なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「味玉中華そば 大盛」@つけめん 桜の如くの写真【スープ】いわゆる豚骨魚介系なのだが、なかなか濃度とバランスが良い一杯。久しく見ないくらい節系・煮干し系両方ともふんだんに使われており、舌触りがザラつくほど。しかし、イヤミの出る手前の濃さで止まっており、しっかりしたパンチを快く味わえる。ベースの豚骨は目立たないもののこれだけの魚介を受け止める程度にはしっかりクリーミー。カエシも割と強く塩気が効いているが、これもしょっぱいと感じる手前でビタ止めしてて、感服。濃いけど、しつこくはなってないいい塩梅。
【麺】丸い断面の太麺。つるつるのすすり心地で、箸でやや掴みにくい程。コシの強さは控えめで、小麦の風味もさほどでもなく、スープとの馴染みも良くなく何となく存在感だけ強い。つけ麺に最も合うように製造しているのかも。
【具】自慢のチャーシューはデフォで二種。バラチャーシューは香味の効いた味わいに、しっかりトロトロになっていて、食感もグッド。もう1つが珍しい豚バラ軟骨チャーシュー。ソーキそばのソーキの部位と説明があり分かりやすい。これを圧力鍋でトロットロに煮込んでおり、軟骨部分はコラーゲン化、繊維質の肉もしっかりほぐれ、かつ味が染み込んでいてこりゃ美味い。メンマはコショウの効いた味付け。味玉は黄身固めで、しっかりめの味付け。ネギが香りが立っており、濃厚スープにいいアクセントとなっている。

印象に残らないお店も多いマタオマ系の中で、ハイレベルな一杯を作っていると思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。