なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

開店時間11:00の7分前に到着し、先待ち1名に接続。開店時の後続は2名だったが、退店時には店外待ちも発生していた。店内は割と小ぢんまりとしており、L字型カウンターと幾つかのテーブル席が設けられている。キッチリと清潔にされており居心地の良い空間だ。男性2名女性1名による切り盛りで、接客は完璧。

本メニューを選択。暫く待って配膳された。

麺は、ストレートの平打ち中太麺。若干グレーがかった色合いで、綺麗に畳まれて供される。
食べてみると、茹で加減と締め具合は完璧で、適度なコシと歯応えを有している。密度感を伴うツルツル&モッチリ食感と、噛み切る際に感じられる弾力性、潔い破断感が実に心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。小麦の風味旨みもしっかりと感じられる極上の麺だ。つけ汁との相性も申し分無し。
量は、つけ麺として適度に多め。自分には十分な満腹感が得られた。

つけ汁は、醤油の色目が強めに出ている清湯ベースで、表層を多めの黄色い鶏油が覆う。
麺をつけて食べてみると、醤油ダレを軸とした味わいだが、上質の鶏の出汁感が、何ら不足の無いコク、味の厚みをもたらしている。見た目によらず、鶏油頼りになっていない品のある味わいが良いと思う。和出汁は醤油感と一体化しているようで、強い押し出しは無いものの、味わいを巧妙に深めている。
塩分濃度は、つけ汁として適度に高め。また、仄かな甘みと割と強めの酸味が、飲み口の良さをもたらしている。
最後、味が日替わりというスープ割りを頼んだが、魚介系の出汁が一気に強まり、これもまた美味。

具として、麺側に盛られる細長いバラ肉チャーシューは、サイズ、厚み共に十分なもの。端部に炙りが入っている。食べてみると、プリプリと柔らかく、肉の旨みに文句無し。丁寧な味付けも良く実に旨い。
他に、風味の良い海苔1枚。
つけ汁に入れられる鶏肉のスライスは、シットリとした質感。控えめな味付けで美味。
メンマは適度なグニグニ&サクサク食感で、クセの無い味付け。良い箸休めとなっている。
表層に浮遊するタップリの葱は大きめの刻みで、緑色が実に良く映える。味と見た目の両面でマストとも言える存在だ。

全体にわたり丹念に作り込まれており、素材の良さがよく伝わって来る醤油つけ麺。特に、麺のクオリティは見事としか言いようが無い。再訪の機会があったとしても、また、つけ麺を食べてしまいそうだ。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

horiさん、こんにちは。

中区の裏エリアにようこそ~。
ちょっと目立たない場所なんですが、それでもこの集客というのはやっぱり旨さを示しているんですよね。

ぬこ@横浜 | 2019年9月6日 17:10

ぬこさん、こんにちは。

最近、横浜中心部に縁が無かったので、これからちょっと積極的に攻めてみようと思っています。
実力店が目白押しですからね!

hori | 2019年9月7日 15:40