なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「濃厚えび味噌まぜそば(ネギ)¥302」@スシロー 鎌倉店の写真280円+税

夏休みに入り部活も休みとなり、我が単身赴任先に遊びに来た長女×次女とスシローです。
席に着くやいなやおもむろに表記をオーダー、パクチー入りとネギ入りの2種があり、パクチーはアレなのでネギの方にしました。

しかしこの税抜き表示っていつまで続くのか(総額表示の特例措置は平成33年3月まででした)、
消費者心理の冷え込みに一定の影響を及ぼしているのは間違いないのに、

などとくるくる寿司を食いつつ日本の未来を語っていると、小ぶりなブツがやってきました。

タレはエビの頭をすりこぎでゴリゴリと砕いて味噌と和えたような濃厚で強烈なエビ味。
硬めで、コシというか剛性の強い麺に絡めていただきます。
本気だせば3口くらいで終わる量ですが、それでもエビのクドさは流石ですね。

ビジュアルは東南アジア寄りですが、ココナッツやエスニックな香辛料は使用されておりませんでした。

具材はネギが青白、茹でエビにはさほど辛くない辛味ペーストのようなもの。
価格設定なりの分量ながらもそれなりの満足感を得ることができました。


高校生にもなって父親と遊んでくれる娘というのはありがたいですね。
家ではエッチなドラマを普通に見るのでお父さん気まずいのですが。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「【期間限定】和風冷やし鶏らーめん 800円」@麺屋 ゆるり。の写真こちらの季節限定冷やしメニュー。

ラーメン屋不毛地帯の大倉山に
昨年オープンしたこちら。
鶏白湯がメインのお店です。

「和風冷やし鶏らーめん」



【スープ】
鶏と魚介の清湯スープ。下支えは鶏、風味のトップは焼煮干しかな?滋味深いしっかりとしたスープ。
臭みや嫌味のない煮干しの存在感がスープの骨格を支えています。非常に良い風味!
出汁の煮出し方もきっちり丁寧に行われていることがはっきりとわかります。
一口目は常温くらいの温度帯に首を捻ったが、食べ進むとこの温度設定に納得できます。

【麺】
中細の白っぽいストレート麺。加水はちょい高めかな?
締めたことも手伝って固めの上げ具合。麺のコンディションはまだ研究できそうです。

【具】
チャーシュー、鶏団子、分葱、微塵玉ねぎ、穂先メンマ、カリカリ梅など。
丁寧な味の和出汁にカリカリ梅がナイス働き。

【全体】
食べ終えると色々と納得感を持てる一杯。とにかく丁寧に仕上げてあるスープが好印象です。
この一杯ならシーズン中何度も食べても飽きることはないと思います。地味だけどクオリティは高い。
惜しむらくは食事として満足するほどの量がないこと。男性はこれじゃあ足りないでしょうね~。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 2件

「[限定] 浅利と煮干しのつけ麺 with ワンタン」@ラーメン星印の写真毎週、水&木曜日の限定麺。
(8/9〜10の提供で終了後です)

8/10 (木)
幸いにも、急遽時間が取れ、
約1年4ヶ月ぶり、2回目の訪問に。

●プロローグ

午後2時過ぎに現着。
この時間帯でも店内待ち5番手。
さすが。過疎ってはいません (苦笑)

当日、先にゲットなさったツイ友のKさんの、
オススメ情報も参考に、ワンタン付きで。

標準仕様は¥950で、麺量は1.5玉。
ブラス¥200でワンタンが5個付く。
計¥1150なり。

●主な仕様

<麺皿>
トロンとした昆布水に、麺が浸る。
「がごめ」であろうと推測。
その上に、カイワレ、紫玉葱スライス、赤唐辛子。

<つけ椀>
POPでは「煮干し出汁に浅蜊を加えた塩味のつけダレ」
具は、ワンタンx5、煮豚の豚バラx1。メンマx2。
薬味は白ネギ。

●実食

<麺>
細かい全粒粉が入った細麺ストレート。
加水は高めだろう。

まずは、小麦の風味が良い。

そして、滑らかさとしなやかさが持ち味かと。
昆布水を纏うと、しだれ柳の様な趣きに。
まさに、ツルツル〜と啜れる。

少し太めの煮麺 (にゅうめん) の様で、
某御代のお方のようにさほど噛まなくても、
イケル仕様かと (苦笑)

