なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

開店時間11:30の15分程前に到着。先待ち5名で後客も途切れず。中々の人気ぶり。店内は割と小ぢんまりとしており、テーブルの中央を仕切ったカウンター席のみが設けられている。殺風景なインテリアだが、気になるような窮屈さや不潔感等は無く、居心地は悪くない。男性3名による切り盛りで、接客は非常に良好。

本メニューを選択。暫く待って配膳された。

スープは焦げ茶色。粘度は無くシャバシャバ。表層を程々の量のラードが覆っている。
飲んでみると、味噌が前面で力強く主張。店外POPによると、信州産味噌をブレンドして焼いているとの事。甘みは控えめで、嫌味にならないレベルながら酸味がしっかりと感じられる。塩分濃度は味噌ラーメンとして適度に高めというところ。余計なトガりは無いものの、力強いキレを生み出しており文句無し。
「増し」にしたニンニクも大きな役割を果たしており、味噌と一体化しつつパンチをもたらしている。
一方、出汁感に強い押し出しは無いが、十分なコクと旨みがベースを支えている。ラードも良い役割を果たしており、薄っぺらさは感じさせない。ただ、トータルとして意外とスッキリとした味わいに仕上げられており、個人的には、もう少し動物系出汁由来の重量感が欲しくなるというのが正直なところだ。
途中、カウンター上の一味唐辛子を投入すると、良い味変になってくれた。

麺は、縮れ中太麺。黄色味を帯びた多加水のもの。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、しっかりとしたコシと歯応えを有している。表面の平滑性と、噛み切る際のグニグニという適度な抵抗感が心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。スープとの相性も申し分無し。
量は普通位。自分には、これ一杯で程好い満腹感が得られた。

具として、中央には中華鍋で炒められた適量のモヤシと少量の玉葱が盛られる。しっかりと熱が通りながらも適度に食感を残す仕上がりに文句無し。炒められた事による香ばしさも、この一杯全体の中で非常に良い役割を果たしている。その上には、適量の刻まれた青葱が乗せられる。
周囲に盛り付けられる具として、チャーシューは、十分なサイズと厚みを有するバラ肉が1枚。良質の肉がトロトロに柔らかく煮込まれている。醤油ダレによる味付けも適度で、非常に美味。
チャーシューの上に乗せられるおろし生姜は風味が良く、少量ずつ使用しても非常に良い味変に。
味玉は、黄身ネットリの仕上がり。まろやかな味わいで中々の旨さ。
他に、挽肉と少量の刻みニラ。

個人的嗜好からは若干外れるが、キッチリと作り上げられた本格派味噌ラーメンを大いに楽しむ事が出来た。メニューも豊富で、近所にあったら通ってみたくなる魅力を有する一店だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。