なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「特製醤油らぁ麺(980円)」@中村麺三郎商店の写真【2017.04.21再訪】
ここのところ、胃腸の調子が悪いです。恐らく年度末のドタバタと、新規仕事への対応などから疲れが出ているのでしょう。当然食欲も落ちてきます。しかし!食べなければ体がもちません!そんな食欲がない日でも食べる事が出来そうな店…ということで思いついたのがこちらの店。

14:20頃店到着。本当はもっと早めの時間に食べる予定でしたが、そんな時に限って電話が鳴りやまず。結局いつものように中途半端な時間に昼飯を食べることになりました。
この日は「特製醤油らぁ麺(980円)」の食券を購入。胃の調子が悪いのでサラッと食べるつもりが、つい欲張ってしまいましたよ(ノ∀^)

流石にこの時間は空いていました。それでもお客さんは私の前に4組6名、後からも2名。店の立地がもし、都内の一等地だったら…間違いなく切れ目のない行列が出来る店になるでしょう。もっとも、その場合価格もかなり高い設定になるでしょうが…。
概ね5分ほどで私のらぁ麺が到着。では早速スープから一口。

塩味のスープも好きですが、醤油味もやっぱり美味しい。出汁は醤油・塩味とも共通だと思います。動物系出汁と魚介系出汁、共にしっかり摂られていますが、決して重くならない。淡麗なスープにまとまっています。タレが醤油と塩では大きく違っているようで、醤油タレは塩タレと違い、貝出汁が使われていないので非常に分かりやすいシンプルな味にまとまっています。このスープも飲みだすとレンゲが止まらなくなりますね^^

麺は自家製の細麺。スープの味に合わせて太さを分けているようです。粉の風味がしっかりして、そしてしっかりと重みのある麺。このスープに良く合います。ちょっとザクッとした歯応えも心地よい。麺量も結構多めなのではないでしょうか?食べた感じでは茹で前150g以上に感じました。

特製なのでチャーシューが沢山入っています。一種類目はロースチャーシュー。周りがローストされ、スパイスが効かされたもの。中は赤みが射していて、しっとりして旨味が凝縮されています。
二種類目は鶏チャーシュー。胸肉と思われ、脂身が無いけどしっとりして柔らかく、このスープに実に良く合います。そして三種類目はバラ肉。脂身バランスよく、今風のトロトロチャーシューとは一線を画しながらスープの味を壊さない味付けは私好みです。“特製”メニューは鶏チャーシューとバラチャーシューは2枚ずつ入ります。凄い食べ応え^^
味玉の出来栄えも良く、適度にゼラチン質の黄身が自然な甘みを伴っていて美味しい。
穂先メンマの選択も良いですね。スープを良く吸って、美味しくいただけます。

今回も美味しくいただきました。
限定では淡麗スープのつけ麺も始めたみたいです。今後も目が離せない店です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 6件

「小ラーメン ニンニクアブラ 700円」@ラーメン 登良治郎の写真4.24 18:10 ラーメン激戦区の白楽に新たにオープンした二郎系の登良治郎さんを初訪問。待ちはなかったですが、先客、後客多数で既に人気があるのが分かります。入ってすぐの券売機で小ラーメンの食券を購入し席へ。新店ということで店内は綺麗で、まだ花も飾られれました。そして、待つこと数分でコールタイムとなり、ニンニクアブラをコールです。

スープは非乳化タイプで、カエシがキリッと効いたもの。カエシが強いので、最初にスープを一口飲んだ時は少しショッパーな感じもしましたが、豚出汁がしっかりと出ているため、すぐに慣れちょうどいい塩梅に。そこに背脂がたっぷりと入っており、豚のコクがプラスされています。新店とのことですが、現段階でかなりハイレベルな非乳化二郎系スープですね。あと、なんとなくですが、直系より化調が少ないかな~と感じました。欲をいえば、コールで増した背脂からもう少し豚の甘味等が感じられるといいかと思います。そしたら大台レベルかな。

麺は、自家製麺とのこと。太麺の平打ち麺は香りがよく、コシもあって食べ応えがあります。このスープによく合った麺で、食が進みます。麺量は体感的には300gはないかな~って感じで、270gくらいかと思います。

豚は、フワトロではないですが、程よい脂身があり、肉の旨味があり美味しいです。味付けは薄めですが、肉本来の味を楽しめるのがいいですね。印象としては小金井の豚が一番近いかな。ヤサイは、キャベ率高めのハイコスト仕様で、デフォでも割と量はあります。ニンニクは当然相性抜群。スープに力があるので、マシマシでもいいかもです。新店とは思えないクオリティーの二郎系に大満足。汁なしも食べたいので、再訪必至です。どうも御馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「柔らか煮豚麺 ¥950」@MEN-YA DAISUKEの写真2017年4月29日 土曜日 11時半すぎ