コシ重視だと好みから外れるかもしれないが、
柔すぎるわけではない。

偶然隣り合わせたツイ友のYさんによると、
「支那そばや」の特注麺のようだ。

<つけダレ>
煮干しと浅蜊ベースの塩清湯。

適度に熱々、ジャストな塩気で、美味しい♪

煮干しの旨味がやってきて、
浅利がそれを追いかける様な展開。
動物系は鶏油のみかな?
全体的には、煮干し>浅蜊>鶏と感じる。

残った昆布水を蓮花にとり、
つけダレをちょいと加える蓮花割りが、
マイブーム。

<具>
ワンタン…追加して正解の旨さ。
ちゅるんとした皮の、てるてる坊主型。
黒胡椒と生姜等が程よく効いた豚挽肉に、
プリプリ海老がちょいと入っているのも良い。
汁そばでも追加したくなる。

豚バラも旨し。
程良く煮込まれ、脂身も良い感じ。
少し薄めの醤油味で、肉の旨味が活きている。
個人的には、あと1枚付いての計2枚だと嬉しい。
価格を鑑みても。

メンマはちょい甘めの醤油風味で、良い箸休め。

<薬味>
相応の機能を担ってくれる。
個人的には、赤唐辛子がもう少しあると嬉しい。

●おわりに

昆布水を纏う、
しだれ柳の様にしなやかな細麺を、
煮干しと浅蜊が効いた塩清湯で、ツルツル〜と。

良いもんだ♪

ご馳走さまでした。

<蛇足>
1.5玉の麺量…意外に多く感じた。
麺が細め、ワンタン5個の影響もあるかと。

なので、当店のみで終了。
(ホントーにw)

もしも、限定つけ麺に再会でき、
ワンタン5個を付けるのであれば、
小盛り仕様 (1.5→1玉で¥50引き) が、
丁度良いかもしれない。
(これもホントーにw)

投稿(更新) | コメント (11) | このお店へのレビュー: 2件

「叉焼面」@東海酒家の写真【要約】あっさりした中華系醤油ラーメン。可も不可もないという一杯。
【入店状況】2017-08-18 1834入店。先客13名、後続なし。ほぼ宴会客だ。
【注文】叉焼面(税別730円)。しかしレジの支払いは734円だった。いまいち料金システムが良くわからないが損をしたわけではないので文句はない。
【待ち時間】7分。先客は多かったが先客の注文がなかったのか、あまり待たされずにすんだ。
【麺】細中華麺。茹で加減は普通程度。麺の量も普通程度。
【スープ】あっさりした中華系醤油スープ。醤油の強さはほどほど。塩っぱくないのはありがたい。これという強い惹きはないが飲みやすいスープだ。
【具】チャーシュー、わかめ、葱。具の構成はシンプル。チャーシューは赤縁の焼豚ではなかった。これは残念。チャーシュー自体は薄味。わかめの量はほどほど。葱の量はそれほど多くはないが薬味としてきちんと機能している。
【感想】可も不可もなく、という印象の一杯。チャーシューは焼豚であればもう少し良い印象になったか。値段と具の構成を考えるとやや割高感はあるが許容範囲か。まずまずというところ。この店だと調理麺のほうが良いのかもしれない。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「大ラーメン(豚1枚)+麺マシ(150g)」@ハイパーファットンの写真8/18(金)14:30頃、白楽「ファットン」の店長さんによる、真のファットンを具現化したラーメンを提供されるこちら。本日オープンとのことで、早速訪問してきました。
後客1名で麺切れ終了。ぎりぎり間に合って、ほんとよかったです。

スープ:乳化したスープは、トロみがあり、豚の旨みをしっかり感じられ濃厚です!!「ファットン」に比べて脂多めですが、しつこくなくまろやか。背脂の粒がコクがあっていいですね。最初の一口は、カエシ弱め!?と思いましたが、底からかき混ぜるとちょうどよい感じに。J系ではカエシが控えめな気がするので、カエシをより感じたい方は、カラメコールがよいかもしれません。
麺:平打ち太麺。「ファットン」とは異なり特注麺らしいですが、開店祝いのお花にある村上朝日製麺所のものでしょうか。もっちりしていて、スープを持ち上げますね。大(450g)+麺マシ(150g)=600gでしたが、さくっと美味しく頂きました。
具材:豚、野菜(キャベツ、もやし)。豚は、3枚というか3塊入ってましたが、通常1枚なのでサービスですね(ありがとうございます)。「ファットン」より大きめでボリュームあり。味付けもほどよく、柔らかくて美味しいです。野菜はほぼもやしでくたっとしたもの、スープと一緒に食べるといいですね。写真は野菜マシですが、けっこう量あります。追加のニンニクが濃厚スープにあいます。

オープン初日なので、これからどんどんブラッシュアップされていくのが楽しみですね。
今後予定されている、辛い系、汁なし、限定など、他のメニューも気になります。
とても美味しかったです、ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件
95

「中華そば」@吉田食堂の写真吉田食堂京急鶴見

中華そば 700円

味玉はサービスしてもらっちった^_^

定期訪問です。

久々に早く仕事が終わったのでついよってしまったわ。常連さんでにぎわってる様子にニンマリ^_^

このエリア最強の豚魚スープ!

