なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「MAXラーメン」@横濱家系ラーメン 綱島商店の写真仕事で下車した駅に近いお店。家系のチェーン店で、安定のテイスト。14時近くの訪店でも満席で、かつ回転が速い。美味しかった。カウンターが狭く、いろんなトッピングが取りづらいのが、残念だった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ニラ入りタンタンメン(中辛)」@ニュータンタンメン本舗イソゲン 東神奈川店の写真久々の方店。全体的に値上がりしてしまったが、味は変わらず美味い。たまごと挽肉ミックスが味わい深く、スープも余裕で完飲できます。昔みたいにもっと通いたいなぁ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「小ぶた+にんにく」@ラーメン二郎 横浜関内店の写真90:基準点。
±0:肌寒い雨の中、行列が少ないことを期待して訪問。
+2:店頭に漂う豚骨の匂いの通り、美味なるスープ。
+2:肉塊の端っこ愛好家が垂涎する肉塊の端っこ。旨すぎ。
+1:いつもよりやや硬め。噛めば噛むほど美味の世界。
±0:心と体が温まり店外に出ると暴風雨。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 14件

14:25頃訪問。先客は3名だったが、後続多数でじきに待ちも発生。中々の人気ぶりだ。店内は狭く、短いカウンター席のみが設けられているが、窮屈さや不潔感は無く、居心地はまずまず。男女各1名による切り盛りで、接客は非常に良好。

本メニューを選択。暫く待って配膳された。

麺は、縮れを有する多加水の中麺。
食べてみると、しっかりと茹で上げられているが、適度なコシと歯応えを有している。ツルツル&モチモチ食感が実に心地良く、啜り心地と咀嚼、喉越しを存分に楽しむ事が出来る。つけ汁との相性も申し分無し。
量は、つけ麺として適度に多め。自分には十分な満腹感が得られた。

つけ汁は、醤油の色合いが程好く出ており、表層を多めの液体油が覆う。
麺をつけて食べてみると、魚介系の風味旨みがしっかりと主張。派手なインパクトや濃厚さとは無縁の、フンワリとした上質の出汁感に文句無し。「和」のニュアンスが前面に打ち出されているが、動物系出汁、並びに液体油のコク、適度なコッテリ感が非常に良い役割を果たしており、中華つけ麺としての力強さ、味の厚みは十分に確保されている。
醤油の立ち方、塩分濃度はまさにジャスト。余計なトガりは無いものの、最後まで飽きの来ないキレがもたらされている。邪魔にならないレベルでしっかりと付与された酸味、奥底に感得される甘みも味に奥行きをもたらしており絶妙。
兎に角、全体としてのバランス、纏まり感には素晴らしいものがある。

具として、つけ汁に入れられている細切りチャーシューは、しっかりめの歯応え、適度な味付け。量は少ない。
メンマは、グニグニ&サクサク食感が実に心地良い。丁寧な味付けが施されており、非常に良い箸休め。
他に、適量の刻み葱が浮遊。
麺側には、海苔1枚となるとが乗せられている。

全体としてキッチリとバランス良く作り上げられた和風つけ麺を、大いに楽しむ事が出来た。この人気ぶりにも頷けるというものだ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「えびラーメン うずら 生卵」@MEN YARD FIGHTの写真こちらでは初えび。
うーん、良いですね!

塊のウデ肉はトロットロで悶絶もの、傍若な太麺にえびがからんで🦐、旨いなぁ!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「タンタンメン めちゃ辛、にんにくダブル」@元祖ニュータンタンメン本舗 伊勢佐木店の写真うまかった。

久々のニュータンタンメン。
全店制覇などはしないが、せめて近場だけでもという目論見の大いなる第一歩を踏み出す。
ということで六会日大前店が閉店してしまったようだが行きたかったなと。

ニュータンタンメンは、丼が小さいからレンゲが巨大に見えるのかと一瞬錯覚する。
このレンゲは大きいだけではなく左手に取るとレンゲとしては、レンゲにしては、ずっしり重たいのだが、使いづらいようでいて実に使い易い。
玉子・挽肉・ニンニク・スープを一緒くたにかきこむ、否、かっ喰らうのに便利。

川崎タンタンメンの発祥は戦前あるいは戦後までさかのぼり、中華料理も提供するようになった川崎の朝鮮焼肉店の賄いが客にも提供されるようになったものだという。

今回頂いた御品に関する詳細つまり採点に至る論拠、そして川崎タンタンメン自体についてもまだ色々書くべき事はあるのだが、面倒だし、あるいは差し障りもあり今のところは記述を自重する。

