なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

20:30頃訪問。先客無し後客3名。店内は小ぢんまりとしており、短いカウンターと小上がりのテーブル席が2つ設けられている。窮屈さは無く、清潔にされており居心地の良い空間だ。男性2名による切り盛りで、接客は非常に良好。

この店の「看板」という本メニューを選択。暫く待って配膳された。

スープは、オレンジ色っぽい色目を呈している。表層液体油はやや多めで、粘度は感じられ無い。
飲んでみると、味噌が前面で力強く主張。甘みは抑えられており、赤味噌由来のエッジ感、酸味等が主体のシャープな味わいに仕上げられている。塩分濃度は、味噌ラーメンとして適度に高めと言えるだろう。過度のショッパさは抑えられているが、最後まで飽きの来ないキレとヒキを生み出しており文句無し。
出汁感が前面に出て来る事は無いが、動物系のコクは十分。表層の液体油が大きな役割を果たしているようだが、程好いコッテリ感が、何ら不足の無い味の厚みをもたらしている。
途中から、卓上のおろしニンニク、豆板醤で味変を施したが、いずれも文句無しにマッチング。最後、「まろやか」と表記されている酢を多めに投入し、結構グビグビと飲んでしまった。

麺は、真っ白いストレート中麺。低加水率のもの。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、しっかりとしたコシと歯応え。密度感を伴うツルツル&ポクポクという食感、噛み切る際の潔い破断感が実に心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。スープとの相性も申し分無し。
量はやや多めというところか。具と合わせると、自分にはこれ一杯で十分な満腹度。

具として、豚バラ肉は適度に多めに盛られる。キッチリと柔らかく仕上げられており、肉の旨み十分。
茹で野菜もまた適度に多めでバランスの良い構成となっている。内容としては、モヤシをメインとして少量のキャベツ、人参も含まれている。その味とシャキシャキ食感は、この一杯に於いてマストと言えるだろう。天辺には緑色の映える刻み葱がタップリと乗っており、彩りと味の両面で良い役割を果たしている。
さらに、刻み葱の上に、フライドガーリック入り辛味噌が少量乗るが、食べ進める中で絶妙のアクセントになっていた。

個人的に地味な印象を受けていたのだが、実際に食べてみると、しっかりとした実力を持つ優良店である事がよく分かった。担々麺等、他にも興味を惹かれるメニューが多く、是非、再訪してみたいと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

まだコメントがありません。