いわゆるチャーシュー麺を注文。
脂っこさはなく、雑味を感じさせない、非常にすっきりとしたスープ。塩加減が絶妙で、スイスイと麺が進んでいく感じ。チャーシューは、その名の通り柔らかく食べやすい。
カウンター越しに、店主が一杯一杯丁寧に作り上げているのが見え、その通り、非常にやさしい印象を受けるラーメン。ガッツリ系が好きな人には物足りなく感じるかもしれないが、誰にでも薦められるラーメンです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特製煮干中華そば」@つけめん 三三㐂の写真20170429
クリアな醤油スープ。
煮干と銘打つには煮干がかなり物足りない。
太麺はツルモチで美味い❗
チャーシューも最高❕
ハイレベルな中華そばだが、
スープとメンマの甘さを少し控え、
煮干を足せば完璧。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】濃厚野菜みそしょうゆらーめん900円」@いのうえの写真2017.02.04 12:23
腕のリハビリを終えた後、自然と足がこちらに向いてました。もちろんチャリっとです。
今日は限定 濃厚野菜みそしょうゆらーめんを頂きに来ました。
また限定トッピングの辛ニラ(ニンニク入り)はニンニク入りなのでやめときました。
この後、実は仕事だったので…。

背脂に味噌と醤油の合わせ、トロッとしたスープ。味噌のほうが強いかな。見た目的にかなりボリュームあり。
麺は平打ち太麺、麺量は220g。
茹で加減はカタめでいつも通りの歯ごたえ。
炙りチャーシューは1センチ以上ある厚みで食べごたえ抜群。なかなか炙ってありますね。

野菜のキャベツはかなり軽く炒めてあり生のような食感でシャッキリ。
いつもとは違うテイストの1杯、本当は辛ニラを入れたかったけど今回は残念。
炙りチャーシューのせいか焦がし味噌のような味で、それはそれで美味かったです。

てか、麺量多いっす…苦しいっす…と無言でやや悶えていたら店主さん「替え玉どうですか?是非作らせてください!」と。
もはやネタ。
あ、何気にカウンターにアジアンさんが居ましたねw

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 28件

「らーめん ふつう(730円)+生玉子(50円)」@大勝軒 淵野辺店の写真【2017.04.20再訪】
こちらの店は、前回のレビューから数か月が経過してしまいましたが、実は既に数回食べています。毎度食べているものが似ているのでレビューは割愛しておりましたが、定点観測的に食べたこの日の様子を備忘録的に書き留めておきます。

この日はちょうど13:00頃店到着。2台ある駐車場の内の一台が空いていました。ラッキーです。この日も店の外にこそ行列していませんでしたが、店内に数名待っているようです。しばらく店の外で待ちます。概ね5分くらいしてカウンター席に座る事が出来ました。

この日も「チャーシューめん」を食べる予定でしたが、生憎売り切れだそうで…最近はチャーシューめんが人気らしく、早めの時間でないと売り切れてしまうことが多いようです。そこで今回は「らーめん ふつう(730円)」と「生玉子(50円)」を注文。葱多めでお願いします。待つことしばし。

既に昼休み時間は過ぎているはずなのに、店内は満席。そして私の後からもひっきりなしにお客さんが入ってきます。相変わらず安定した人気ですね。この日は大将はじめ、奥様、二代目の息子さん、そして従業員さんたち、総勢6,7人態勢で店を回しております。これだけ人数がいても、常に満席状態だから大忙しです。

そして待つこと5分少々で私の注文の品が出てきました。それではいつものようにスープから一口。
ベースは鶏や豚のガラが中心となっていることは間違いないですが、永福町大勝軒系特有の煮干の効いたスープが健在。そしてこの店は、この地域の人たちの好みに合わせてだと思いますが、同時に鰹出汁も強く感じます。なので一般的な永福町大勝軒系の味に慣れた人が食べると、あれ?ちょっと違うぞ?と感じるかもしれません。しかしそのバランスが良くて、さっぱりしていながら非常に美味しいスープに仕上がっています。シンプルで飽きが来ない。だから何度も食べたくなります。

こちらの店の麺は、永福町大勝軒系の定番である草村商店製ではないようです。しかしタイプが近い麺が選択されています。
標準の麺量は今回食べた“ふつう”で、茹で前210g。“少なめ”で140g…それでも普通のラーメン店と同じくらいですね。“大盛”で280gとなっています。したがって本家の永福町大勝軒の標準が300gくらいであるのに比べると、麺量のバリエーションがあって、小食な人でも食べる事が出来ます。永福町大勝軒系の店では、美味しいけど量が多すぎると感じる事がありますが、この店なら大丈夫です。
茹で加減は標準だとちょっと柔らかめに感じるかもしれないけど、私はこれくらいの茹で加減が一番美味しいと感じています。

