なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

14:25頃訪問。先客2名後客3名。店内は割と広く、多数のテーブル席と壁に対面する1列のカウンターが設けられている。キッチリと清潔にされており、この系列らしい小洒落た雰囲気。女性客の受けも良さそうだ。男女合わせて4名程の店員さんによる切り盛りで、接客は良好。

本メニューを選択。暫く待って配膳された。盛り付けの美しさは流石。

スープは、醤油の色目が美しく出ており、表層を程々の量の液体油が覆う。
飲んでみると、鶏のコクと旨みがしっかりと主張。余計なクセや重さの無い上質の出汁感を大いに楽しめる。
そこに、さらに香味野菜等の出汁が重ねられ、申し分の無い味の厚み、奥行きがもたらされている。
タレもしっかりと立っているが、醤油のクオリティの高さが十分に窺える味わいだ。何ら不足の無いキレを打ち出しつつ、余計なトガりはキッチリと抑えられているのは見事の一言に尽きる。
途中、卓上のミル付き胡椒を投入すると、味を引き締めて良い味変になってくれた。

麺は、多加水のストレート細麺。
しっかりと茹で上げられており、端で手繰る分には非常にしなやかな質感だが、実際に食べてみると、適度なコシと歯応えが残されている。表面の平滑性と、噛み切る際の適度な抵抗感が心地良く、啜り心地と咀嚼、喉越しを存分に楽しむ事が出来る。スープとの相性も申し分無し。
量は普通位。自分には、これ一杯で程好い満腹度。

具として、チャーシューは、薄めの巻きバラ肉とロース肉が1枚ずつ乗せられる。いずれも非常に柔らかく、上品かつ適度な味付けが施されている。非常に美味。
味玉は、固茹でになってしまっているのが残念。控えめな味付けも物足りず、あまり楽しめなかった。恐らく、卵自体のクオリティは高いのだろうが。
穂先メンマは2本。特有の軽い食感が心地良く、良い箸休め。
刻み葱は、白葱と青葱の2種が乗り、薬味として良い役割を果たしている。
他に、風味の良い海苔が1枚。

この系列としてはオーソドックスな方向性のメニューだが、それが故に素直に楽しむ事が出来た。値段設定は高めでも、それなりの説得力は感じられる一杯に仕上げられていると思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。