走様でした。

一緒に頂いた「じゅーしー」は、三枚肉と同じ醤油味の炊き込みご飯。椎茸の食感がムニムニとイイ塩梅で、沖縄すばのおダシと一緒に頂けば、素敵なコンビネーション。こちらもしっかり完食です。いや~、ラーメンなのか?うどんなのか?そばなのか?すばなのか?まぁ、旨いんですから何も言うことありません。沖縄すばステキです!再び、ご馳走様でした!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「焼きラーメン(¥690)」@らあめん花月嵐 大森東口店の写真知る人ぞ知る裏メニュー?

大森駅至近にオープンされた「らあめん花月嵐 大森東口店」。 知る人ぞ知るきたはっさくさん御用達のお店の向かいにあります。 故にお店の前には黒服の呼び込みがいっぱいおります。 「今日はおっぱい如何ですか?」「熟女如何ですか?」「そりゃ頂きたいですがお金がねぇ~」と言うと踵を返す黒服。 まぁ、深夜で素面じゃ脈なしと言う判断でしょう。 正しいですw

お店に入り券売機を見ると「裏メニュー」なる怪しいボタンが。 見ると裏メニューは「もんじゃそば」「無双つけめん」「焼きラーメン」の3種類と、全然秘密無く書かれておりますw 裏筋刺激もない感じですが、レギュラーメニューでネタ作るには「壺ニラマシマシ!」くらいしかないかと考えていたので、本日は裏メニューの「焼きラーメン」を頂くことにしました。

ちなみに「裏メニュー」は、ボタンが1つしかないので、それを押下。 食券を店員さんに渡す際に、3種類の中から選んでオーダーします。

さて「焼きラーメン」。 ちゃんと鉄鍋に入れられて熱々で湯気モワモワ状態で配膳。 ナカナカプレゼンテーションとしてはいい感じじゃないですか! そして、スープが付くのも何気にポイント高いですよね。 ちょっと得した気分になります。

トッピング具材は嵐げんこつらぁめんと一緒ですね。 ネギ、茹でモヤシ、刻みチャーシュー、メンマ、味玉といったラインナップ。 先ずはタレに絡めるべく、全体をまぜまぜ。 更に湯気があがります。 混ざったところで麺を頂くと、結構オイリーなので、唇にヌラヌラと。 茹でた後に焼きとなっっているので、何気に柔らかい感じながら、弾力は残っており悪くないですね。

豚骨醤油ベースという感じのタレは、焼きラーメンだと単調に感じてしまいますね。 時折スープを頂いて舌をリセットします。 これスープが鶏白湯のスープで、飲んでもよし、焼きラーメンに入れてラーメンにしてもよし、とかにすればもっと面白いかもしれませんねぇ まぁ、花月嵐でそこまでラーメン楽しむ人は居ないかもしれませんがw まぁ、そう言う意味では、そんな面白味があれば、何気に目からうろこですよね。 しっかり完食で、ご馳走様でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「【超限定】冷し味噌/和風ラーメン/とんづけ(¥プライスレス)」@らーめん 凌駕の写真ジサブロースペシャル!(フラゲw)

二三郎さんの送別会と言うことで、最後を飾るに相応しいコチラ「らーめん 凌駕」へ伺い、8/22当日限定の古賀店主スペシャルメニューをご提供頂きました。故にこれらのメニューは通常メニューには無いことを始めにお断りさせて頂きます。

1.冷し味噌(80点/味噌)

 冷しで味噌ってどう?と言う感じですが、白味噌メインのあっさり目のスープに香味油がいい感じに効いており、あっさり爽やかに頂ける1杯と言う感じです。麺も極細ストレート麺で、凌駕らしからぬ麺ですが、この冷し味噌にあっております。

2.和風(85点/魚介豚骨))

 通常の大勝軒の日に提供される豚骨魚介フレーバーの魚介マシマシバージョンとでも言いましょうか。魚介好きにはたまらない1杯のスープとなっております。かと言って、魚介のエグ味とかで喧しくなっていないところが古賀店主の成せる技という感じ。麺は冷しみそ同様の極細ストレート。柚子も効いております!

3。とんづけ(90点/塩豚骨)

 個人的には、これに度肝抜かれました!酢漬けにされた豚肉がゴロゴロと入った塩豚骨な1杯。それともあっさりカエシが効いていたかもしれませんが、3杯目にも関わらず、ブタもパクパク。スープもグビグビ頂きました!エッジの聞いた極太麺もまいう~です。シテヤラレマシタ!

どの1杯も古賀店主の気合タップリ、愛情タップリで「参りました!」としか言えません。どれもレギュラーメニューに昇格して頂きたいところですが、採算度外視!と言うことなので、正に本日限定のジサブロースペシャルと言ったフルコースです! ウマシカテ!