今日もお魚が口の中で泳いでたよ!!

豚ガラ、魚ガラ、人ガラ三拍子そろったパーフェクトなお店!大好き!

ほんと安心安定の味!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 7件

「小つけ麺 ¥780 ニンニク野菜」@ラーメン二郎 湘南藤沢店の写真2017 8/3(木) 19:13 店頭並び3名背後霊多数

初めて降りた藤沢駅での仕事を終えてからもう次にいつ来るか分からないので帰り道に二郎に寄ってみることにしました。駅の反対側から向かったため、駅を通り越して商店がにぎやかに並ぶ通りを歩いていくと店も無くなって暗くなってきた当たりで交差点にぶつかって渡ろうとすると向こうに明かりと人が並んでいるのが見えたので二郎に間違いないと思って進むとやっと黄色い看板に辿り着きました。駅から大体7~8分程で着きました。
店頭に到着すると若い女性店員が客裁きをしていて軒先の一団上がったところにと指示されたので並びが少ないと思って、ちらっと中を覗くとパッと見で15人位の背後霊たちが見えたのでちょっと早合点しました。
近隣の違法駐車が多いようで至る所に注意喚起の張り紙があって、裁き担当の店員もちょいちょいはす向かいのセブンイレブンの駐車場の様子を見たりと近隣の方たちと付き合いも大変そうなので車の際には皆さん気を使いましょう。
並びも多いし、うるさい学生の団体客も多いから進みも遅いかと思っていたら意外とスムーズに進んでいったので5分程で食券購入になりましたがこの券売機は初めて見るタイプですね。つけ麺と決めていたのでラーメンのボタンの後につけ麺¥50も購入しました。
長いカウンター席は席数も多かったので回転が早くて背後霊の長い列も進んでいき、途中で食券確認があっての到着から約25分で着席することが出来ました。

そして、そこから少し待って到着から約40分後にはコールとなったので「ニンニク野菜」でお願いしました。同じ大きさのどんぶりが二つ出てきて一つには多めの麺が入り、もう一つはスープに底から詰まった野菜がこんもりと顔を出しています。そして、ニンニクはほどほどに豚はロール型が二枚と安定のトッピングです。
とりあえず野菜がスープに浸かりすぎてしょっぱくなるのを避けてある程度麺の上に避難させてから食べ進めると水で締まって食べごたえのある食感ですごく美味しいです。スープは乳化していますがつけ麺仕様だからといって「西台」のようにしょっぱすぎるという事も無くてちょっと濃いけどそのまま飲める感じの濃さです。これが麺に絡んで野菜も絡ませながら食べると美味しくて、卓上の一味なども使って麺を減らしていきますが後半に麺量の多さに失速してきたので味変にお酢を入れてみたらこれがスープにとても合っていて、とても美味しく変化したのでもっと早めに投入しておけば良かったと思いました。
最初楽勝と思えた麺量も最後には結構お腹いっぱいになれて満足しました。また機会があれば食べてみたいです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「焼き塩らーめん」@利尻らーめん 味楽 新横浜ラーメン博物館店の写真利尻昆布をふんだんに使ったスープが気になったので、行ってみることにしました。

券売機で表題(900円)を購入。

厨房では、仕込用寸胴から濾し笊で白茶濁スープを営業用寸胴に丁寧に移しかえる作業が見え、店内は、いいにおいが漂っています。

程なく提供。
生姜の香り…

粒の小さな動物脂が、チョボチョボと浮いています。

スープを一口…



ショッパー!!!



昆布そのものに付いた塩分も加わったのでしょうか…
高濃度の塩分、鋭く角がたった塩味です。
焼き塩、と言っても香ばしさは感じません。


出汁は、昆布に鶏・豚とのことですが…
昆布と言われなければ、ワタクシ、何らかの魚介系出汁ととしか書けなかったでしょう。

けれど、その何らかの魚介系出汁(昆布みたいだけど、はっきり昆布だとわからない)には、良い意味で強さがあり、深みもあります。
鶏・豚は、下支えの役割のよう。


中太縮れの西山麺は旨いな…
ショッパー昆布な刺激的スープよりも、麺の存在が不思議と大きく感じられました。
西山麺っていいね!


