なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

13:40頃訪問。先客6名後客7名と中々の客入り。店内は適度なスペースを有しており、厨房側と壁に対面する2列のカウンターの他、大きなテーブル席が1つ中央に設けられている。キッチリと清潔にされており居心地の良い空間だ。男性1名による切り盛りで、接客は非常に良好。

本メニューを選択。10分以上待ってから漸く配膳された。

麺は、軽いうねりを有する平打ち太麺。黄灰色がかった色合いを呈している。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、しっかりとしたコシと歯応えを有している。ツルツル&モッチリ食感が心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。つけ麺に適した良い麺だと思う。
量は、つけ麺として適度に多め。十分な満腹感を得る事が出来た。

つけ汁は、暗めの色合いに茶濁。程々のトロみが感じられる。
麺をつけて食べてみると、鶏、魚介系共にガツンと来る程の濃厚さは無いが、十分なコクと旨みが感じられて特に不満は覚えない。クセや雑味は無く、多くの人に受け入れられそうな味わいだ。
塩分濃度は適度。過度のトガりは無いものの、最後まで飽きの来ないキレが確保されている。酸味も明瞭に感得されるが、特に邪魔にはならないレベルで、後口の良さがもたらされている。
全体的にバランス良く組み立てられているが、目を惹くような特長は無く、正直、面白味は全く感じられない。
途中、カウンター上の一味唐辛子を多めに加えて刺激を楽しんだ。最後は店の片隅に設置されているポットから割りスープを注いで飲んだが、まあ普通という印象。

具として、麺側にはチャーシューが1枚乗せられる。低温調理による豚ロース肉で、シットリと柔らかく仕上げられているが、味があまりしない為、つけ汁につけてから食べた方がベター。
他に、大判の海苔1枚が添えられる。
つけ汁には、鶏つくねが1つ。非常に柔らかいが、出来合いのような質感。
数本の太めのメンマは、グニグニ食感が心地良い。味付けも適度で良い箸休め。
表層に浮かぶ数粒のピンクペッパーは、箸で摘み上げて噛むと心地良い刺激が得られるが、気付かずに飲み込んでしまうと無意味な気がする。
さらに、少量の小さく刻まれたチャーシューが沈んでいる他、青葱が浮遊している。

値段設定の高さから、多少のプレミアム感を期待していたのだが、残念ながら、それを感じる事は出来無かった。昨今増殖している系統の平均的なつけ麺という印象で、わざわざ食べに来る程の価値は無いように思われる。近所の人々にどれだけ支持されるかが、店の存続のポイントになるだろう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。