日の出町駅へ向かう帰路の夜風が心地よかった。

追記:
Aセットのチャーシューご飯は、一見貧相に思えたりもするが、タン塩のタレを髣髴させるもの(実際には醤油タレなのだろうが)がチャーシューにほど良くといった雰囲気でB級C級グルメとしてはそこそこ旨かった。
焼肉丼が無いので代替として注文したのだが、造り置きが冷えてあるいは炒めムラ炒め過ぎで固くなった肉、同じくグッタリした野菜、大量に造り置きしたので炒めムラあるいは混ぜムラでタレが行き渡っていないのではと疑いたくなる味が薄い肉などが出てくるよりずっと良いようにも思えた。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「少なめラーメンニンニクアブラ+味玉チーズ海苔」@MEN YARD FIGHTの写真回転速い! 並び30人でも1時間後に配膳。つまり並び1人につき2分と考えるとこの極太麺にしては回転速いですね。

もうこの手の蓮爾系は言わずもがな。うんめえ~。。。。。

ガッチガチの極太麺。ちょいと甘めのド乳化スープ。フワッフワトロットロの神豚。。。。。


参りました。蓮爾登戸さんこま、ゼンゼン、こちら。全部神でした。もはや畏怖の念!!!


これからもここ以上にはないであろうガチ硬極太麺で人々に衝撃を与えてください!!!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「叉焼面」@よしだ家の写真【要約】やや塩気強めの又焼が乗った、中華料理店らしい叉焼麺。
【入店状況】2019-10-22 1300入店。先客3名、後続3名。
【注文】叉焼面(税別750円)。
【待ち時間】5分。さほど待たされず配膳された。
【麺】中細で軽い縮れの入った麺。茹で加減は普通。麺の量は普通程度。
【スープ】あっさりした醤油スープ。ベースは鶏系がメインか。醤油だれはやや強めで塩加減も少し強く感じる。スープは完飲せずに残す。
【具】又焼、青梗菜、刻み葱。又焼は5枚。味付けは少し塩気強めで自分の好みからはやや外れる。青梗菜の量はほどほど。
【感想】中華料理店らしいオーソドックスなチャーシュー麺。叉焼が自分の好みから少し外れていたのでこの点数になった。安定しそうな扣肉面や、秘制鍋蓋面という面白そうな麺もあったのでそっちを選べば良かったかも。こちらの店は開店から1年以上経過していたのに登録されていなかったので、登録も兼ねて行ってみた。

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「焼き巻き豚バラチャーシュー麺大盛」@家系ラーメン とらきち家の写真火曜日の昼。
あいにくの雨だが限定の影響なのか店内混雑。
それでも流石の捌きで着席10分弱。
醤油の香りと油の円やかさと豚骨の出汁が抜群に効いたスープ。
王道家の自家製麺も流石の食感でスープとの絡み最高。
限定の焼豚も言わずもがな…
ラーメン酢で〆ていると限定終了の会話が聞こえてきたのでギリギリだったようだ。
いつもながらとても美味しかった。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 18件

「しょうゆ(レギュラーサイズ)」@ブーマンの写真10月19日にオープンしたっうことで行ってみることにしました。らうめん梵の跡地にできた二郎インスパイアの店。

ちなみに店主は、らうめん梵の店主と同じ方です。

メニューは今のところ表題およびブタと生卵だけです。尚、「汁無し」・「味噌」・「女性」・「つけめん」は現在、券売機メニュー表示が裏返しとなっていることから、また先の提供になるでしょう。

また(某サイトの情報より)麺量は330グラム、少なめや半分の対応はされておらず「食べきれなかった場合は残して下さい」とのこと。

行列はないものの、開店と同時に満席。
表題(750円)を発注です。コールはヤサイ(少なめや無しも可)・アブラ(デフォルトで背脂なし)・ニンニクが可能。ニンニクアブラでお願いしました。

麺の茹で時間が長いため、少し待たされ提供。
軽めの獣臭………ライトなアニマル出汁、ねっとりした液体脂は非乳化、カエシの塩分控えめ、ほんのり甘みのあるスープ。ワイルドな暴れ馬のようなジャンクさとは真逆なライト級チャンピオン。食べやすい反面常習性に乏しい。
麺は太縮れ、固めの茹で加減で芯が残っている。食べにくく旨みを感じにくい。さらに、箸先から伝わってくる麺の重量感は少食のワタクシにはプレッシャーです。『遭難』の文字がよぎります。
ヤサイはシャキシャキ、豚は厚み10ミリ弱のバラロールで味付け控えめ、ニンニクをのせて食べるとグッド。ひたすら天地返しを繰り返し、背脂は乳化したようになり、ニンニクの影響か獣臭も気にならなくなりました。
なんとか遭難は逃れ、固形物完食です。ご馳走さま。

長年にわたり、あっさり系を貫き通してこられた店主のこの転身には驚かされました。二郎インスパイアとしてはライトなタイプで食べやすいのですが、やはり個人的にはジャンクな要素がもっと欲しかった。開店4日目。今後どのような路線に進むのか楽しみです。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件