チャーシューめんは売り切れでしたが、基本のらーめんでも十分すぎるほどのチャーシューが入っています。周りがローストされ、肉の旨味が閉じ込められた焼き豚タイプのチャーシュー。甘さは排除されていて、スープに浸してしっとりさせて食べるのが美味しい。大判のチャーシューが、この日は何と5枚も入っていました。何と言う素晴らしい盛り付けっぷり!チャーシューめんのチャーシューは、このチャーシューよりももっと脂身バランスの良い上質な部位を選んでトッピングされます。それが5~7枚くらい入ります。凄い食べ応え^^

メンマも旨いです。私はもう少しカリッと歯応えが残っている方が好みですが、味付けに余計な甘みや胡麻油の香りなどつけていないところが好印象。さっぱりしたスープの味を壊しません。
そして多めにしてもらった葱…スープを落ち着かせ、葱自体が重要な具に昇華されています。この葱はスープに馴染むと実に旨いです。

別に注文した生玉子は、溶き卵を作ってらーめんのスープをレンゲで2,3杯加え、そこに麺を浸けて食べます。この食べ方は最近のお気に入りで、永福町大勝軒系のさっぱりしたスープでも溶き卵が驚くほど良く合います。

今回も美味しくいただきました。この日はちょっと胃の調子が悪かったけど、この店のらーめんは、するっと胃袋に収まってしまいました^^

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 14件

「特製らーめん」@いのうえの写真4/26 11:20来訪。
先客16,後客23

久しぶりにどうしても食べたくなり、平日一番なら直ぐに入れるだろうと思ったら甘かった…。結局、一時間待ちで入れました。

なんだかんだで、8回目となりましたが何度食べても美味しいですね。麺、スープ、具材全てが好みです。今回も並んだ甲斐もあって美味しく啜れました。店主さんも変わらず感じがいいですね。大人気店なのも納得です。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「小ラーメン」@ラーメン 登良治郎の写真4/28 20:00。

夜。SHINさんの限定が食べたくて、駄目もとで行くと限定どころか麺切れで早仕舞いしていました。

リカバリーに星印か田ぶしか中島家か迷いましたが、結局地元に戻ってこちらに初訪。

スープはカエシより豚出汁先行型でジンワリ美味しかったです。しょっぱさが控えめなので飲みやすかったです。

太麺はかため。

チャーシューが脂身以外の部分は少し固いタイプだったのが残念でした。

チャーシューが柔らかいタイプになるといいなと期待です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「MAXラーメン(並)」@横浜家系 小田原商店 マックスの写真訪問日時:2017/04/28(金)14:30ごろ
価格:900円

ちょっと遅めの昼食、この時間にしては店内はほぼ満席。
入口わきの券売機で食券購入。
あまりお腹は空いていなかったのだが、MAXラーメンとやらを注文。

カウンター席に座り、しばらく待つ。
座席数はカウンター13~14席 テーブル12席?

7分ほどして着丼、見た目はいかにも家系。
スープは豚骨醤油だが醤油がきつい、しょっぱい。
麺は太めでつるつる、もちもちで、スープがからむ。
チャーシューは味が染みているのと、炙られた香ばしさがおいしい。
海苔はなんと6枚!!多すぎでしょ。
玉子は半熟とろりだが、こちらもしょっぱすぎ。
さらにはうずらの卵に、ホウレンソウ、刻み葱。

全体的にしょっぱい、そしてバランスが悪く感じたが、
チャーシューはおいしかった。
ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば+餃子セット」@麺や食堂の写真訪問日時:2017/04/27(木)20:30ごろ
価格:1102円

本厚木での仕事後、駅周辺にはラーメン店が多数あったが、
こちらのお店へ。
2名ほど待っており、店内には入れず、外で待つことに。
するとメニューを渡される。

しばらくすると店内に通され、さらに10分ほど待たされる。
座席は、カウンター8席、テーブル18席ほど。

カウンター席に通され、「味玉そば+餃子セット」を注文。
さらに、10分近く待たされる。混んでいるから仕方ないか。

そして、着丼!!
麺がきれいにならんでいる、珍しい。

スープは魚介の香りがふんわり、醤油は甘めかな。
麺は細ストレート、ぱつぱつ切れる食感。
チャーシューは豚鶏の二種類、メンマは太めでこれまた甘め、
ほかには海苔に青ネギ。
餃子はノーマル。

終盤、黒ウーロン茶がお口直しに、と運ばれてくる。
味はウーロン茶というよりジャスミン茶とかルイボスティーのような感じ。

そして、チャーシュー同様にスープの中に沈んでいるかと思った
味玉が・・・ない?ない?!

忙しさのあまり、忘れたんでしょうね。
クレームつけるのは嫌いですが、一言伝えたら、
何度も謝られ、値段も通常の中華そば料金に。

でも、ホントにおいしかったですよ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件