ご馳走様でした!参りました!ありがとうございました! > 古賀店主

そして、大品麺会大阪支部として、これからも楽しいラーメンライフを二人三脚ではなく、三人四脚でお送り下さい!更には将来的には四人五脚、五人六脚と、増殖を繰り返しつつw 大阪に行く時にはお声掛けしますので、旨いラーメン屋さん発掘しといて下さい!もちろん東京に来る時も大品麺会に告知して下さい!> 二三郎さん

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 6件

「黒石つゆやきそば(¥390)」@蔵王めん茶屋の写真アウト or セーフ?!

青森黒石B-1グルメグランプリの「黒石つゆやきそば」を提供されていると言うコチラ「蔵王めん茶屋」へ伺って参りました。 コチラのお店、所謂駅構内、ホームのど真ん中にある立喰蕎麦屋さんです。そんなお店で一風変わったこの様なメニューが提供されているのは、なんともチャレンジャブルなお店ですw

と言いますのも、コチラのお店、母体となっているのはお弁当屋さん「弁当のこばやし」で、東北新幹線の駅弁なんかも卸ている業者さんだと思われます。それ故、こんな変わり種のメニューも提供出来るんだと思われます。そう言う意味では弁当やのある種アンテナショップ?!なのかも知れませんw

「黒石つゆやきそば」のキャッチフレーズとしては、「ソースとめんつゆが絶妙!」と書かれているので、お店のおばちゃんに、「めんつゆはお蕎麦のおダシ何ですか?」と素朴に聞いてみたのですが、いぶかしげに「家の社長が考えたツユなので判りません。」と素っ気なく言われました。業界のスパイかなんかだと思われたんですかね?!それとも風貌の問題?!w

製作工程を見ていると、豚肉、キャベツをキッチリ、鉄板で炒めたあと、中太平打ストレート麺を投入し、一緒に炒め、ソースで味付け。途中ガリガリと黒胡椒も加えて、所謂「黒石やきそば」が完成しました。

それをドンブリに投入して、そこに社長の秘密のおダシを投入! 最後に天カスをトッピングして提供です。1品1品、毎回鉄板で炒められるか否かは判りませんが、今回は1人ロットで、なかなか手間暇の掛かる1品です。

先ずはスープを頂きます。最初、焼そばのソースの酸っぱい香りが鼻に抜け、その後に和風のおダシの味わい、鰹節と醤油のフレーバーを感じる、何とも不思議なスープとなっており、分類として醤油とカテゴリーしてはいけないかな?と言う感じです。

具材は、まさに焼そば、柔らかい豚肉に、シャキシャキのキャベツが正にそのものです。そして、天カスが最初はカリッと、後からムニュッと、2種類の歯触りを楽しませてくれます。

そして麺は中太平打ストレート。焼いても頂ける麺ですから、スープに入ってもそのコシは残っております。しっかりとしたコシがスープとはちょっと違和感がありますが、これはこれでなかなかイイ塩梅です。ツルシコ麺は、焼き焦げこそは入っておりませんが、何気に炒めの香ばしさもあります。

つゆやきそばなるものは初めて食べましたが、個人的には、もっと麺に焼きが入れば、尚香ばしく美味しいかなぁ~とも思いますが、逆にしつこくなるかも知れませんので、その実力は判りませんw ご馳走様でした!

以前、「焼きラーメン」は、グレーアウトすることはありませんでしたが、果てしてこの「つゆやきそば」は如何なものか?! その判定は見所です!w

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 2件

「太平燕(¥590)」@日高屋 蒲田南口店の写真太平燕(タイピーエン)はラーメンか? 多分違うんだろうなーとも思ったのですが、まぁ天下の日高屋さんでやってるから仲間って事で許してもらおうって事でレポートします。本日はコチラ日高屋 蒲田南口店へ伺い、太平燕を頂いて参りました。多分、季節の限定メニューだと思われますので、興味の沸いた方は近所の日高屋さんへ行ってみて下さい。

以前、熊本へ行った際、正華園(地元では有名?)まで伺って食べて、「美味い!」と感動したこともあるんですが、本日は、はっきり行って「こんなんだっけ?」と言うのが正直な印象です。こんなにトンコツトンコツしていなかったと思われますし、こんなに細〜い春雨でもなかったと思います。何より違うのは、店頭に飾られている写真とのギャップ。まぁ、しっかり「写真はイメージです。」の但し書きはありますが、イメージ違いすぎます! どうイメージすれば良いんでしょう?!

でも春雨だから深夜に食べるにはいいかも知れませんねぇ。飲んだ後の一杯としての満足感はそれなりにあると思います。ただ、もう少し気持ち野菜が入っていて、海老ももう少し張りのあるもの(冷凍じゃなくて)だったら良いんですけどね〜。まぁ、コストパフォーマンスを追及する(していないか?)日高屋さんなら、こんな感じになるんだろうと思われますが...ご馳走様でした!

ちなみに、どこの日高屋さんもそうだと思われますが、日高屋 蒲田南口店は完全に異国です。店員さん同士は異国の言葉でコミュニケーションをとっております。蒲田の日常でもありますが...

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件