なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
このレビューは移転前のものです。

14:30前に訪問。席は5-6程の埋まり具合。店内は適度なスペースを有しており、テーブル席が主体となっているが、短いカウンター席も設けられている。清潔感は非常に高く、家族連れや女性向けの店という印象だ。男女数名のスタッフによる切り盛りで、丁寧過ぎる接客には、逆に、若干の居心地の悪さすら覚えた。

興味を惹かれた本メニューを選択。暫く待って配膳された。

スープは、透明感の有る塩清湯。表層を、黄金色が美しい多めの鶏油が覆っている。
まずは、チーズ近辺を避けて飲んでみると、鶏のコク、旨みが前面で主張する。これは、表層の鶏油の果たしている役割がかなり大きいようだ。決して単純な組み立てでは無いと思うが、他に際立った要素、出汁感は無く、さらに、塩ダレの効き具合も抑え目の為、どことなくスキマ感の有る味わいとなっている。
ただ、ここにチーズが熱で溶けて混ざり込んで来ると、雰囲気が一変。程好い濃密さがもたらされ、文句無しの旨さになってくれた。このチーズ、ゴルゴンゾーラ入りとの事で、実にコク、風味が豊か。その塩気は、スープに程好いキレをもたらしてくれて絶妙だ。また、卓上のセルフ挽き黒胡椒も極めて有効なアイテム。

麺は、ストレートの中細面。
食べてみると、割と柔らかめの茹で加減だが、一定レベルのコシと歯応えは残されている。ツルツル&モッチリ食感が心地良く、咀嚼と喉越しを十分に楽しめる。スープ、チーズとの相性も申し分無し。
量は少なめ。麺を食べ終えた後に配膳の依頼をしたリゾットご飯と合わせると、自分には程好い満腹度。
なお、このご飯、玄米入りで紫色を呈しているもの。モチモチし過ぎずリゾット向き。水菜も付いて来る。

具は、上述のチーズは2塊で十分量。他には、青葱と細かい白葱のみ。
シンプル過ぎるが、まあ、これはこれで完結していると思う。

名店の支店だけあって、独特ながらもバランス良く作り上げられており、あまり文句の出て来ない旨さ。ただ、個人的に、どうしてもラーメンに求めてしまうジャンク感は希薄な一杯だった。色々な意味に於いて、女性向きの一店と言えるだろう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。