なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「醤油壱郎ラーメン 並盛 820円+味玉+ネギ」@横浜家系ラーメン 壱角家 日吉店の写真シメに地元飯。いつもスルーの壱角家。おや?見慣れぬA看板。なるほど、この系列がJインスパすればこうなると。よせばいいのに引き寄せられる。金曜の23時、先客3人後客5人。

首題のメニューをオーダー。全て普通。ニンニクは…卓上にいくらでもあった。5分ほどで配膳。太麺してはかなり速い。

ビジュアルはとてもJインスパイアとは思えない。まず肉。これ、ないでしょ。

スープ:豚骨醤油に背脂。出汁感希薄、アブラ多め、しょっぱさ控えめ。
具:もやし、キャベツ、青ネギ、厚さ2mmの巻きチャーシュー、背脂。
麺:太麺ストレート。ゴワゴワしている。

感想:久々にやっちまいました。Jの潔いほどのしょっぱさもなければ、壱系のクリーミーな豚骨感もない中途半端な味。どうせならば店舗調理の段階で化調をたんまり振って、旨味バリバリのした方が良い。
豚に至ってはジロリアンが見たら悲しくなるか、怒りだすレベル。完全にDRBFMを無視したデザイン。

やっぱりここは丼飯を食べるところだ。

ごちそうさま。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 11件

コメント

atomさん こんにちは!
あらららら こんな事もあるんですね〜
やっぱり家系は基本通りに家系を提供するのが無難ですね!

ヨコべー | 2019年5月18日 12:37

残念賞

うが | 2019年5月18日 12:48

ヨコベーさん こんばんは

いやいや、ここの店家系もいまひとつ。丼モノがいちばんです。

うがさん こんばんは

ポケットティッシュ。

atom | 2019年5月19日 18:14