バラチャーシューにメンマ。
モヤシに白髪ネギ。
白髪ネギの中から、強烈な針生姜。
味の抜けた昆布トッピングは、ホントに利尻昆布なの?



総じて、レシピひとつひとつの主張が強過ぎ、モヤシや、味の抜けた短冊昆布など、緩急鋭い印象でした。

『ラー博』出店ということもあり、インパクト重視にチューニングされたのかな?
それとも、本店の味なのか?

これは是非、利尻島本店に行って確かめてみたいものです。

とはいえ…
如何せん遠い……
いや、遠過ぎる………………

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「冷たい塩らーめん+味玉(¥800+¥100)」@麺屋 万年青の写真2017.8.13 11:50頃 迎え梵をお寺で済ませてから車で訪問。前客3人、後客4人。ちょっと久しぶりですが、個人店でも駐車場のキャパがあるので助かります。
入口はいって左手にある券売機で、冷たい塩らーめんと味玉を購入。店は店主と奥方らしき女性の2人で切り盛り。注文後6分程で高台経由で着丼。

出汁氷が浮かぶ冷たいスープは煮干が効いたもので、塩梅も丁度良く、食欲減退気味でも抵抗無く胃に収まります。油は少な目で、変にペットり口に付くようなことが無いのも有りがたい。終盤に生唐辛子を少しだけ入れて味変。最後はキッチリ汁完♪

麺は細麺ストレート。加水率は高めかな。冷水でキンキンに〆られているので、細いのにコリッとした強いコシ。麺量は普通くらい。

チャーシューは鶏モモが2枚。香ばしさが残ったもので、旨いです。コレをツマミに飲みたくなるような逸品♪
味玉は黄身にトロミを残した半熟加減。程よく味が染みていて美味。
メンマはクセが無く、水菜は色味良くパリッと新鮮。カイワレは、ちょっとした辛味がこの一杯に合ってました。あとは薬味の刻み玉葱。

こちらはメニュー数が多いのに、何を食べてもハズレが無い優良店。冷たいラーメンだってキッチリ美味しく仕上げてきました。未だに未食メニューもあるので再訪します。御馳走さまでした。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 8件

「醤油らーめんセット(¥980)」@伝説のスタ丼屋 横浜瀬谷店の写真2017.8.12 12:00チョイ過ぎに訪問。らーめん道進が閉店し、長い改装期間を伴ってスタ丼屋として7月13日に新装開店。スタ丼屋としては国内82店舗目なんだそうな。改装期間が長かったわりには店内のレイアウトはあまり変わっていない気が、、
なぜか家族連れが多く、テーブル席は満席で待ち発生。カウンター席は空いてるんですけど。入口はいってやや左側にある券売機で醤油らーめんセットを購入し、券を店員サンに渡して空いていたカウンター席に着席。
箱が大きい店舗なんで店員サンの数も多く厨房にも活気があります。正確に数えていませんが、男女あわせて10人ほどは居たんじゃないかと思います。
注文後10分ほどで、サラダ、ラーメン、スタ丼の順に配膳されて着丼。フルサイズが来たら食べきれるか心配してたんだけど、セットのラーメンはミニなんですね(´▽`) ホッ

さて、ラーメンのスープはアッサリ系の鶏ガラ醤油。まあ、可もなく不可も無くってところ。スタ丼が量的にも味的にも重たいので、あっさりラーメンで舌を休めるような感じかな。

麺は中細ゆる縮れ。加水率は高め、茹で加減は適度。ダレにくい麺なんで、サイドとしては良いんじゃないかと。ミニなんで麺量は半分程度。

具は小さ目の巻きバラチャーシュー、茹でモヤシ、メンマ。はっきり言って、あっさり系のスープに茹でモヤシは合わないと思うんですけど、カサ増し要員ですかね。

説明不要でしょうが、スタ丼は多めのご飯に、ニンニク醤油ダレで味付けされた豚バラ&生玉子を乗せたもの。間違いの無い美味しさで、ボリューミーな男飯。CP的には単品のスタ丼(味噌汁付き¥630)が優秀なんで、ラーメンセットは次回以降は頼まないと思います。RDBにレビューできないケドねw。御馳走さまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件